2019年5月20日月曜日

やりたいことを仕事にするために

私が塾を立ち上げていることから、
やりたいことを仕事にするためにはどうしたら良いのか
と相談されることもあります。
 
 
 
そういう人は経営的な、実務的なことを聞きたいわけではないようで、
突き詰めて聞いてみると、
そもそも自分のやりたいことは何か?
という部分で悩んでいる人が多いみたいですね。
 
 
 
 
自分がやりたいことは何かを他人に相談したところで、
他人が答えることはできないんですが、
相談して語り合っているうちに、
自分の中の気持ちが整理されて、
やりたいことが見つかることがあります。
 
 
 
他人に相談しながら自分の心の中を見つめているからこそ、
自分のやりたいことが見つかるんですよね。
 
 
ということは、自分の心の中を見つめる
ということがやりたいことを仕事にするために大切なことなんです。
当たり前ですけど、この当たり前ができていないことが多いです。
 

 
私も今の仕事が本当にベスト・オブベストなのか?と聞かれたら、
そんなことは人生まだ終わっていないんでわかりません。
 
 

ただ、ベストに近づいていることは確かで、
そのために、かなりの時間を自分の心の中を見つめることに費やしてきました
 

 
やりたいことを仕事にするための第一歩は、
自分の中に問いをもつことです。
 
 
 
自分がやりたい仕事は何かという問いを持ちながら生活していると、
読書をしていても、知人と会話をしていても、テレビを見ていても、
その問いに対する答えを考えるようになってきます。
 
 
 
まずは問いとしっかり立て、
無意識になるまで問いについて考え続けることです。
 
 
そのうち無意識になっても答えを探すようになっていて、
ふとした瞬間にひらめくことだってあります。
 
 
 
ただ、今の社会はその問いを立てる時間すらくれませんよね。
 
 
 
本来自由であるはずの子供だって、
忙しすぎて自分が何が好きかなんて考えることなく成長していきますし、
好き嫌い、やりたいことではない価値観で学校を選びますからね。
 
 
 
大人だって、好き嫌いなんて言っていられない
スピード感で就職時期を迎えるし、
仕事を始めたら、次々とやるべきことに圧倒され続け、
あっという間に十年単位で時が過ぎます。
 
 
 
やりたいことを仕事にするためには、
どうしても日常の喧騒から離れ、
自分が本当にやりたいことってなんだろう?
と自分に問いを立てながら考え続けることが大切なんだと思います。
 
 
 
一人になり、外部の情報から自分をシャットアウトする。
なかなか厳しいでしょうけど、
人生でやり残した後悔を減らすためには大切なことです。
 
 
みなさんはやりたいことを仕事にできていますか?
 
 
 
ただ、本音から言うと、
やりたいことを仕事にできることに越したことはないけど、
仕事というのはやりたいことという視点だけで選ぶ必要はなく、
家族を守るため、他人の役に立つため、安定した生活のためなど、
いろいろな視点があって良いのかなって思います。
 
 
 
誰もがやりたいことだけにしぼって決める必要も無くて、
青い鳥症候群みたいに、どこかにもっとやりたい仕事があるのでは?
と探し求め続け、転職を繰り返す不安定な生き方になってしまっては、
ちょっと怖い気もするのです。


【悲報】HUAWEI(ファーウェイ)携帯でGoogeアプリが使えない?

HUAWEIでGoogle関連アプリが使えない

ニュースを見ていると
HUAWEI(ファーウェイ)の携帯で
Google関連のアプリが使えなくなるとの情報がありました。



具体的にはGoogeプレイやGmailなどのアプリが使えなくなるみたいですよ。



前々からファーウェイに対してアメリカのプレッシャーは強く、
情報が漏洩する危険性だったり、
世界シェアを広めるファーウェイへの脅威だったりが指摘されていましたね。


ただ、今回はアメリカと中国との貿易戦争の一環のようです。
アメリカがファーウェイ携帯への部品提供を法的に禁止する方向に進むことで
情報産業も部品という扱いで禁止にするのでしょうかね。。。


なんでこんなブログ記事を書いているかというと、
私の携帯が。。。


ファーウェイなんです。
チーン。。。


ファーウェイの携帯はかなり使い勝手が良かったんで、
これからも機種変更するならファーウェイだなと思っていました。



もちろん、情報漏洩などの危険性があるという話題には注意していました。



ただ、ファーウェイの情報漏洩の危険性は国家レベルのことであって、
個人のバンコクの片隅で生きている人間の情報は
利用価値ゼロに近いので問題ないと思って使っていました。



そもそも、情報漏洩関連の情報だって、
「らしい」にとどまっていて、
真相はよくわかりませんでした。



でも、今回の報道を聞いて、
Google関連のアプリは相当利用しているので、
絶対に機種変するしかないです!
これは大ダメージです。
なので、ちょっと腰を据えて調べみました。



最終的にわかったことは、
確かにHUAWEIでGoogle関連のアプリは今後使えなくことは可能性は高い
ということです。
これはデマレベルではなくてかなりの濃厚です。



ただ、嬉しいというか、
ほっと胸をなでおろす情報も見つかりました。



過去に販売されていたファーウェイの携帯では
今後もGoogle関連アプリは利用可能だということが
Google広報から発表されているようです!



この情報に関しては、もうちょっと調べてみる必要がありそうですが、
一応、多数の大手サイトでは言われていたので
ソースはしっかりしているようです。



もし、今までの機種はセーフだとすれば相当ありがたいです。


ファーウェイの携帯を買ってしばらく経ちますが、
まだまだ壊れなそうなんで、
あと数年は使いたいなと思っていたので(^-^;


ただ、機種変更するなら、
次はファーウェイは止めて、Googleの携帯Pixelにしようかな。



今回の情報を調べていて感じたことは、
Googleは自分の生活の生命線となっていて、
もうGoogle関連が使えない生活は成り立たないということです。



パソコン、携帯のアメリカ以外の企業は、
何かアメリカとの争いがあったとき、
GoogleやFacebook,Twitterなどへの接続不可能にされたら
100%終わりますよね。



アメリカの勝ちは戦う前から明らかで、全く勝負にすらならないですね。
次にパソコンを買い替えるならアメリカ企業のHPかDELLですかね。


2019年5月17日金曜日

タイで生きるためには覚悟が必要【在タイ12年が見る景色】

タイで生活したい人は今も昔も多くいて、
自分も昔はその立場でタイに来ました。


気が付けば在タイ10年を越えて、
かなり古株になってきました。


そんな長年タイにいる自分でも
タイで生活したことは正解か、不正解なのかと
未だに答えを出すことはできませんね。
未だにではなく、これからも出ないでしょう。


人生はどちらかの選択をすれば、
2つのうち1つは見ることができませんからね。


不正解だと思っていた道でも、
別の道はもっと不正解だったかもしれません。
できることは、選んだ道を正解になるように頑張るのみです。



ただ、事実として言えることはあります。


それは、日本で生活していた方が圧倒的にメリットは多いということです。


社会保障は充実していて、
病院代は3割負担で済みますよね。


年金だって色々話題にはなっていますが、
少なからず一定額はもらえるはずです。


さらに、子供の教育は無償です。


失業すれば失業保険も貰える。

生活に苦しくなれば生活保護がある。


日本で暮らしていれば、あらゆる恩恵が与えられています。


でも、日本を飛び出しタイで生活してみれば、
それらの恩恵が消えます。


浅瀬の穏やかな波ではなく、
大海原の荒波の中での航海をしているようなものです。


荒波だと自覚なく生きることができている人もいるでしょうが、
それはつかの間の海が穏やかな時期なのかもしれません。
いずれ、荒波はやってくる可能性は大いにあります。


タイでの生活は、下手をすると、
「詰む」可能性があるんです。


生活保護なんて無いんで、
収入が止まれば終わります。


終身雇用なんて無いんで、
いつまで働けれるのかも不確定。


医療保険は自分で加入しなければならず、
加入条件が悪ければ、大病を患った瞬間に「詰む」可能性があります。


脳関係の手術なんて私立病院でやったら1000万円近くかかります。



もし、タイで生活したいという人がいたら、
若い時は考えないかもしれませんが、
歳を重ねたあとに「詰むかもしれない」
という覚悟をもっておいた方が良いです。


その「詰み」への覚悟がある人以外は、
そう簡単にお勧めできません。


海外生活は日本と違って「詰む」危険性がある
という大前提のもとで予防のための行動ができる人でないと
タイ移住は難しいのかなって思います。


メリットでいえば日本の方が優れているので、
メリットなどとは関係はない
自分の中に深い理由をもっていること
タイで長期的に生活するためには大切なことだと思います。


それが在タイ12年を迎えて見えている景色です。

2019年5月16日木曜日

タイの交通渋滞を改善する方法


タイの交差点で毎日のように渋滞が生まれる瞬間を見ています。



信号が黄色になったとき、
侵入先の道路が渋滞で詰まっていれば交差点には侵入しませんよね?


でも、タイは違うんです。


信号が赤になる瞬間まで交差点に突っ込んでいきます。
前が渋滞していても当然突っ込みます。


その突っ込んだ車が交差点で止まるんで、
交差点はマヒします。
すると赤であっても突っ込んだ車にくっ付いて行く車が出てきます。


こうやって完全に交差点がつぶれます。


タイではこのような渋滞が10年以上も同じ状態で全く改善しません。


この状況を見ていて思うことは、
教育と罰則をセットでやっていかないと
問題は解決しないんだなということです。



教育だけでもダメで、罰則だけでもダメ。
両方がセットになってはじめて効果が現れると思います。


どういうことかというと、
教育でいえば、タイの陸運局で交通ルールはしっかり教えています。
でも、試験内容が甘いので、
聞き流していても問題はありません。


ただ、少ないながらも真面目に聞いている人はいて、
一定数は教育されている人もいます。


では、何で聞かなかったり、
交通ルールを守らないかというと、
罰則が甘いからです。


交差点に警察官が立ち、
赤信号で交差点に突入している車がいたら
どんどん取り締まらなければいけません。


やってはいけないことが交通ルールとして存在していて、
それを破れば罰則を受けるんだということを
タイ人がしっかり理解すること。


これができて初めてタイの人は交通ルールを守る日に向けた
第一歩を踏み出すことになるのです。


でも、この罰則が甘い


交差点に警察がいても全く見ても何も注意をしません。


それなら交通ルールを守らない人は次も守りません。
さらに悪いのは守っている人も破るようになることです。


罰則されることは無い。
変な交差点の時間の長さにイライラする。
その結果、守っていることが馬鹿らしくなってくる。
破った方が得。


そうやってタイの渋滞はずっと続いているんだと思います。


教育と罰則をセットにする。


これはタイの交通事情だけでなく、
他のあらゆることに当てはまります。


教育も同じ。
教えるだけではだめで、罰則はセットになっていないと。


これから10年。
タイの渋滞はきっと変わっていないことでしょう。