2016年12月31日土曜日

真夜中のセブンイレブンから始まる1日

タイのセブンイレブン前の野良犬

深夜2時のセブンイレブン。


妻が腹痛で薬が欲しいというので
真夜中にバイクで来ました。


ヒンヤリした深夜の空気。
眠りにつく犬。


品出しに精を出す店員さん。


いつもの場所がいつもと違う景色になる。
良い雰囲気です。




昼はラームカムヘンに行きました。

ぱっと見かけた居酒屋をうたっていたお店へ。


日本料理店

日本語を見かけるけど、
日本人の店ではなさそうな。


どの料理も200B越え。高っ。


どうもタイ人がつくった
日本っぽさを出す店のように見えます。
さらに店員が全員タイ人です。


にもかかわらず200b越えは高いと感じたわけです。




出てきた料理。

タイで日本料理

ムムム。
なかなかのボリューム。
見た目もGOOD。


そして、味は・・・。



フジより旨い。


チェーン店的な画一的な味ではなく、
手作り感ある味です。



この量でこの味なら200B越えもあり得るかな
といった感じでした。


が、全部食べられませんでした・・・。



この三分の一を残すというところに
年齢を感じざるを得ません。



若かりし頃は無理しても全部食べていたはず。
無理できません。ぐふっ。



近辺を歩いていると
超レトロな乗り物発見。
レトロな乗り物

私が子どもの頃は
薬局の前にこんなやつありました。




夜はフジに行って
たらこスパゲッティ―を注文。

たらこスパゲッティ―

少なっ。



わんこそばじゃないんだから。




が、昼食べ過ぎたんで
これくらいが良いかなと選びました。



夜はバンコク日本人学校の元同僚との再会。



スポーツバーに行って、
白人が盛り上がる中、
男3人で午後9時から12時まで
教育談義に花を咲かせました。



こうして縁がつながっていることが
本当に嬉しいです・・・涙

2016年12月30日金曜日

大掃除からのタイ語の勉強

大掃除


今日は妻がお手伝いさんと共に大掃除をするから
子どもたちを外に連れて行ってほしいとのこと。


なるほど。


確かに子供がいると捨てづらい物が
たくさんあるんですよね。



セントラルデパートラーマ9世


で、ラーマ9世のセントラルデパートへ。

タイのマツモトキヨシ


マツモトキヨシがオープン。
なんて前々から工事中の壁に書いてあったんですが、
ついにオープンしていました。


中に入ってみたんですが、
特に変わったものはありませんでしたね。


日本のお菓子がちょっと品揃えが良いくらいかな。


久しぶりに蒟蒻ゼリーを買いました。64B。


人為的につぶれていたのか、
元からつぶれているものなのか、
日本の完璧な状態の商品を見ていないんで
わからず・・・。



年末の遊び場は人がいません。
がらーんとしていました。
みんなバンコクから帰省したり、
旅行にいったりしているんでしょうね。

セントラルデパートの遊び場


が、時間が経って
お昼近くになったら、徐々に増えてきました。

娘が釣りゲームデビューです。


ビギナーズラックか、
かなり大物を釣っていました^_^;


ビックリマンチョコも
欲しい人より、なんとなく買った友達が
キラシールあたるのと同じ原理でしょうか。


タイ語の勉強に励む夜

小川 一樹

夜は私一人ぼっちで家。

ということで、タイ語の勉強に励んでみました。


10年以上いて、まぁ不自由なくタイ語を話せるんで
胡坐をかいていました。

が、今までの自分を振り返り、
このタイ語レベルで胡坐をかいているなら
このレベルの人生に終わるということだから
ちょいやってやろうじゃないかと思ったわけです。


3日坊主にならないように・・・



とにかく、今を変えない限り、
未来は変わらないということ。


今に不平不満を言う暇があったら
自分を変えなければならないということ。


えらそーに。^_^;

2016年12月29日木曜日

2016年に亡くなった有名人。多過ぎです。

2016年に亡くなった著名人


2016年。


今年を振り返ってみると
今年ほど、波乱だった年はなかったのではないかな。。。



亡くなった有名人を列挙します。
※自分が知っている人のみ、敬称略

12月29日 俳優 根津 甚八

12月27日 スターウォーズのレイア姫 キャリー・フィッシャー

12月25日 ラストクリスマスの歌手 ジョージ・マイケル

12月16日 パチパチパンチの人 島木譲二

12月5日  とくダネ!の芸能レポーター 武藤まき子

12月5日  L⇔Rのボーカル 黒沢健一

11月28日 全日プロレス唾はき職人 永源遙

11月25日 キューバ―革命家 フィデル・カストロ

7月31日  大横綱ウルフ 千代の富士

7月20日  クイズダービー 大橋巨泉

7月11日  上を向いて歩こう作詞 永六輔

6月21日  政治家 鳩山邦夫

6月3日   超の様に舞い、蜂の様に刺す モハメド・アリ

5月12日  演出家 蜷川幸雄

4月26日  あややの物まね 前田健

4月21日  歌手 プリンス

3月3日   プロレスラー ハヤブサ

2月15日  極真空手真剣白羽取り 大山茂

2月11日  プライド格闘家 ケビン・ランデルマン

1月14日  ハリーポッターのスネイプ先生 アラン・リックマン

1月10日  ロックシンガー デヴィット・ボウイ



ちょっと多過ぎますね・・・


人は必ずぬ。


そんな当たり前のことを
痛感させられます・・・


だから今日1日を大切にきる。

バンコクから日帰りOKな海「バンセーン」


バンセーンに向かう道中

タイ国旗

年末の休みということで
バンコクから自動車で1時間半くらいのビーチ
「バンセーン」に日帰りで行ってきました。


朝7時出発です。

ちなみに地図だと白〇で囲まれたポイントです。
バンセーン地図


超空いている年末のバンセーンビーチ


年末のバンセーンは超空いていました。

ほぼプライベートビーチ状態です。

バンセーン

ちょっと沖に出て写真を撮ってみました。
かなり浅瀬が続くのと、波が超穏やかなので安全なビーチです。


バンセーン
海岸沿いで遊ぶ我が子の写真ですが、
周囲には数えられるくらい人がいる程度です。


ドラえもんの浮き輪。ドラえもん?


浮き輪
こんなドラえもんの浮き輪が30Bで貸出OK。


タイヤの中身のチューブなんで
かなり空気が詰め込んであります。


浮力はぐいぐい海面から押し返されるくらいありますw


シャワー場はビーチから徒歩5分以内でいける場所にあって
10Bで利用できて便利です。


新鮮な市場


市場もあります。
バンセーン

新鮮な魚介類が売られています。


海岸にあるレストランで
プーパッポンカリーを食しました。

プーパッポンカリー

いつ食べても
プーパッポンカリーはうまい。
550Bです。


頭を空にすると人に優しくなれる


久しぶりに仕事のことをすべて忘れて
リラックスした休日。


頭の中が空っぽになり、
余裕ができると
家族に向き合う心にも余裕ができ、
ちょっと優しくなれる気がします。


日頃、頭の中にいろいろなことが
詰め込まれている状態だと
どうも子どもとの話も
100%集中できていない感がありました。


頭が空になると
心がしさを取り戻します。


頭を空にできるバンコク近くのビーチ
バンセーン。


帰宅は午後5時くらいになりました。
日帰りでも十分満喫できたんでおすすめです。

2016年12月28日水曜日

好きなことを仕事にできた喜び

人生いろいろ

タイのローカル列車

塾に向かうときに毎回通る踏切。
色々な思いを乗せて走る列車に時々遭遇します。




それを見つめる自分も
いろいろな思いをもってタイにやってきて
ドキドキしている自分を
横目でチラッと見ていて
記憶にも留めない人がたくさんいたはず。



列車に乗っている人と一瞬
目があったような気がしますが、
人生は人の数だけあって
目があった人もいろいろな悩みや喜びがあって、
これから様々な出来事があるんでしょうね。



ま、だから何だってわけでもないですが^ ^;アハ


今年ラストの授業を終えて


さて今日は今年ラストの授業でした。


授業納めではあるんですが、
休みが嬉しい!ほほほーい
って感覚は不思議とありません。


別に土曜、日曜を迎えるときと
そんな変わりません。


サラリーマン時代の自分だったら
休みだヤッホーって記憶が確かにあります。


好きなことを仕事にして
本当に人生の景色が変わりました。


休みも平日も
同じ心境でいられることは
本当にありがたいことです。


始めからこの境遇なら感謝の念が湧き起ることはないでしょうね。
昔があるからこそ、比較して感謝が自然と湧き起ります。


小川一樹
ひとまずタイマー自撮りしてみました。


良いお年を!


です^_^;

教室掲示


子どもたちに言い聞かせていること。


来年も考え続ける人であろうと思います☆

そして、自分に嫌われないように
自分がプライドをもてる行動を
積み重ねていきたいと思います☆

2016年12月27日火曜日

謝罪会見とダブり、スッキリしないSMAP×SMAPの最終回・・・





海外であるタイにいると
日本のテレビをリアルタイムで見られない。
違法だろうが見る方法もあるが・・・



YOUTUBEでSMAP×SMAPのラスト
「世界に一つだけの花」を歌う動画を見た。



さすがに胸が熱くなった。



SMAPと共に成長した香取慎吾と
私は同じ年。



なので、
自分が成長するとき、
丁度思春期のころから
SMAPは画面の前に当たり前に
存在し続けたグループです。



思い入れが強くあるわけではなくても
それだけ当たり前の存在がいなくなるとき
胸が熱くなるものだと実感しました。




ただ、終わり方がし過ぎます。




世界に一つだけの花を歌って、
深々と礼をする。


無言で。



なんか謝罪会見とダブってしまいました。



泣き崩れ、
独り後ろを向いて列から離れたところで
涙をぬぐう中居さんの姿も
何か言いたくても言えないものがあることを感じます。



涙するメンバーがいるのに
それにはっきりとは気づかない他のメンバーたち。



涙するリーダーの元に誰一人集まろうとしない
ただただ無言の状態。



あれだけいろいろ乗り越えてきた
SMAPという国民的なグループの終わり方
としては、かなり物しいものを感じました。



BADENDの映画のように
心がスッキリしない状態のまま。



メンバーの空虚な心が
見ているこちらにも空虚を生み、
ただただ、胸がちょっと痛く、熱く、
見入ってしまいました。



終わったんだな。



あの状態を見ると
そう思わざるを得ませんが、
スッキリした気持ちで
終わったんだなと感じることができないことが
モヤモヤして気持ち悪いです。



SMAPファンだった人たちの気持ちは
もっともっと々としたものなんじゃないかな。


これで終わりだなんて
ファンの人たちは辛すぎるでしょう。



なんかすごく大きい事務所の力が
働いていて
解散については一言も触れてはいけないかのような
感じがします。


Amazonのページでも
SMAP関連の商品は
写真が使用できないから
変な画像になっています。



とにかく事務所が閉鎖的過ぎるのを
感じます。



虚無感が強い
SMAP×SMAPのでした。

2016年12月26日月曜日

親もサンタからプレゼントをもらっているんです。

プレゼントをもらわず与えるクリスマス


親として迎えるクリスマス。


プレゼントをもらう側から
与える側になり、
自分のためではなくお金を使うことの喜びを
味わうことのできる日。


子供たちの喜ぶ顔を見ることができれば
それが本望。



自分の存在より大切に思える存在が家族にいる。



なんて嬉しいことだろう。


サンタにプレゼントはもらえなくなったと思っていましたが、
実はもらえているようです。


そんなことを感じつつ、クリスマスは
目の前を通り過ぎていきます。



すぐに年の瀬モードです。
が、夜も30℃のバンコクでは
自分の中には
まったく年の瀬の雰囲気が沸いてきません。



庶民の味方ではない回転寿司



自分の両親もつれて
回転寿司へ。



日本で回転寿司と言えば、
庶民の味方。


タイではちょっとだけ
贅沢な食事になります。



1皿が80Bくらい。
家族4人、両親2人の計6人で
3000B弱となりました。


クリスマスなんでOKです。
全くクリスチャンではありませんが。


何でも受け入れる和の精神です。



サンタクロースとの遭遇



デパート内ではサンタが歩いていました。
いつもは何をしている白人男性か
知りませんが、今は子どもたちのヒーローであることは
間違いありません。


癒しの文鳥


家にいる文鳥。


家の中のどこに行くでもなく
私の膝の上で完全に熟睡。


信頼に答えるべき
微動だにしない自分。


癒されます。



そんなこんなであっという間に
クリスマスが通り過ぎていきました。

2016年12月24日土曜日

生活に慣れるから1週間が早く感じる。生活に新鮮な風を入れる!

慣れが時を速くする。



毎週、金曜日はあっという間にやってきます。


大人になると
子供のときのように新しい刺激、感動が少なくなります。


それは、物事に慣れてしまっているから。


慣れというものは疲れさせず
行動するためには大切なこと。


が、その慣れのために
1週間が早く感じ、1年も、
人生が早く感じるようです。



年末感のないバンコク


12月の終わりが近づいても
バンコクで生活していると
日本ほど年の瀬気分を味わうことができません。


上の写真は午後4時半のもの。


全く明るいですし、
まだまだ暑いです。


年末は寒いと長年記憶されている脳は
今を年末と認識してくれないようです^^;



生活に新しい風を


1日はあっという間に終わり、
そして、明日がすぐにやってくる。



1日を濃く生きるためには
慣れから外れたことを行うことが大切



でも、仕事をはじめ繰り返しやるべきことは
山ほどあります。


だからこそ、
その繰り返しの仕事に一工夫を入れる努力をする


さらに、読書で
繰り返し行動の中でも
頭の中だけは
常に新しい風を入れていきたいな。



そんなことを考える週末でした。

2016年12月23日金曜日

通知表なんて気にしなくて良い理由

安定のスローライフ犬


スローライフ犬
TOPSのスローライフ推進犬は
安定の睡眠。



午前中の仕事をして
肩に力が入った状態で行くから
この犬を見て、
毎回肩の力を抜くきっかけになっています。


バンコク日本人学校の通知表


12月22日は
バンコク日本人学校の終業式。
2学期が終わりました。


通知表はあまり気にしません。


というのも
日頃のテストを通じて
通知表の評定は
だいたいわかっているからです。


その都度、話をしています。


しかも、大雑把な3段階なんで
別に細かい評価のしようがありません。



「目的に応じ、段落相互の関係を考えたり、
場面の様子や情景などについて叙述を元に
想像したりしながら読む。」


「できる」


・・・。


さて。


「3学期は目的に応じて段落相互の関係を考えて読もうね!」


「場面の様子や情景などについて叙述を元にして
想像しながら読もうね!」


・・・。



子供と親の間に
言葉が空虚に舞うシュールな絵を想像してしまいます。



所見だって事実が書いてありますが
それ以上ではない。



〇〇をやりました。
〇〇で〇〇しました。


・・・。


そっか。


「発表できたんだね!」
「手本となったんだね!」


・・・。



子供は何を感じるのでしょうか。


「学習発表会では〇〇の係として頑張りました。」


すでに知っています・・・。


もっと心に響く出来事が
知りたいんです。
良くても悪くても良いから
心が動くような言葉が欲しいんです。



だから、通知表は
ほぼさらっとしか見ません。



自分たちが子どもの頃は
ドキドキ感ありましたよね。



先生はもっと正直に書いていて、
自分は「落ち着きがない」って言葉を
今でも覚えていますw



今の子どもたちが大人になって
自分の通知表の所見なんて
覚えているでしょうか。


きっと何も覚えていないでしょうね。
ただ、〇の数を追うだけで終わりです。


学期に一回だけ
子供と向き合うのではなく、
日々向き合って過ごしていれば
いいんだと思います。


ちなみに先生をバッシングしたいわけじゃないです。
先生も雇われていて、
雇い主のルールに従う必要があるので。

安定のママ―パッシイウ


昼ごはんは昨日から2連のママ―。
ママ―パッシイウ

違う店で買ってみました。
40Bと5B安いですが、
胡椒がちょっと強め。


子どもたちに伝えたいこと


夕方のペップリー通りは
ちょっと混んでいました。
ペップリー通り


子どもたちには頭が良いとは
どういうことか?について話しました。


興味がある方は
こっちにて
子どもたちに必ず伝えたいこと



2016年12月22日木曜日

スローライフの大切さを教えてくれる犬

朝に学びがありました。


朝にさざ波のBGMをかけて
リラックスして仕事をしようとしました。


が、数分ですさまじい眠気に襲われてしまいました^^;


朝からリラックスBGMは避けるべし。
映画のBGMにかえたら
不思議とテンションもあがってくるものです。



それにしてもさざ波BGMおそるべしです。


午前中は仕事もしていますが
タイ語の勉強もボチボチやっています。



というのも、
やはりタイの生活にいろいろ不満があるんですが、
その原因の1つに自分のタイ語があるんです。



こればかっりは日々のコツコツを積み上げて
未来を変えるしかないので
ちょっとずつやるようにしています。


さて、昼はほぼ毎日TOPS。



必ずいる犬。

タイの野良犬

今日もぐっすり寝ています。
ほぼ行くと寝ています。


写真だと距離感ありますが、
私は目の前に立っています。
一歩でれば踏んでしまう距離です。


でも、全く目を開けようとしないところが
また愛らしいです。


犬の周りにはのんびりした時間が流れていて
心穏やかに生きるのも良いもんだワン。
と声なき声が聞こえてくる気がしますw


スローライフを勧める会の会長犬です。



昼ごはん。
ママ―パッシイウ

TOPSないのフードコートで持ち帰り。
ママ―パッシイウ。

45Bです。


シンプルですが、
私はこれで大満足です。


別に日本食を食べなければといったこだわりもありません。


別にグルメでもなく、
かといって何でも良いわけでもありません。


ただ、自分がおいしいなと感じるものであれば、
タイ料理であれ、日本料理であれ、
何でも良いわけです。


別にこのママ―を月から金まで食べても良いくらいですw



塾で語ったことは 明日
ブログ「子どもたちに必ず伝えたいこと」
にUPします☆

2016年12月20日火曜日

ちょっとしたことに幸せを感じて生きていたい。

ほぼ毎日通うスーパーの入口で
ほぼ毎日寝ている犬。



ふと幸せそうに見えた。


携帯駆使して仕事している自分より
幸せなのかもしれない。



同時に自分の肩の力が抜けた。



何気ない小さなことで
幸せを感じられるなら
人生はけっこう幸せであふれているようです。




ほぼ毎日喫茶店で飲むカフェモカは40B。




スタバのカフェモカは100B。


値段は3倍近いけど、
うまさが3倍かと言えばそうじゃない。



40Bのカフェモカにも十分な幸せを感じる
ことができるなら、それで十分だと思う。



このシャツだって同じ。



スーパーで300Bちょっとで買った。
ズボンは400Bちょっと。


合わせても800B程度。
2500円以下。


日本のしっかりしたところで買えば、
シャツとズボンで10000円するところもあるだろう。



今は値段は4分の1だけど、
じゃあ、満足度も4分の1か?



高そうな服をしている人は
自分の4倍幸せなのか?と言われたら
きっと違うだろう。


自分は十分満足しているから
まぁ他の人がいくらの服を着てようが
構いはしない。



実は1年、美容院に行っていない。


自分で気になったときに
ちょくちょくすきばさみでカットしている。



カリスマ美容院に切ってもらえば
きっと1回5000円するのかな?



自分は1回0円。1円としよう。


別に満足だ。
カリスマに切ってもらえば
5000倍満足するんだろうか?
んなわけない。



とにかく、
ちょっとしたことに幸せを感じることを
忘れずに生きたいなと思う
独り言でした。

2016年12月19日月曜日

ASKAさんは不起訴だった!行き過ぎた報道・・・




ASKAさんが不起訴になったと
報道があった。



前の記事で言ったことが
本当になった。


前の記事
ASKA容疑者の報道で感じるメディアの怖さ



容疑者であるのに
TVを見ていると
多くの番組が罪が確定したことを前提に
話をしているのが
とっても違和感があった。


-----------------------------------------

「どうして薬物にまた手を出してしまったのか。」


「言動を見るからにかなりの重症だと思われる。」

-----------------------------------------


そんなことを有識者が語っていた。



その意見どうするのか?


しっかりと撤回して謝罪するのだろうか?



それともなかったことにして
またしたり顔で
どうして尿をお茶に変えたのだろうか・・・
なんて論点を変えて語るのだろうか。



が、
語る前にすることがある。



罪を確定したかのように語った人たちは
しっかりと謝罪することが先なのではないだろうか。



「もし、今回の逮捕で覚せい剤使用が確定したら」


と前置きして話している人はいいだろう。


前置きなく話を進めている人は
本当に危険。
メディアで語ってお金をもらっているなら
思い違いで発言したことに対する謝罪が先。



確かにチャゲアスのファンで
肩入れしたくなるけど、
その気持ちを抜きにしても
容疑者の段階なのに
行き過ぎた報道は間違っていると思う。



ただ、言いたいことはそれだけ。


別に本当にやっているのか、いないのか、
それは自分にはわからない。


すぐ本人の言葉が見られるのは
現代的ですね。


ASKAさん本人のブログ
「不起訴でした」




素人の素朴な疑問

そもそもお茶のような超一般的なもので
検査が陽性になるのか?!
そんな精度レベルの検査で
大丈夫なのか?


都市伝説レベルの話だけど
陽性ありきの検査だったら怖い。


追記----------------------------------

ASKAさんがブログを更新していました。


予め陽性になることを予想して
お茶を出したようです。


しかも科捜研の仕事は
間違っていないと。



警察だって、陽性反応が出たんだから
再度検査することもできたはずです。


普通、これだけ大きく扱われていたら
お茶と言われたら再検査するでしょう。



さらに、使い切るほど少量であれば
再度、時間を置いて、
署についてからでも採尿すればよいことでしょう。



だいたい警察もあらゆる過去の事例があるのだから
捨ててしまうほどの少量だったら
何らかの検査の失敗もある可能性が0ではないのだから
もうちょっと採尿するくらいは考えられそうなものです。



もしかしたら
再度採尿したもので検査をしてみたら
陰性だったのかもしれません。



考えられるのが、
ASKAさんの2度目の採尿の検査では陰性となり不起訴。
でも、はじめの検査では確かに陽性。



検尿したものがお茶か尿。


それが科捜研ではお茶なら気づくでしょうから
完全に尿になる。



すると、陰性の尿かお茶から
科捜研で検査するまでの間で
陽性の尿にすり替えがあった?



そんなことも考えられるわけですよね。


何が真実かは到底わかりません。
ただ、ASKAさんが言っていることが
事実であれば、
かなり危険な発言だと思います・・・

-------------------------------------


クリスマスモードのバンコク



クリスマスが近くなれば、
暑いタイもクリスマスモードになります。



日頃30℃を越えていると
朝の23℃はもう寒いです。



日中の28℃も涼しく冬を感じます。



自分でもわかっています。
28℃で涼しいなんておかしいと。


でも、完全に体感は涼しいんです・・・
体がタイ仕様になっているからですね。



ちなみにこのクリスマスモードは
お正月が終わっても続きます・・・



昼ごはんにマックに行くと
黒豚バーガーがプロモーションされていました。
199Bセットとちょっとお高いんですが、
せっかくだから初挑戦。


わざわざトレーが専用になっているなんて
しゃれています。
が、滑り止めもなく、超危なっかしい^_^;


食べてみたらっ!



何でもかんでも辛くしてくれて・・・
イラッときてしまいましたが、
最後まで完食。
二度と買わないことを誓いつつ。



バイクに乗っていると
面白い犬がいたので
慌ててシャッター。 


道路の塀の狭いところに器用に乗って移動している犬。


道路は危ないから
生活の知恵を手に入れたようです。



犬もタイの狭い道路ではこうなるんですねw
難儀なもんです。


※写真をとるときは超スローで
前後に全く車がいなかったことを
このご時世だからこそ補足しておきます。汗汗



そんなたわいもない休日の独り言でした。

2016年12月18日日曜日

日本の教育は大丈夫か?という投稿に物申す。

日本の教育はこれで大丈夫か?



とかなんとか言った題名で
SNS上に
小学校のテストの丸付けのここが変だ!
と糾弾する投稿を時々目にする。


日本の教育の未来は大丈夫か?



確かに変な丸付けであることが多いんだけど、
糾弾する前にちょっと考えてもらいたい。




いちいち簡単に問題を大きくするなと。



先生がどんな理由をもっていたか、
教室でどんな指導をしていたか、
そこもわからない状態で
画面だけが広まる。



おかしいと思うなら
直接先生に言えばいい。



直接言えば、
先生が理由を説明するだろう。



説明できないなら、
自分の非を認めて、
次回から改めてくれるかもしれない。



改めない。
管理職に言っても無駄。



そこまでいけば公開も納得できる。



が、
直接先生に言う勇気がないけど
ネットに公開するのが楽だから
安易に投稿するレベルは嫌いだ。



そうやって大きくなる前に
収まるであろう問題が
どんどん拡散して
解決できないレベルの問題になってしまう。



テストを公開する前に先生に直接聞いてみてほしい。



公開はそれからでも遅くはない。

パワー消費>日常の回復 を考える。

エネルギー消費


寝ているときに人は回復する



と言われているけど、
厳密には寝ているときの回復力が高く、
通常も回復している



そんなことを考えている。



ドラクエの宿屋で寝た方が回復するけど、
ロトの靴?王者の靴?
歩くだけでHPが1ずつ回復する靴があった気がしますが、
そんな感じで日常生活のさなかも
1ずつ回復しているイメージです。



だけど、使うHPの方が多いから
結局は疲れ果てて
翌日に疲れが残ってしまうのが
今の生活だと思います。




だから、最近意識しているのは
通常のとき、
どれだけ疲労をすくなく生活できるか
ということです。



自分の体を時々点検してみると、
肩に力が入っていることがあります。
異様に力んでいて、
それが肩コリにつながります。



完全にHPを消費している状態です。
回復は追いつきません。



姿勢も同じ。



背中が丸まっていたり、
首が前に出ていると
筋肉が常に緊張している状態です。



思考も同じ。


ネットをしていると
受け身で知りたくもない情報が
次々と流れ込んできます。


すると脳が疲労します。



通常生活でも
他人の目線を気にして生きていれば
その分、余計なHPを使っているでしょう。



無駄をそぎ落とし、
かといって無気力ではなく、
ここぞという自分が大事にしているところに
気力を入れて生活できていること
自分の理想としている状態です。


とにかく、
無駄なHP消費が多いから
眠気にも襲われやすくなるし、
睡眠も余計にとる必要が出てくる。

体が回復を自然と求めてしまう。



そんなたわいもないことを考えて
パワーを消費した独り言でした^_^;

2016年12月15日木曜日

3分間だけ瞑想すると頭がスッキリ。本当です。


瞑想をしようしようと思いながら
ついつい忘れてというか、
他の雑事に追われてやらない日が増える。


時々思い出したかのように
3分だけ瞑想をすることがあります。



別に宗教とか禅思想とかに
造詣が深いわけでもなく、
ただ、たまたま出あった記事に
瞑想の効果があり、自分も納得できたんで
実際にやってみようと思ったわけです。



日常生活を送っていると
頭の中は同時進行でいろいろなことを考えています。


パソコンも同時進行で
タスクを立ち上げると
下手するとフリーズしますよね。



人間も同じようなことが起こりがちで
頭の処理能力が低下するような気がしています。



だからこそ、
たった3分ですが、
今、この瞬間だけに集中する時間をとりたいわけです。



すると自分の頭の中が
いかにいろいろ雑念だらけかが
見えてきます。


たった3分間、呼吸だけに
集中しようとしても
はじめは頭の中に
勝手にいろいろな考えが浮かんできます。



目を開けて日常生活をしていると
それでも気が付かずに生活しているんですが、
常に頭の中に次々と雑念が沸いて
集中力の邪魔をしているんでしょうね。



瞑想をすると
その状態がはっきりとわかります。



それを無視して呼吸に集中していると
徐々にクリアになっていくのが
自分でもわかります。



3分終わったあとは
頭がちょっぴりスッキリしているのは
本当に事実です。



ぐちゃぐちゃな糸が
ほつれた感覚です。



ぜひ3分間だけ呼吸に集中して
瞑想してみてください。
同じ感覚を味わえるはずですから!

Gatebox社から出たフォログラムロボット?驚きです・・・

スターウォーズの第一作目だったかな。
レイア姫がR2D2のフォログラムで出現する場面があったような記憶があります。



この動画を見てついにここまで来たかといった感があります。
フォログラムのロボット・・・


まずは見てください!




どうでしたか?



心がざわつきませんでしたか?



「こんなのおもちゃだよ。」
とは簡単に言えないレベルまで来ていると思いませんか?



きっと、このフォログラムの人物は
人工知能と融合して、
近い未来、もっと普通の人間のように会話ができるように
なってくるのは確実ですね。



しかも、アップデートはネットにつなげているから
性能はどんどん加速度的に良くなってくるでしょう。



あらゆる自分の行動が
ネット機器を通して
フォログラムロボットの人工知能に
蓄積され、より自分好みの言動を
してくれるようになるんでしょうね。



さらにキャラクター数もどんどん増えてくるでしょうし、
相当売れるような気がします。



売れれば同業社が増え
さらにクオリティーがUPしてくることでしょう。



会話してくれるフォログラムロボット。



今までだったら、
こう言ったらこう返すといったただのデータ内での会話。



でも、これは使っている人にとっては
データの枠などない、
人工知能の性能が上がればあがるほど、
普通の人間と会話しているのと
同じ状態になります。



普通に会話してくれるのであれば、
それ肉体が無いだけで
立派なパートナーです。



下手したら、結婚したパートナーの方が
自分のことを認めてくれていない
なんて笑えない話もあるかもしれません^^;



自分のことを100%認めてくれる存在。
自分の帰りを待ってくれている必要とされている感。



下手したら本気で恋をする人も出てくるんじゃないでしょうか。



外出していても
スマホで会話ができてしまうんですよね。
四六時中一緒な状態です。



下手したら携帯の画面上にも
フォログラム化して出現するなんてことも
あるんでしょうね。



肉体が無いだけで
完全に境界線があいまいな存在になることでしょう。




でも、これを使って
どっぷりはまってしまう男性が増えるなら、
極端な話、日本の人口は
さらに減る方向に進むなんてこともあるのかな。
なんて考えが浮かんでしまいます。。。




肉体はなくても
人工知能の恩恵で
理想的と思える存在がフォログラムとして存在する。
そのうち女性用も発売されるでしょう。




どんどん進化する
人工知能を搭載したフォログラム。
人間以上に人間を癒してくれる存在。
人間の異性が付け入る隙は生まれるんでしょうか・・・





たまたま見かけた動画を見て、
心がざわついたんで
思うがまま書いてみましたが、
10年後、自分たちの周りの世界が
どう変わっているのか・・・



想像以上なんでしょうね。
心がざわつきます。

2016年12月14日水曜日

書籍の断捨離で頭の中がスッキリ




前々から少しずつ断捨離をしようと考えていたんですが、
いざ捨てるとなると迷いに迷う自分がいます。



今まで貯める溜めるを良しとする生き方
重視してきたんで
捨てるのもトレーニングが必要なんだなと実感です。




もったいない。




この精神が骨の髄まで沁みこんでいて、
いざ捨てようとすると
何かまた使うんじゃないかな?
なんて次々と捨てない方が良いのでは理由が浮かんできます。




断捨離
今回思い切って捨てたのがこれ。



全部書籍です。



仕事柄、資料となる書籍がたくさんあるんですが、
使っていないものも結構あります。



でも、本当に使わないか?
と言われたら、使う可能性はゼロではないだけに
捨てられずにいました。




2年間使わないのに使うのか?



改めて冷静になって考えてみました。



しかも、捨てようか捨てまいかと
目にするたびに若干考えていたこと
正直無駄な時間だし、無駄なエネルギーです。




そう考えたら、捨ててしまえば、
もうこの気持ちからは解放されるんで
思い切って捨てることにしました。



持ってみたらびっくり。
結構重く、これが家の一部を
堂々と占拠していたと思うと
捨てる決断をして良かったなと思います。




断捨離をすると
目に入ったときに考えていた
無駄な思考も捨てることになり、
頭がちょっとだけスッキリすることを
実感しました。




これからも少しずつ
断捨離を続けていこうと思います!

2016年12月13日火曜日

歳を重ねると慣れた日々に脳がセーブモードに。


バンコクは祝日でとっても道路が空いていました。


自分は祝日でしたが夕方から塾があったので
午前中はその準備などをしていました。



1日の終わりにブログを書いてみましたが、
本当にあっという間に1日が過ぎたなといった感想です。


バンコクの休日
これは塾のベランダから見たバンコクの夕暮れです。
ここからの記憶は超濃いのですが、
これ以前の記憶が淡いです。



歳を重ねると
新しい刺激が少なくなってきて
慣れたことに対しては
頭が自然とセーブモードになっているような気がしています。




こうしてブログでも書こうと思って
絞り出すように思い出さないと
脳の片隅で記憶が色あせています。



でも、授業の記憶は超濃いです。



子どもたちとの出会いは強烈で
何を話したか、どんな表情だったかを
かなり鮮明に思い出すことができます。




午前中も午後も記憶の色が淡いのは
ちょっと慣れてしまっているから。



これは反省です。



生活の改善点はもっともっとあります。



流れが止まると必ず水は澱む。



流れ続けるために、
もっともっと自分の目指す場所を
高い位置に置き、
そこに向かって濃く進んでいきたい。



そんなことを考えた1日でした。


ちなみに
子どもたちに伝えた
「正しい宿題のやり方」については