2017年7月28日金曜日

香水のキツイ女性とエレベーターで一緒になり考えたこと

目の前にトゥクトゥクがいたんで撮りました。

トゥクトゥクの見た目もそうだけど、
音もかっこいい。
何年住んでいても、見かけるたびに
かっこいいなぁと思います。

見た目が完成されていますね。


そういえば、
家を出る前にコンドミニアムのエレベーターに乗ると、
かなりキツイ香水の女性と一緒に。


目がしばしばするくらいキツイ。


香水って何のために必要なんだろう。


自分の好きな香りを身にまとっていたい。
という気持ちはわかる。

でも、程度があるだろう。

自分の好みを他の人にまで
強烈に伝える必要もないはず。

香水もそうだけど、
服装も過度に飾っているのは
かえってかっこ悪く映る。

自分の弱さというか
自信の無さを
何かで隠そうという心が見えるからだろう。


ありのままを大切にしながら、
そこにちょっと個性を加えるくらいが
かっこいいんじゃないのかな。


ネットでも良く歳を重ねた女優やアイドルを
劣化劣化と騒いでいるけど、
ずっと飾って本質を隠していたから
隠しきれなくなったときに劣化劣化と
騒がれるのかもしれない。


本来から素の自分。
素材をそのまま見せていたなら、
わざわざ劣化なんて言われないんだろう。


隠そう隠そうとするから
かえって隠れていた部分が見えてくると
騒がれる。


香水もそう。
服装もそう。


飾り過ぎはかえって自分という素材を
磨くことを忘れてしまうものなのかな。


断捨離という言葉が一時期流行ったけど、
人間も同じな気がします。


歳を重ねるごとに
身体や頭にこびりついた
余計な贅肉を捨てていく作業をして
シンプルな生き方になっていく方が
自分の考え方にはあっている気ています。


あまり隠し過ぎずに
今日も一日がんばっていきましょう。
では。