2018年6月25日月曜日

自分の人生を生きること【もっているでしょ?本田!】



サッカーのワールドカップをコロンビア戦、
セネガル戦と二大会ともテレビで見ました。
これは人生初。
1人でひっそりと盛り上がって見ていますw


過去の大会は全く盛り上がっていなくて、
他人がやっているスポーツに
どうして川に飛び込むほど盛り上がれるんだろう?
といった冷ややかな自分がいました。


だから、ニュースでダイジェストだけ見れたらいいや
といったレベルの心境でワールドカップに対していました。


今年はなぜか、ふと見たくなって
コロンビア戦から見ています。


気が付けば例年と比べ物にならないほど
気持ちが盛り上がっていました。


純粋に日本が強いと感じたことと、
自分が好きな本田圭佑選手が叩かれていたこと
盛り上がりの原因です。


全くのサッカー素人ですが、
日本のパス回しは強豪と言われている相手をしてみても、
まったく見劣りすることは無く、
むしろ身体能力がこれほど違うのだから、
サッカーの戦術はよっぽど日本の方が上だと感じました。


そこからちょっとワールドカップの日本戦に
熱が入り始めた自分がいました。


といっても「よっしゃーっ!」と
ガッツポーズしたり、
他人とハイタッチするほどの温度にはなれていません(^-^;


でも、セネガル戦。
思わず拍手してしまいました。


二得点とも「よっしゃーっ!」といった
ガッツポーズこそ出なかったものの、
もうガッツポーズととられてもいいレベルの拍手w
これは他人がいたらハイタッチしていたでしょう(^-^;


夜中に一人で拍手。
シュールですが、満面の笑みで拍手。


日本人が海外で身体能力が明らかに上の人たちを前に
奮闘している姿は、
胸を打つものがありました。


何よりもうれしかったのは本田圭佑選手のシュートです。


自分は野球もサッカーも
他人の職業だと思っていて、
だからそこまで熱は入れてこなかったけど、
自分の生き方にヒントをくれる
イチロー選手と本田選手にはずっと注目していました。


プロフェッショナル仕事の流儀も
繰り返し見たり、YouTubeで二人の考え方が現れたインタビューなどは
ほぼ見ているレベルです。


なので、本田圭佑選手が叩かれているのも見ていました。


ただ、本田選手は叩かれても全く動じていないだろうな
ということも予想できていました。


本田選手は自分の人生を生きている。


他人がごちゃごちゃ言っても
全く気にしていないはず。
自分と他人をしっかり分離できている人。


本田選手を叩いている人たちは、
どれだけ時間を無駄にしているのだろうか。


自分の仕事でもない他人の仕事であるサッカーで
自分と向き合いながら頑張っている人を、
知り合いでもないのに、
1mmも接点がないのに叩いている心境って何だろう。


全く彼の人生の中に関係ない。


で、そんな叩かれている本田圭佑選手が
試合に出てどんな活躍をするのか?
といったことも
今年の自分のワールドカップに対する心境の変化の1つでした。


川島選手がキャッチせずにパンチしたことが
失点につながった。


これは悔しかったですね。
でも、川島選手をたたくのは違うと思うんです。


川島選手はサッカーという職業で
監督から選ばれ、
そこで全力を尽くしている。


成功の中には、
当然失敗することもあるだろう。


だから何だ?
その失敗を材料にして
彼は彼の技術向上に向けて頑張っていくのだろう。


それを他人がとやかく言う必要はない。
キャッチすべきだったなんて誰だってわかる。
彼もわかっているはず。


でも、あの瞬時のプレッシャーの中、
とっさにパンチが出た。
その気持ちは誰にもわかるものではない。
ピッチに立ってゴールを背にした彼にしかわからない。


テレビの前でぬくぬくしていた人たちが
キャッチすべきでしょ。
川島ダメだよなんてどうして言えるんだろう?


彼が失敗だと思ったなら、
これからのサッカー人生の中で修正していけばよくて、
それは彼の問題。
他人の問題ではないわけです。


だから一生懸命に叩いている人たちは、
本当に時間がもったいないなって思います。


監督が変えたければ変えればいい。
変えたくなければ変えなければいい。
ただそれだけのことです。
全く他人の職業ですし、
私たちはそれを見て楽しませてもらっているだけです。


叩かれていた本田選手がピッチに立ったとき、
ケイスケ・ホンダはやってくれるはず
と考えていました。


そして、彼の目の前にボールが来た瞬間。
ほら来た!
って心の中で叫んでいました。


そして、彼が蹴ったボールがネットに吸い込まれるのを確認したとき、
思わず拍手をしていましたw


やってくれたなぁ。
やっぱ本田だよ。
もってるなぁ本田。

なんていいながら拍手してしまいましたw


バッシングしていたメディアは、
しっかり褒めるべきでしょうね。


あと、素人目で見て、
かなり目立っていたのが、
長友選手。


相当影で活躍していたのは、
素人目でも理解できました。


相当クリアしているし、
運動量が半端なく多い。
そして得点に確実に絡んでいたように見えました。


思わずブログを書いてしまいましたが、
次はポーランド戦。


勝っても負けても全力で戦う姿を見られるのが楽しみです。

2018年6月23日土曜日

映画「君の膵臓をたべたい」はグロ映画ではなく素敵な純愛映画。

夜ご飯を食べてWOWWOWの録画をチェックしていると、
「君の膵臓をたべたい」とう題名。

日本の映画で前に話題になっていたな・・・
といった微かな記憶。
でも、題名がグロくて、
ちょっと見たい気にはなれなかった。


でも、食わず嫌いせず、話題になっていたなら
一応は見てみて、
グロそうな場面や、陰気な様子が見えたら
見るのをストップしようと思って見始めました。


で、最後まで超集中して見ました(;^_^A


甘酸っぱい。甘酸っぱすぎる。
高校生の心の動き。


「君の膵臓をたべたい。」


なるほど・・・
素敵な言葉だな・・・(´Д⊂グスン


そんなはじめにグロを想像していた自分に
教えてあげたくなるほどピュアな映画。


まっすぐに後悔ないように今を生きる。
そんなメッセージが
ネタばれはしないように
ここでは多くを語りませんが、
「君の膵臓をたべたい」


また、時間をあけて
もう1回みたいです。


そして小説も読んでみたいです。
君の膵臓をたべたい

2018年6月22日金曜日

40歳を超えても腹筋を割る方法

41歳ですが、まだ腹筋が割れています。
え?見えないから信じられないと?
確かに。
まぁ、こんな嘘ついても意味ないんで
嘘じゃないですよ。


周囲を見渡せば、かなり珍しい部類に入っているようです。
でも、自分がスポーツマンで今何かスポーツをしているか?
と言えば、全くスポーツはしていません。
ゴルフもしていません。


朝から夕方までPCの前に座って、
デスクワークをしています。


では何をしているか?


超簡単なことをしています。


オンリー腕立て3回。
オンリーコロコロ1回。


こんなやつをコロコロと呼んでいます。


このコロコロがいいんです。
わざわざ背中をついて
寝転がってやるというのが面倒なんです。


コロコロだと
そのままコロコロをもって、
腕立ての姿勢で1回やればOK。


この運動の気軽さがいいんです。


なんでそんな少ない回数かっていうと、
自分自身を観察していて、
変に気合入れてしまうと続かないからです。


続けることが大切だって考えているんで、
コロコロ1回。
腕立て3回。
とラインを決めています。


少ないから続けられるって思っています。


もちろん、その回数を超えてもOK。
自分も超えています。


でも、超えなくても罪悪感をもたないことがコツ。


女性だったら膝をついてコロコロ1回でいいんじゃないかな。
ただし毎日やる。


自然と2回やりたくなる日っていつかきますよ。
こなくてもOKだと思って罪悪感をもたないように。


続けることが大切だから。


自分はこの場所を通るたびに
腕立て3回。
コロコロ1回。
という場所を決めていますw


そうそう。
思い出しましたが、
エレベーターの中で
時々つま先立ちになる運動もしています。
つま先立ち5回くらい。
これって運動って呼べるレベルなのかな?(^-^;


小さいことをコツコツと。
コロコロ1回からスタート。
これが腹筋を割るコツだって思います。

エクササイズローラー

ふと1人で旅に出たくなる時はありませんか?



1人で数か月くらい旅に出たい。


もちろん、そんなことはしないけど、
できやしないけど、
ふと何もかも忘れて、
田舎の自然あふれるところで、
日の出から日没まで
ハンモックに揺られながら
コーヒーを飲みながら
読書でもできたらいいなぁなんて。


今までこんな気分になることなく
突っ走ってきたけど、
年齢的なものがあるのか、
それとも精神的なものが影響しているのかは
全くわからないですが。


ふと立ち止まるように顔をあげてみたら
そんな気持ちが沸いてきました。


むしろ考える時間があるのがいけないのかも。


朝から晩まで仕事がぎっしりと詰まっていたら、
そんなことすら考える暇なく
毎日が過ぎていく。
そうやってやり過ごすこともできる。


でも、自分は自営業なので、
考える時間はたっぷりある。
すると、自然と未来のこと、
自分自身のことを見つめる時間が増える。


そして今は旅に出たいと
ふと考えながら一口ずつ昼ご飯を食べ、
噛んでいる最中にこれを書いています。


老後が楽しみなのか?
と自分に問えば、楽しみではあるけど、
ただゆっくりするだけの人生は
改めて考えてみると
死を待っているだけなようで嫌。


今ちょっとゆっくりしたいだけで、
老後は老後で自分にしかできないことを
やっていたいなと思います。


ただハンモックにゆられて余生を過ごしたり、
カフェめぐりをして時間をつぶすようなことは
したくなくて、
その年齢の自分しかできないことをやっていたい。


自分が歩いてきた道のりが
若い人たちの役に立てたらうれしいですし、
役に立つような生き方をしていければなって思います。


ふと旅に出たくなる。
そんなときってありませんか?