2019年12月5日木曜日

寒さにふるえるバンコクの人々



ここ数日のバンコクはとても寒いです。
気温はだいたい23度程度。



日本だとちょっと涼しいなという感じでしょうが、
いつも30度あたりのタイでは、
23度なんて冬です。


でも、タイの人にとってこの冬は楽しい時期でもあるですよね。
ユニクロなんて仰々しい防寒着を売っていて、
それをタイの人たちはどんどん買っていきます。


冬のコーディネートでおしゃれを楽しんでいるようです。


私はいつまでも半そでです(^^;


バイクに乗るときはさすがに長袖を着ていて、
だいたい目安は24度、23度あたりです。
それ以下だと長袖がないとかなりきついです。


2年前は自分もノーフェイスの防寒着を着ていました。
確か20度近くまで下がった記憶があります。


ちなみに去年は長袖を着るほどの温度にはなりませんでした。
確か一番寒くても25度程度だったかな・・・


今年はもうちょっと下がりそうです。
記事を書いている今日は22度です。


寒いといっても世界では異常な出来事が続いていますね。
異常が異常ではなく、通常になってきているようです。


火山の噴火、熱帯雨林の焼失、オーストラリアの山火事、
都市の水没、高まる国家間の緊張、人権を無視した暴動、
複数のテロ・・・


2019年にこれら悪い出来事は置いておきたいです。


でも、もう12月も過ぎてしまいました。
どうも引きずって2020年に突入してしまいそうです。



明るいニュースであるはずのオリンピックですら、
ちょっとした悪い情報になってしまっています。


さらに、オリンピックであれだけ
オリンピック需要がと騒がれていましたが、
どうも静かですね。。。


来年の夏が近づいたら高まってくるのでしょうかね。



心配しても仕方がないことですが、
オリンピックの気に乗じて、
悪いことが起こらないかということです。


日本のセキュリティーの甘さは
海外にいると大いに感じます。


警察も優しいですし。


テロが起きて武装している人がいても
警棒で優しく説得してそうなイメージが(^^;


隣国もこの気に何を企んでいるかもわかりません。


2020年はとても注目すべき年になると感じています。


こういう緊張感が高まっているときに
南海トラフ地震も頭の片隅にあります。


南海トラフ地震は30年以内に70%以上の確率で起こります。
遅かれ早かれ、日本には必ず試練が来るということ。
それを耐えて強くなる。


備えあれば患いなし。
日本にいる人はまずはオリンピックに向けて備えてほしいです。

2019年11月29日金曜日

店員に笑われるエコ的な生活


エコエコとタイでも声が盛んになってきています。


フジスーパーでは来年からレジ袋廃止ということで、
買い物が不便になってきます。


レジ袋廃止に関しては前にちょっと否定的なブログを書きました。
バンコクでレジ袋廃止は本当にエコなの?


レジ袋に関して考えているとき、
とっても気になり始めたことが同時期にあったのです。


これなんです。

毎回行く喫茶店のアイスコーヒーの容器。



結構がんじょうな作りで、
毎回お店の店員に渡して帰るんですが、
もちろんゴミ箱に直行している様子は目に入っていました。


もったいないな・・・


これは再利用した方がいいな・・・
と思って家に持って帰ってみました。


でも、どうも構造的に埃も中に入りやすいし、
持ち運ぶのもどうかな・・・と考えていたときに
家にある物を発見。



それをもって喫茶店に行くことにしました。



若干店員に笑われてしまいましたが、
そんなことはどうでもいいんです(^^;


完全に自己満足です。


少しでも地球の環境のためにできることがあるなら
やった方が良いと思っています。


・・・。


笑われた理由わかりますか?(^^;


でも、1回きりで捨てる容器に心から気づいてしまったら、
もう後戻りできない心境です。


かといって新しいタンブラー的なものを買うのは、
これってエコじゃない気がするんですよね。
優先順位はあるものを使うこと。


だから、娘が使っていて、
あまり使わなくなった水筒を使うのが
本当のエコかと思ってこれにしました。


正直、ちょっと疑問に思いはじめたときから、
心にひっかかるものがあったんですが、
今はまったくそれが無くなりました。


若干笑われるますが、
そんなことはどうでもよく、気分だけは最高にいいです。


でもよくよく考えてみたら、
1日の中に作り笑いではない笑顔が店員が出してくれたということは、
ある意味一挙両得ですよね(^^強引。


ということで、これからもできる範囲で
少しずつエコ的な生活を進めていきたいと思います!

2019年11月27日水曜日

男性の生理への偏見、理解不足の原因


NHKを見ていたら、
女性の生理への理解を求める内容でした。



正直、全く理解できていないけど、
男性がしなくてよい苦労やら出費をしなければならないのは、
とても大変なんだろうな・・・
とちょっと考える程度です。すみません(^^;



生理への男性の理解が低いから、
生理休暇なども取りづらい社会だし、
生理がつらいから休憩するなんてことも
言い出しづらい環境ができあがっているんでしょうね。



で、よくよく考えてみたら、
どうして男性が生理に対しての理解が低いのかというと、
私の中にもあるのですが、
何か触れてはいけない話題のような気がするんですよね。



これは心の奥深くにあることなので、
頭で考えていたわけではなくて、
感覚として触れてはいけな話題なのかなと。



学生のころにマツモトキヨシやコーエー薬局でバイトしていたことがあるんですが、
生理用品は別の紙袋に入れるように指導されていたな・・・


あと、お店のビニール袋も銀色と白があって、
白は比較的、中が見えて、銀色は全く中が見えないんですが、
生理用品を買ったお客さんには銀色のビニールを使うんですよね。



そうやって国を挙げて生理には気を遣う文化が出来上がってしまっているんですよね。



さらに根っこを見てみると、
どこからスタートしているかというと・・・


学校です。


思い出せば5年の宿泊学習のころに、
男子と女子が分かれて話を聞く時間ってありましたよね!?


あのとき、男子は戻ってきた女子に何やってたの?
と聞きますよね。当然。



そしたら女子が恥ずかしがって何も答えなかった
という記憶があります。



のちのちそれが生理のことだとわかって、
思いっきり心の奥底に、男子と女子が分かれて聞くべき内容で、
さらに女子が恥ずかしがる内容だということが
強烈にインプットされてしまっていたんですよね。



男性が女性の生理に対して、
偏見のようなものをもっていたり、
理解不足のようなものをもっているのは、
根っこを見てみると学校教育のせいなのかなと。



いたって普通のことのように扱わないと。
だって兄妹がいる家庭なんて、
普通に親子が生理の話題について話しているのを
聞いていますよね?


そんな男の子から別の何のことかわからなかった男の子に
子供同士で伝わるから変な方向にズレるです。


堂々と話せばいいこと。


大人になって理解を求めるのも大切ですが、
教育を変えないといけないなと考えた朝でした。

2019年11月26日火曜日

バンコクで流れ星を見る

夜に屋上に上がり、星空を眺めていました。



乾季になってからのマイブームで、
バンコクの空にもこんなに星があるんだな
なんて考えつつ、ぼーっと眺めていると
ストレスが抜けていくような気がするんです。



そして昨夜、生まれて初めて流れ星を見ました。



もしかしたら幼少期に見ていたかもしれませんが、
はっきりとした記憶がないんで、
初めてということにしておきます(^^;



すごく鮮明な流れ星で、アニメにでも出てきそうな
はっきりとくっきりとした流れ星。



よく願い事をすれば叶うなんて言われていますが、
無理!


予想もしていない状態で
急に明るい光が流れるので
あっけにとられるというか、
一瞬びっくりして茫然と見ているだけで終わりました(^^;


でも、すごく神秘的な経験をさせてもらった気がします。



昔の人は流れ星を見て何を考えたのかな?


神がかりなものを感じて、
ただ祈っていたかもしれませんね。



その名残が願い事として残っているのかな。



そんなことを考えさせてくれる
素敵な流れ星でした。