2016年1月31日日曜日

超渋滞のバンコクの金曜日に超痛恨のミス。

バンコクは完全に暑さが戻ってきました。
日中は30℃を越えています。

ガイヤーン屋台

家の近くのガイヤーン屋台。
ドラム缶ですが
炭火の本格派。

金曜は毎週、かなり忙しくなって
ほぼ家で缶詰になって仕事をしているんで
気が付くとブログを書けないで日曜になることが
多いんですよね。。。

TOPS
忙しいからこそ
昼はあえてTOPSに行って、
気分転換。
ゆったりした空気に触れてリフレッシュ。



学校から帰った
息子はついに将棋の勉強をスタート。
漫画で学ぶ将棋を熱心に読んでいます。
将棋の勉強


父を倒す日がくるか?
私は将棋がけっこう得意なんで
高校になるくらいまでは負けるわけにはいきません!





さすが金曜日。
バンコクは午後2時40分の下校時間。
トンローでモントリーバス


自家用の息子は3時ごろには家に帰って
将棋の勉強をしているにもかかわらず、
私がオフィスに向かう
午後3時45分ごろのトンローに
モントリーバスを発見。



恐ろしく時間がかかっていますね・・・


我がTJブリッジに入る
トンローソイ9も入口からすでに詰まっている状態。
恐るべしです。
トンローソイ9



金曜は痛恨のミスをしてしまいました。
小川一樹


それは、中1の授業がキャンセルになるというミスです。。。


ドライバーさんとの意思疎通がうまくいかないという
タイ在住10年以上ですが、
この意思疎通がうまくいかないというのは
痛恨です。


タイ語をもっともっと勉強しようと反省。。。



いやぁ、30分凹みました。

2016年1月29日金曜日

バンコクで散髪。


最近は早起きをして、
7時前には家族と朝ごはんを食べるようにしています。


今までは家族が先にご飯を食べて、
私はギリギリまで寝て、
7時半ごろに学校へ送迎。


8時すぎからゆっくり
ネットニュースを読みながら朝ごはん。


それを6時45分起きにして、
一緒に朝ごはんを食べる。


今朝はバックトゥーザフューチャー3を見ながら。
たったこれだけのことで
朝の充実度が変わってくるものです。



今朝のバンコクは19度。

バンコクの朝


かなり寒さは和らいできました。

久しぶりに寒さを味わうと
温かみのありがたさを痛感します。
バンコクの朝


寒さを知って暖かみを知る。
暖かみに感謝するには寒さが必要。


お昼ご飯を買うついでに
いつも通る道の美容院が空いていたので
髪を切ることにしました。

80Bという良心的な美容院。

写真を撮っても良いか聞いてパシャ。

ここは毎回利用しているので
「ちょっとだけ切ってほしい」
と伝えるだけでOK。



午後にたまたまガソリンがなくなって困っている人を
バイクタクシーの運転手たちが助けている場面に
遭遇しました。


ガソリンを買ってきてあげるということで
一件落着になったようです。


日本でガソリンが途中でなくなったら
かなり困りますよね。
タイはそこらじゅうにバイクタクシーがいるんで
バイタク待合所で頼めば、
ガソリンスタンドまでガソリンを買ってきてくれます。


日中はかなり暑かったです。
長袖を着ていましたが、
汗が出るくらいです。


あとで調べてみたら30℃だったようです^^;


夜もだいぶ暖かく、
バイクでも半袖で大丈夫でした。

夜のバンコクの気温


やっと夜起きずに心地よく眠れそうです☆

2016年1月28日木曜日

睡魔との激戦&息子のカミングアウト。

1月27日の朝のバンコクも
とっても寒くて17℃くらい。

冬のバンコク



寒さから冬眠しようとしているのか。
あまりの眠さにうとうと。


睡魔に襲われた人間は無力。


小1時間寝るも、睡魔との戦いは続く。
かと思われたが、
我が子の写真を見ると
しゃきっと目覚めるから不思議です。


子供がいることは
自分のエネルギーに。



昼間は23℃まで気温が上がっていました。



お昼ご飯を食べながら
無料広告紙で広告の研究をしていました。


どんな配色が目立つのかな?
どんなレイアウトが目を引くのかな?


ダウンタウンナウという番組を見ながら。


MAXという歌手が同じ年なんですが、
ババァと呼ばれていて、
あぁ、自分もじじぃかな?^^;


こうやって自分が歳をとっていくのを
客観的に実感するんだなぁ。



午後は上の階の工事が半端なくうるさいんで
部屋では音楽を大きなボリュームで聞いていました。


今はこんなカバー曲を聞くことが多いです。




しっとりしていて良い曲が多いです。



塾からの帰り、
セブンで買い物をして出発しようとすると
こんな迷惑車両が。。。

バンコクの迷惑路駐

路駐の横に路駐する!?


これはタイあるあるです。
当たり前に見かける二重の路駐です・・・


他の車への思いやりがあるかないか
のレベルの問題でしょうね。



夜は、息子が私にカミングアウト。

昨日の計算ドリルの宿題は
答えを見てしまったと。


なるほど。


怒りません。
怒ったら次は悪いことをしても隠すでしょう。



正直に言えたことは
心の中に良い心があるからだと
教えました。


言った方がすっきりするだろう実感も理解してもらいした。


答えを見ることは
何の意味もなくて
むしろ、自分をパワーダウンさせるということ。


何より心の中が気持ち悪いのは
心の中の神様が見ている証拠だと。



先生に言おうかなと悩んでいたんで、
言うべきだと伝えました。



先生なら悪いことをしたと
わかっているから告白した子を
さらに怒鳴るなんてことはしないはずだと
伝えました。



ここで怒鳴られたら、
たぶん次回からは答えを見ないようにしよう!
と学ぶのではなく、
絶対に隠し通そうとするはずです。



親としても学びのあった夜でしたし、
正直に言えた息子も成長したもんだと感じました。



そんな1日でした。

2016年1月27日水曜日

タイで発見【ブラックサンダー】&バンコク日本人学校授業参観

今朝のバンコクも肌寒く16℃でした。

昨日の朝の教訓を生かし、
今回も2枚重ね。

何だか日本の冬の始まりを思い出して
懐かしい気持ちになります。

ガイヤーン

空き地で焼いているガイヤーンの煙が
寒い空気の中でとても温かそうに思えました。

日本の冬の焚火みたいな雰囲気です


バンコクの朝

バイクで走りましたが、
風が冷たい!
でも、年中暑いタイだと
これもまた特別な思い出になりそうです。


午後はバンコク日本人学校の授業参観に行ってきました。


総合学習の発表会。


子どもたちの発表はとっても上手でした。
先生の指導が行き届いているなと感じる安定感でした。


途中で親からの感想や質問を受け付ける時間。

誰も手を挙げないんで
職業柄、当然手を挙げて質問しました。


クイズに答えるときも
誰も手を挙げないんで応えました。


この様な場で発言することは
全く苦ではないのは完全に職業病みたいなもんだな
と我ながら思いました。



塾の壁に貼ってあるメッセージです。


小川一樹

名探偵コナンはすぐ犯人がわからないから楽しい。
勉強も同じ。
わからないことを楽しめる人に!

私が子どもたちに伝えたいことです。



夜に家に帰るとおむつが無いと。


すぐにセブンイレブンに買いに行きました。


するとあるお菓子を発見!
ブラックサンダー

ブラックサンダーです。
小さいのは15B。大きいのは確か25Bかな。


今日は買いませんでしたが、
今度塾が始まる前のおやつにしようと思います!



寒い夜に輝くセブンの明かり。
タイのセブンイレブン

なんか心も温かくなるもんです。


そんな冬っぽいバンコクの1日でした。では。

2016年1月26日火曜日

バイクで罰金をとられました。

今朝のバンコクは16℃。

寒いバンコクの朝

人々の話題を全部もっていくほどの寒さ。
私にとっても耐え難い寒さ。


正直、日本でのみなさんが味わう寒さと比べたら
ふざけるな!と言われる温度でしょう。。。


わかっています。


でも、今まで暑かっただけに
この寒さは体感的には相当に辛い。
しかもバイク乗りの自分にとっては
もうガタガタレベルです。




お昼に悲劇が。



バイクで罰金をいただきました。



タイの警察官


母親を連れてスーパーに向かったんですが
後部座席に座っていた母親がノーヘルだったんで
それが罰金対象に。



RCAに入る道で2年間週2回も
送迎し、警察署の前もノーヘルで通っていて
今まで警察官の前を通っても
全く無視されていたのに・・・


今回初!!


しかもかなり大規模の取り締まり。
こぞってみなさん切られていました。


何の風の吹き回しか。。。



でも、これからは母にも
ヘルメットをかぶってもらいます。



はじめはタイ語がわからないふりしていたんですが、
かなり優しいおまわりさんで
話がわかりそうな方でした。



こじれることも無さそうだったんで
素直に従うことに。


切符をもらい、
免許証を警察官に預ける。

切符をもって警察署へ。
そこで200Bをお支払。


またお回りさんのところへ行って
免許証を返してもらう。


切符切られてからの
この免許証の返却までの一連の合計時間。
10分弱。はやっ。

タイで罰金



なぜか免許証を返してもらうとき
お巡りさんからコープンカップと言われるという
特別プレゼントつき。



なんで「ありがとう!?」
と心の中で突っ込みながら
一応、
「さすがに帰りにまた罰金取らないですよね?」
と冗談で返すと笑っていました。



ということで一件落着。


授業が終わって帰るときも
17℃。

夜のバンコクの気温


朝にワイシャツの上に一枚羽織っても寒かったので、
帰りは2枚羽織って完全体です。

小川一樹

ちょっと水彩画風にしてみました。
別に罰金やら携帯落下やらで
イライラしているわけじゃありませんよ。
穏やかです。



いろいろとありましたが総括。

「200Bで済んで良かった!」


昨日の携帯落下に続き、
感謝です・・・。

          昨日の記事へ


できるかぁっ!


取り乱してすみません。


そんな1日でした。

2016年1月25日月曜日

トマトヌードルからのジャパンエキスポからの携帯破損。

日曜の午前中は息子の空手送迎で
スクンビットソイ33/1へ。


そこにある古本屋さんで
私の経営しているTJブリッジから出版された
本が本棚に。
TJブリッジタイ語ダジャレ本
嬉しいような悲しいような。

次の方へお役目が回ったと思えば
嬉しいことなんでしょうね。


急に大雨が降ってきたんで
家に帰るのを断念して
近くにあるトマトヌードルという店へ。

トマトヌードル

とんこつラーメン的なものが240B。

牛丼が90B。


ちょいちょいちょい。
庶民の牛丼が90Bとは。
なかなかセレブな食べ物になっています。


牛丼はTHE牛丼という味です。
ラーメンは個人的には
240B払いたいと思える味ではない気が。
せめて180Bくらいかな。


午後はセントラルワールドで開催されていた
ジャパンエキスポへ。

ジャパンエキスポ@セントラルワールド

タイの女性の司会者が
「かっこいい」「かわいい」と
日本語で叫んでいて、
何だかこっちが恥ずかしい気持ちになってしまいました。

ジャパンエキスポ@セントラルワールド


 さすがジャパンエキスポ。
コスプレしたタイの方で溢れていました。

紀伊国屋の中も。
紀伊国屋コスプレ

本とコスプレってのは
すごく妙な感じがします。


三国志の漫画第2巻と将棋入門を購入。
将棋を覚えたいらしいです。

息子と将棋対戦ができる日を今から楽しみにしています。







ダンキンドーナッツ

息子が急に腹痛に襲われ、
薬局で薬を買ってダンキンドーナッツで休憩。


行き交う人の中にセーラームーン発見。

セーラームーン

男子です。


小さいゲームできるスペースもあるんで
ちょっとだけ立ち寄りました。 

斬新な投法でガータを量産していました。


アニメグッズショップ

最上階にあるアニメグッズショップで
娘のプレゼントでアナと雪の女王の
エルサのペンを買いました。


そして事件が。


帰り道、家の駐車場から
息子とかけっこをしていると・・・


携帯を落としてしまいました。


画面の端が割れてしまいました。。。


ついこないだ買って
1万5千バーツくらいしたのに(;へ:)。


こうなったらプラス思考で乗り切るしかありません。


落ちて完全に画面が粉々になるよりマシ。

これから気をつけろという警告だと。


そう思うようにして感謝の気持ちで
過ごそうと思います。
できるか!


いや、感謝。


できるか!


感謝。

でき、感謝。


そんな気持ちの1日でした。


2016年1月24日日曜日

創造力を高めるゲーム


ゲームというのはマイナスに語られることが多いもの。



自分はファミコン世代なんで
ゲームにどっぷりはまっていました。


自分にとってゲームは
人生のプラスになったという実感があるんです。


もちろん、マイナスの部分もあります。
でも、それってどんなことにもプラスとマイナス面って
あるもんですよね。



最近のゲームは本当にすごい。

マインクラフト。
わかりやすく言うと
レゴがゲームの中に入って
さらに機能がアップしたようなもの。


世界ではマインクラフトを授業に導入している学校もあるそうです。
わかる気がします。
マインクラフト

わが家も息子がマインクラフトをもっていたんですが、
娘用にもダウンロードしました。


こうすると同じフィールドの中で
息子と娘が共同で建造物を作ることができるんです。


私が子どもだったころは
想像力を伸ばすようなゲームは少なったですよね。
決められた枠の中でいかに
効率よくクリアを目指すかが大切だったものです。


今はゲームで創造力を伸ばすこともできます。


ただし、ゲーム独特の時間を忘れる感覚が出てくるんで
ここは親が確実にストップする必要があるでしょうね。



昨日は午前中に息子の英語。
午後には娘の英語があったんで
それからロビンソンデパートへ。


オースワンという牡蠣を卵と一緒に揚げたものを食べました。
オースワン
これで50Bです。

 こんなフードコートというところで買いました。
フードコート


夕方家に帰ると
頭痛がして体がだるかったんで
そのまま寝てしまいました・・・

教師あるあるですが、
週末になると体調を崩しがちなんですよね。

緊張の糸が切れるというやつでしょうか^^;


夜に目覚めて風呂に入っていると
何だか物音が!

洗面台に文鳥が。


子どもたちが文鳥を籠に帰すのを
忘れていてそのままだったようです。


おうちに戻してあげると
お腹が空いていたのか
バリバリと餌を食べていました。

癒されます。



そんな1日でした。では。

2016年1月22日金曜日

センター試験国語の問題を解きました。

働いていると毎日がどんどん過ぎて行きますね。
単調になりがちだからこそ、
ちょっとした刺激を自分に与え続ける必要があるんだ
と感じています。

セブンイレブン




今年のセンター試験の問題が
ネット上に出ていました。



さっそくお昼を買うついでに寄る
おなじみの喫茶店で
受験生のごとく国語の問題を解いてみました。


センター試験


第一問(50点)と第二問(50点)だけ解きました。
それ以外は古典と漢文ということで
正直無理です・・・



結果は・・・


第一問と第二問合わせて100点でした。
全問正解!ほっ。



丸付けのときは
ちょっとドキドキしてしまいました^^;

全問正解じゃなかったら
解いたことすら秘密にしておこーなんて
ちょっと考えていましたw



漢字でわからない字があったけど
消去法でかろうじて正解。
ここがかなり山場でした。



第一問の中でも迷った選択肢も。


みごとに気が抜けた箇所でした。
弁当を買うために一度中断した箇所。
読みが浅いと選択肢に迷う。
ごくごく当然のこと。


これは子どもたちにも
伝えていることです。


何となくわかったつもり。
「つもり」で進むと
たいてい躓きます。


もう一度じっくり読んだら
迷わず解答を選べました。
読解力は年齢と共にUPするもんですね。


数学は解きません。
きっと忘れていて
解いてもボロボロだろうから。


今年1年の目標にしようかな。
来年のセンター過去問に向けて
ちょっとずつ数学学び直そうかな?


なんて。


鳥の巣

わが家のベランダに
鳥が巣をつくりに来ています。

数分おきに鳴き声がして
せっせと巣を組み立てています。


前も同じところに作っていました。
人間の近くの方が安全だって
学んでいるのでしょうか。


そんな1日でした。

2016年1月20日水曜日

ドアを手で押さえながら走る車発見

バンコク日本人学校
昨日はちょっとだけ熱く語ったバンコク日本人学校。


朝からバンコクはバイクでごった返しています。
バイク渋滞


午前中は5分間。
デスク周りを整理整頓。


本との出会いは一期一会。
ちょっと中身を見て、
良いなと感じた本は惜しまず買う。
そんなことを自分のルールで決めています。



が、未読の本が30冊あることが判明。。。


さらに同じ本が2冊^^;
反省。


さすがに気合いを入れて
読もうと思いました。


整理整頓すると
見えていなかったものが見えるようになるもんです。
やはり整理整頓って大切だと実感。



昼前にバイクのオイル交換とちょっとした修理をしに
ペップリーのバイク屋へ。
その近くの歩道橋から。
ペップリー通り


バイクの修理をしている間に
近くのスターバックスで仕事。
スタバ
スタバに行くと、
時々フェイスブックで見かける
なんかそれっぽい写真を
撮りたくなります。


スタバから家にもどるとき
すごい車を発見。
ドアを手で押さえる車
助手席の人が壊れたドアを
手でもっています^^;
物もちが良いってやつでしょうかね。


いや、ちょっと良すぎますね。




日本ではスマップ解散のことで
すごいことになっているようですね。


生放送の謝罪会見を見たけど
建て前のメッセージの裏に隠された本音

表情や態度に滲み出過ぎていて
すごく重々しいものを感じました。


そんな1日でした。では。



こちらもどうぞ。

私が書いている名言ブログ

子どもを指導する前に大人が自分を見つめるべき
そう思わせてくれる心理学者ユングの言葉
http://supersiyajin.blogspot.com/2016/01/blog-post_19.html




2016年1月19日火曜日

バンコク日本人学校の闇の部分

教師という職業が本当に好きでやっているからこそ
許せないこともある。



子どもたちから聞く
バンコク日本人学校の若手教師の話。



聞く耳を疑うことばかり。
去年も「死ね」と言われたなど
耳を疑ったが、今年もか!?と
ふつふつと心に沸き立つものがある。



にわかに信じられないから
複数の子に聞いてみて
つじつまが合うか確認してみたが
どうもつじつまがあう。


これで嘘だったらすごい役者になれるだろう。
そもそも私に嘘をつくことのメリットは全くない。
私の方から聞いてもいないし。


バンコク日本人学校関係者も見ているだろうから
詳細はここには書けないけど、
本当は実名で書きたいところです。



というか、どうしてバンコク日本人学校から離れた
自分が怒りを覚えなければならないんだろう。
内部でも同じ怒りを感じてくれている人が
いてくれたら唯一の救いです。


子どもから聞けば一発。


ある教科で2学期の成績がふるわなかった子。
学期スタートした時点で
あなたは【もう少し】が確定しているからムダと
宣言されたと。


そんなのわからないじゃないか?と反論したら、
せいぜいがんばれと鼻であしらわれ、
やる気をなくしたと訴えてきました。


私にこんな嘘をつく必要はないんで
詳細は間違っている可能性があるとしても
落ち込んでいるのは事実でした。



違う子は
「将来携帯電話のバッテリーの様なものを
作れるかもしれない」
と先生に伝えると、
「あなたなんかには無理」
と即否定されたとか。


言葉の表現方法はどうかわかりませんが、
本人にはそう伝わっていたのも事実。


騒がしい子どもの声を前に
「うざい」と子どもに聞こえるレベルで言う。

これは複数の子が聞いているようで
そもそも私に伝える必要もないことなんで
あえて伝えてくるということは
事実の可能性が高い。
低いと思う方が難しい。



あげたらきりがない。


書いているとむかむかしてきた。
なんだろう。いったい。



子どもの未来は
可能性に満ちあふれている。



可能性を育てるべき存在が教師だ。



子どもに可能性を否定する言葉を
なんで投げかけることができるんだろうか。


何のために教師になったんだろうか。
書いていて泣けてくる・・・



本当に無理なのかもしれない。
でも、1%でも可能性があるなら
今の小学生の段かいでは
できるかもね!頑張れ!
でいいじゃないですか。。。


一部非常識な先生がいると
その悪印象は強くなる。
他の先生まで否定的な目で見られかねない。



バンコク日本時学校には
頑張っている先生がたくさんいる!



ほとんどの時間を自分のクラスに、
授業に費やしている先生がいる。
内部にいたから良くわかる。



例え悪意がなくても
可能性を摘んでしまう言葉を
投げかけられた子どもの未来は大きく変わる。
その責任の重さを知らない人もいるようだ。



若い先生が授業にまだまだ課題がある。
そんなことは当たり前のことで
目くじらを立てることではないし、
多少は長い目で見る必要がある。


保護者の人もそこは多めに見てあげてほしい。


でも、若いからでは済まされないレベルのこともある。
済まされるレベルを判断できるかはセンスの世界
教師に向いている向いていないは
努力うんぬんとは別の問題。
その仕事が好きか嫌いかなんかとは別の問題。



好きだから。
仕事はボランティアじゃないんだから、
好きだけでなってもらっては困る。



仕事なんて他にも山ほどあるし、
好きだから教師でいたいのはわかるけど
子どもじゃないんだから
違う仕事で頑張ってほしい。


 
子どもたちは環境は選べない。
誰が守ってあげるのか。



昨日は子どもたちの話を聞いて
何もできない自分に本当にイライラしてしまった。



他人は変えられないから
自分が変わるしかない。



見返してやるくらいのつもりで
勉強を頑張ってほしい。



その教科を嫌いにならないでほしい
ただ願うのみだ。



インターばりに学費が上がっているのは
何か事情があるのだから仕方がない。

でも若い教師の質が下がっていたら悲しいこと。


保護者から良く聞く言葉です。
小さなことを大きく語っているのではなく、
本当に良く耳にします。


人材選定プロセスなのか。
それとも何か他に原因があるのだろうか。
質の低下は日本全体の傾向なんだろうか。



自分の息子も日本人学校に行っているけど
生徒や保護者の声を聞いていると
幸福なことに担任には恵まれいる方だと思う。



でも、いつ芽を摘まれる先生に出会うか。
もちろん、理不尽なことには戦うしかない。


教師として親として。
子どもを守る立場にあるから。


自分は物申すことは怖れてはいない。


事なかれ主義が悪いスパイラルを作っている。
大人が声をあげないと何も変わらない。

2016年1月18日月曜日

テント宿泊とはじめての「OISHI」レストラン

土曜からちょっとした旅行に行っていました。
朝からバタバタしていたんで
セブンイレブンン前の豚の串焼き。



ブタの串焼き

おばちゃんが一人で切り盛りしていますが、
このような小っちゃい屋台に
名店があるものです。
かなりおいしい濃い目でジューシーな味でした。


昼ごはんも道中にあった屋台に立ち寄りました。
タイの固めん

この様なカリカリ麺は小学校のころから大好きで、
ここもやはり外れずにおいしかったです!


今回はこの様なテントに宿泊。

テント宿泊
テント内に冷蔵庫、扇風機、さらにコンセント類も
そろっていたんで
かなり快適に過ごすことができました。

テント宿泊
朝食は広々とした開放的な場所でした。


午後はカピパラを売りにした
動物園に行きました。

小川一樹とアルパカ
人懐っこく、
近くに行くと髪の毛を食べられそうになりました^^;


さらにハリーポッターに出てきそうなフクロウ。 
ハリーポッターに出そうなフクロウ
無表情さと鋭いくちばしに
若干引き気味に写真を撮りました。


夜ごはんはかなり味のある店。
 レトロな雰囲気を売りにしているようです。
タイのレトロなお店


駄菓子屋もありました。
タイのレトロな駄菓子屋

この様な雰囲気って落ち着きます。
雑多な感じがこちらの肩の力も抜いてくれます。

タイのレトロなお店

かっこいいんでちょっとたくさん撮ってみました。

タイのレトロな駄菓子屋

日曜は人形館に。

タイの人形館
ちょっとはしゃいでしまいました。。。


夜はタイの日本食ビュッフェの「OISHI」という店に。

タイの方々にとっては
かなり有名なお店ですが、
デフォルメされた日本食なんだろうなと
勝手に敬遠していました。
OISHIビュッフェ

行ってみると、
なかなかおいしい料理に
良い意味で予想を裏切られました!

ちなみに1人590Bくらいだったかな。
OISHIブッフェ

ちょっと高めです!


そんな土日でした。

おすすめの記事