2017年7月18日火曜日

海外パソコン1台で稼げるとうたうノマドワーカーの危険性

子どもの将来の夢で
急上昇なのがユーチューバ―です。


そのことの是非は別として、
かなり気を付けておいた方が良いのは
ネットには甘い誘惑がたくさんあるということ。


その中の1つが、
パソコン1つで世界一周をうたう人や
ノマドワーカーをうたう人たちです。


私はツイッターをしているんですが、
そうするとフォロワーの中に
パソコン1台で世界一周しながら遊んで稼ぐ
的な人が必ず出てきます。


パソコン1台で世界のどこにいても
お金を稼ぐことができますよということを
誘い文句にして、
その誘いにのった人から10万円単位で指導料をとる
というシステムをつくっているようです。


子どもたちには
かなり注意して教える必要があることですよね。

大学に行く頃や、社会人一年目にこんな情報に接して
変な方向に行ってしまう可能性は
十分考えられます。


そもそも、
誰もがこんな仕事をしていたら
世の中は崩壊しますね^_^;


パソコン一台で生活できるのは
その謳い文句に乗った人たちから
金銭を得ているからです。


結局、ねずみ講的な商売なんだと思います。


パソコン一台で世界一周している人がいるらしいよ。
それは羨ましい。
その方法を勉強して教えてもらおう。


という安易な思考で決断してしまう人が
少なからずいるはずです。
特に今までの常識にのって頑張ってきた
真面目一辺倒だった人が、
社会人になって壁にぶつかったとき
そのような方向に流れやすい心理状態になってしまいます。


そのうまみのありそうな方法とは、
無思考で憧れてお金を払ってしまう人に
支えられているわけです。


だから、その憧れる存在になるためには、
また自分も嘘で塗り固めるように
パソコン一台で世界一周できますよとうたい、
新たに憧れてくれる人を探す必要がある。


そうやって他の人からお金を集金する
システムが崩壊するのはいつの日かはわかりませんが、
必ず飽和状態が来るはずです。


それがネズミ講です。


私たち大人よりパソコンや携帯から
様々な情報を受け取る子どもたちには
いつか教えてあげる必要があることだと思うんです。


世の中、そんな甘い話はないよ。と。


結局は、自分を鍛え、
自分の価値を高め、
社会に対して有益な仕事をする人が
ずっと生き残れるんだと思います。


自分を鍛える。

人生の王道だと思います。

おすすめの記事