2015年10月12日月曜日

好きなことを仕事にするためには自分の価値を高めなければならない


ウーマンラッシュアワーの村本氏

昨日の午前中は息子の空手送迎。
通りの2階にある喫茶店でちょこっと仕事をしていていると
下の通りに見覚えのある顔。
お笑い芸人のウーマンラッシュアワーの村本氏


周囲の店内を覗くような目つきは
始終悪いことをしているかの如く。
テレビの表情と一緒でした。
カメラ撮ろうかとも思いましたが、
別に熱烈なファンでもないんでやめときました。


周囲の人もチラチラ見ており、
日常生活全てが人から見られているストレスは
半端ないでしょうね。


私も日本人学校の教員時代は
伊勢丹に行くと
日本人学校の生徒や保護者の方から見られている感覚があり、
それだけでも疲れたことを思い出します。

知らない生徒がこそこそっと保護者の方に耳打ち。
保護者の方がチラッとこちらを見る。
私は知らない方ですが一応軽く会釈。
向こうは無視。

そんなことが何回もありました^^;

空手のパーティー

練習後に道場改装、前回の大会祝賀の
空手パーティーがありました。


一家族1品を持ち寄るとのことなので
通りに出ているフルーツ屋台で果物購入。
果物屋台

パイナップル20B
ちょっと歩いてフジスーパーに行けば
パックに入って50Bくらいだったかな?

この価格の違いがあっても
めんどくさいからフジの買い物ついでに買う人は
たくさんいるんでしょうね。

フジで売って入ればフジ品質と錯覚しますが、
別にパイナップルなんて皮をむけばどこも同じな気がします。
そしてマカロニ40Bを2パックとから揚げ60B
さすが日本のから揚げ。
小さいパックなのに
タイのマカロニや屋台の果物の金銭感覚を軽くふっとばす価格です。


桜道場

道場では、すでに保護者の方々の役割というものが
暗黙にできていて、心地よい空間でした。


片づけをする前にわが家は息子の幼稚園の友達と
釣りの予約が入っていたのでお暇。
自分も行くかと思っていたら
チケット購入しておらず。

ということで、1人で喫茶店に向かいます。


好きを仕事にする

喫茶店

スタバもいいんですが、
こうやって個人でやっているコンセプトある
喫茶店っていいですね。
カフェモカが大き目のカップで70B
スタバなら小さ目のカップで105B

バンコクの喫茶店

私は結構喫茶店が好きなんで
自分が行きたくなるような喫茶店を
TJでも経営してみたいですね。

バンコクの喫茶店

こうやって自分の好きなことをするというのは
今の私の仕事にも似ています。


好きなことを話し、私が好きな方法で勉強を教える。
学校にいたときは好きなことではなくても
伝えなければならない他のことも多々ありました。
こんなこと別にどうでもいいなと思うことも
指導しなければならないことも。


こうして好きなことを話せる立場はありがたいことですが、
ここで気を付けなければならないことは
好きなことでも価値がなければならないということです。


忘れ物はダメだよ、思いやりは大切だよ
レベルの話では価値がありませんからね。
そのためには自分の思考を深めることが
大切だという基本を忘れてはならないんです。


自分の価値を高め、
価値が高まった自分だからこそ
伝えられる価値ある話。


それを学んだ子どもたちの価値もあがる。
そのようなスパイラルを積み重ねていきたいと思います。


夜ご飯

パップンファイデーン


夜も私以外の家族は外で食べるとのことで、
近くのタイ料理屋さんで
「パップンファイデーン」と「カオスワイ」
全部で70Bです。

マックに行こうか迷ったんですが、
2分の1で済ませることができたんで
ちょっと得した気分になりました。

タイにいるんだからタイの生活をすればよいものの
タイにいながら日本と同じような生活をしようとすると
異様にコストがかさむものです。

私はタイ生活約10年。
自分はできる限りタイ生活をしたいと思っています。
ただし、息子と娘に関しては
自分の意思でタイで生活しているわけではないので
日本に近い生活も体験させてあげようと思っています。

タイであればいい部分と日本でなければならない部分
しっかり区別しながら生活しようと思います!


おすすめの記事