2017年9月23日土曜日

アメリカと北朝鮮の緊迫した状況

安全と空気はただで手に入る。

日本に住んでいると、
この言葉は大げさではなく
疑問を覚える余地なんてないほど安全。

そして、戦争なんてものは
自分たちとは関係ないものだと言わんばかりに
お菓子を食べながら
映画やニュースで見るようなものでした。


最近のトランプ大統領の言葉は
どんどんエスカレートするばかり。

別に、右か左かなんて思想は
自分は全くないけど、
トランプ大統領と金正恩のやりとりは、
後戻りができる状況だと考える方が
楽観的すぎる気がします。

経済制裁で北朝鮮が活動を停止するわけがないのは明らか。
経済制裁だけにとどまらず、
トランプ大統領の「北朝鮮を完全に破壊する」
という言葉は、宣戦布告と受け取られても
おかしくはない。

国連という場での言葉。
さらに拉致にも言及して、
映画の中の大統領が
悪と戦う前に宣言する開戦の意義のごとく。


トランプ大統領は、
「完全破壊」「狂人」なんて言葉を使っている。


まるで、わざと挑発して、
相手の先制パンチを待っているかのようだ。
「ほら殴ってみよろ」
と明らかに実力が上のヤンキーが
格下のヤンキーを挑発するように。


日本はあまりにも平和が当たり前だったから、
今回のやりとりも、
どこかメディア越しに眺めている感がある。


しかし、現実はお菓子を食べながら見ていられるほど、
安全な状態ではない。
自分たちも舞台の上にのっている一員。


少しでも北朝鮮が変な動きをすれば、
アメリカは宣言通りの行動をする
と考える方が現実的。
今までもしてきた。


そのとき、
日本に対して攻撃が無いとは言い切れない。
むしろ、かなり高い可能性であり得ること。


それがいつかはわからないけど、
覚悟はしておく必要がある。


自分たちの人生には終わりがある。
寿命があり、必ず死ぬことはわかっていても、
若いうちは現実味も無く、
死は他人事のように感じることがある。


それと同じように、
アメリカと北朝鮮の衝突は
どこか現実味がなく、
他人事のような感じがしている人が
いるのかもしれない。


でも、日本以外のタイという国から
情報のみで客観的に眺めていると、
いつ有事になってもおかしくはない
かなり緊迫した状況だと感じている。


こんな話は不謹慎だという人もいる。


が、嫌なことから目を逸らしていられる余裕が
どうしてあるのかがわからない。
これだけ緊迫しているのに。


日本には姉がいる。
友達もいる。
絶対に戦争になってほしくはない。
今は、こんな当たり前のことを
こうやって願うほどの状況だということだ。


ただただ、アメリカと北朝鮮の動向を
注視するのみしかできない。

2017年9月22日金曜日

毎日同じことを繰り返して生きる~バンコクの花飾り売りの女性~

バンコクの花飾り売りの女性
毎日信号待ちの車の間を通り、
香料のついた花飾りを売る女性。

毎日同じことを繰り返して生きる。
ふと嫌になる瞬間だってあるんじゃないかな。

昨日と今日の仕事の違いがわからず、
日々が流れていくような。
そんなふとむなしくなる気持ちが
あるんじゃないかな。

子どもの頃は、
たくさんの夢をもっていたのかもしれません。

もしくは、自分の親も同じような仕事をしていて、
これが当たり前だと疑問1つも持っていないのかも。

眺めていてふと考えました。


でも、
家族のため、
自分のため、
雨でも晴れでも毎日路上に出る。

同じことを毎日繰り返すことだって、
とっても大変だし、
それで家族の笑顔が生まれているなら
素晴らしいことです。

でも、健康面から考えると
決して良い仕事とは言えないと思います。

毎日通る道だから、
毎日見かける花飾りを売る女性。

今日も頑張っている。
自分も頑張ろうと
自然と背筋が伸びる気がします。

安室奈美恵さんの引退宣言

「安室奈美恵さんが引退宣言」
というニュースを見ました。


安室奈美恵さんとなると特別な思いがあります。

というのも、
安室奈美恵さんと自分は
今年40歳の同じ年。

ちなみに香取慎吾さんも同じ年。
南海キャンディーズの山里さんも。
女優の松たか子さん、菅野美穂さんも。
歌手の氷川きよしさん
アナウンサーの滝川クリステルさん。

自分も40歳になってみると、
軽く死を意識するようになり、
人生の残りで何ができるのか?
ということを考えることがあります。


安室奈美恵さんがどうかはわかりませんが、
40歳ということで、
何か区切りをつけたいという気持ちは
若干わかるような気がします。

40歳というのは
マラソンで言うなら折り返し地点を周ったところ。
ゴールの存在をはっきりと意識するけど、
まだまだ終わりではない。
ただ折り返しただけ。

新しい生き方に向けて、
きっぱりと引退する。


その引退について原因がどうだとか、
良い決断だとか、悪い決断だとか
周囲はうるさいですが、
どうでもいいです。

本人がこれから良い人生を作れば、
良い決断になる。
今はまだ良さなんてわからない。

安室さんが自分で正しいと思って決めた。
ただそれだけです。

人生のゴールに向けての決意。

自分も人生の後半戦を
まだまだ楽しんでいこうと思います。


2017年9月21日木曜日

朝の水泳をルーティーン化して継続する方法

今朝のバンコクも快晴。

朝のルーティーンとして水泳をやる
という話を以前しました。



その後、どうせ三日坊主だろうと思っていませんか?


継続中。

朝の水泳は、ずっと続いています。


はじめ、朝のルーティーンとして水泳は
ハードなものだと考えていました。


それがやってみたら、
継続するコツのようなものが見えてきました。


無理をしない。

これが大切です。
ついストイックになり過ぎて、
連続で泳いだり、
スピードを重視したりしては、
水泳が嫌いになってしまいます。

なので、全くストイックにならず、
ゆったりと泳いでます。

潜水でドルフィンキックをして、
水中の感覚を楽しむ。

軽くひら泳ぎをする。

平泳ぎの手と足の回数をできるだけ少なく
長い距離を進めるように、
水の抵抗に敏感になりながら泳いでみる。

クロールもフォームを超重視して、
ゆったり、できるだけ遠くをかくように
意識しながら泳いでみる。

そんな感じで、
辛いことは全くせず、
身体の感覚を確かめるように泳いでいます。


無理をしないのが継続するためには大事です。



動きをルーティーン化する。

歯磨きの手の動きのように、
水泳までの流れをルーティーン化すると、
行動までの敷居が低くなります。

水着は定位置に干してあります。
朝、息子を学校に送り、
家に帰ったら、そのまま定位置の水着を手に取ります。

手に取ったら、そのまま着替えます。
行動に迷いはありません。

着替えたら、タオルとゴーグルをもって、
そっこうプールへ。

この流れはよどみがありません。

泳ぎ終わったら、
速攻でシャワー。

水着はぽたぽた滴が垂れるので、
シャワー脇に干す。

ポットでお湯を沸かしはじめて、
ドライヤーで頭を乾かす。

それが終わったら、
珈琲を作って朝食。

朝食後に、水着をベランダの定位置に干す。

これで翌日の準備が終了。

こんな感じで
朝の水泳の流れを1日の中に
ルーティーン化して入れてしまいました。


これで、まだまだ続けることができそうです。

おすすめの記事