2015年9月30日水曜日

伸びる子と伸びない子の違いとは

午前中のバンコク


朝のバンコク

昨日のバンコクも晴れ渡り、
気持ちの良い1日のスタートでした。



午前中は授業の準備などをして
母親をTOPSに連れていき、
そこの喫茶店で読書。

現在は英語の学習法の本を読んでいます。

英語を勉強しないで
学習法の本を読んでいるところが味噌です。
まさに陸で泳ぎ方を学ぶかのごとし。


日本人学校授業参観

バンコク日本人学校


午後は息子が通うバンコク日本人学校の授業参観。


グループごとの発表会という授業。
自分の息子の発表の3~5分以外は
どうしても集中力が途切れてしまいます。


なので、私が担任だったころは
発表会形式の参観授業はやらなかった気がします。
日頃の授業を見てほしいと思っていたことと
学年での発表形式の参観が1回はあるからです。


学校でどのように学んでいるのか。
年に3回しかないだけに
そのいつも通りが見られなかったのはちょっぴり残念です。



セブンイレブン前

バンコクの屋台


参観の帰りにセブンイレブン前に焼き鳥屋台。
かなり誘惑にかられましたが、
とりあえず、空腹ではないので我慢して写真だけ。


学生のころと比べると極端に運動はしていないので
やはり入るカロリーを制限しないとまずい
とはうっすら感じていて、
それが食への自制心となっています。
そこまでストイックではありませんが。



微糖のお茶がにくい

夕方から授業。




教室についたら
まずはこのセブンで買った麦茶をぐいっと飲むのですが、
久しぶりにやってしまいました。

その場でがっくりと膝をつきたい衝撃です。


写真の英文字に「LESS」って書いてありますよね。
いつもは「NO」を買っているんです。
ちょっと急いでいて、
「LESS」の隣には「NO」が置いてあるセブンだったので
確認を怠って隣の列のをささっと取ってしまいました。


いつもの味を期待して飲んだだけに
ほんのりした甘さにがっかり。
やってしまいました・・・

教室で1人、欧米か!?
というようなリアクションをしてしまいました。


授業で思うこと


授業では、
提出された子どもたちの宿題を見ていると
わからないところを
直している子、そのままにしている子と
別れていました。


わからないことを
そのままにしないというのは
何回も繰り返し指導しているポイントですが、
なかなか定着には時間がかかるものです。



ささっとやって
すぐにわからないと判断して
空欄で提出する。


それでは、解説を聞いていても
自分がどこまでわかっていて
どこからがわからないのかが明確ではないので
聞き方もアクセントが無い間延びした聞き方に
なってしまいます。



伸びる子と伸びない子の違い
素直さ、真面目さが与える影響は大きいと感じます。


間違うことを怖いという気持ちより
わからないところを知りたいという
純粋な好奇心が勝つ状態がよいと思います。



そのためには間違うことは
恥ずかしいことではないんだよ
ということを
小学校生活を通じて
身体にしみこませてあげる必要があります。


4年から中1までTJは教育をします。


この4年間で
間違いを真正面から受け止めて
成長していける強い心を養ってもらいたい
と考えながら指導をしています。



明日も良い1日であることを願いつつ。
明日は絶対「NO」と書いてあるお茶を買うという決意と共に。


2015年9月29日火曜日

やらないのか、やれないのかで成長するか否かが決まる


朝のバンコク

昨日のバンコクは早朝から雨。
が、息子が学校に行くギリギリでやんでくれました。
自然に感謝(・c_,・人)
雨上がりのバンコク


スタバで修行

午前中はスタバに行って読書。
人を導く仕事だからこそ、
自分を成長させるために強制的に読書をする
環境をつくるようにしています。

これが子どもたちに還元します。
いや、させる意識で読んでいます。




チャーンイッサラ2

スタバから見上げるチャーンイッサラ2です。
バンコク日本人学校の運動会バスの発着地点。


死をみつめる

最近、芸能人の悲報が続きます。
料理の鉄人の岸さん。「おいしゅうございます。」
お笑いマンガ道場の川島なお美さん。
「ダン吉、なお美の何とかコーナー・・・!」
記憶が薄くて何コーナーか忘れてしまいました。。。


どうも死が遠いことではなく
自分の身近にあるんだ
とっても実感しています。



限りある命を大切に大切に
でも大胆に生きていこうと思う。


家族、TJブリッジに注いでいくことが
自分の命の使い方だと感じる今日この頃です。



塾へ向けて

午後も雨は持ちこたえて塾へ。

トンローを走る屋台
この様な屋台が走っているのが
バンコクらしいですよね。

トンローのJアベニュー前です。

トンローのJアベニュー前は毎回往復するので
通算何回通ったか。


塾で語ったことです。



わが家の癒しの文鳥


家に帰り、文鳥の頭をなでると
アングリーバードの様に真ん丸になります。

手乗り文鳥

見ていると癒されて
心がリセットされる感があります。

文鳥


昔、YOUTUBEのUP実験で撮った
わが家の手乗り文鳥の動画です!

かわいいですよね♪
ちなみにチャトチャックで200B程度でしたが、
わが家の文鳥の価格はプライスレスです。


手乗り文鳥の餌などについてはこちらを



2015年9月28日月曜日

レゴクラシックを買うの巻

晴天スクンビットソイ33/1


日曜のバンコクも晴天。
気持ちも晴れやかです☆
スクンビットソイ33/1

午前中は息子の空手送迎で
スクンビットソイ33/1にある桜道場まで。


空の雲から一筋の線が立ち上るように
出ていて珍しいのでシャッターをきりました。


こうして会話を楽しみながら
毎週息子の送迎ができるのも
あと何年でしょうか。
思春期を迎えたら嫌がるのかな・・・


嫌がられない父子関係を築いていきたいものです。



格差の昼飯


そのままソイ33/1のフジスーパーで息子の昼ごはん。
100B程度の日本のおにぎりセット。


では父は?
家の近くの屋台でクイッティアオ大盛り40B。

クイッティアオ


息子より価格は安くても
味では負けていません。

ご飯は値段ではない。
真心なんです。

この屋台のおじいさん。
毎回長蛇の列。


わざわざ麺をほぐしてくれ、
タレに味をからめてくれたり、
肉は煮過ぎないように
小分けにしたりと
細かい作業には
40B以上の真心が込められているんです。


そう思うだけでうまいんです。



レゴ遊びリターンズ


家に帰ったら、息子のリクエストで
レゴ遊び。
昨日の日記に書きましたが、(⇒昨日の日記


私が小学校の頃に遊んでいた自由な基地づくりに
ハマったようです。


昨日よりパワーアップして3階部分もできました。
テレビゲームにはまるよりはかなり良いと思います!



レゴを買いにセントラルデパートへ


ということで午後はレゴを買いにいくことに決定。
今まではCITYなどの企画物を買っていましたが
今回は自由に使えるクラシックを買いにセントラルデパートへ。

セントラルデパート



それにしても2000Bは高い!
が、30%割引で1400Bに。
得した気分ですが高い買い物。
これから長く遊んでくれたら安いものです。



タイでも人気ナルト展


デパートのオープンスペースで
ナルト展がやっていました。
バンコクでナルト展



タイでもナルトは大人気。
コスプレをしている人もたくさん。

バンコクのナルト展
日本が世界に誇る「アニメ」文化。
日本人は本来想像力ある国民なんだと思います。
でも、様々な教育を通して想像力よりも
命令に忠実に従う力
他人の目を気にし過ぎてしまう気持ち
勝ってしまうような気もします。


個性ある人々が
もっと活躍できる未来なら
日本の未来も明るい気がしました。


宿題から見えるレディーファースト精神


夜息子が宿題をやっていると一言。


「なんか女子より男子の方が辛いことが多くて
 ズルい気がするし、かわいそうな気がする。」




何かと思えば漢字ドリルの挿絵を見て
そう感じていたそうです。


漢字ドリル漢字ドリル


子供なりにいろいろと考えているんですねw


月曜からまた1週間がスタート!


子どもたちの成長に負けず、
気合入れて頑張ります☆



2015年9月27日日曜日

エカマイゲートウェイのTENJOというレストランでの不快感など


衝撃的な目覚め

金曜の夜に夜中の3時半くらいまで
ゆったりと翌日の準備。


土曜は朝から中1の授業があっても
なんだかサラリーマン時代からの
花金の感覚が体に染み込んでいるようです。


土曜日は授業から逆算して、
ギリギリまで寝ていようという
魂胆もあり、夜中まで準備をしていました。


が、眠りについていると、
爆弾が降ってきたかの衝撃が腹部に!


7時から娘の洗礼でした。


私より早く起きた娘が、
急にお腹の上に急に乗ったわけです。
完全に何が起こったか一瞬わかりませんでした。


衝撃的な目覚めで、かなり心臓に悪いです。。。

娘から見たら、私が夜中まで起きてようが
そんなの関係ないですよね。


一応、寝ている人のお腹に乗ったら
絶対ダメだよとは教えておきました(;へ:)



心がすっきりする晴天


土曜も晴天。
朝から本当に気持ちが良いです。
エカマイの陸橋

真っ青な空。
少ない交通量。
ワットパーシー近く


空の青さに比例して、
心も晴れやかになる。

人間は自然と共に生きている!
と実感する瞬間です。
トンロー通り

トンロー通りも土曜はスッキリです。

中1の授業


塾では中1の授業。

偏差値がコンスタントに60を超える。
そのためにはどうしたらよいか。
シンプルな法則を教えてあげました。


さらに
今を変えることのみが未来を変える唯一の手段
だということも
中1だからこそ
じっくり対話するように伝えました。

くわしくは子育てブログにて


間違えた問題をそのままにしない
というシンプルなこと。


間違えに正直に向き合うということ。


間違えることが悪い、
自分の価値を下げることだと思い込んでいる子にとっては
間違えることはアイデンティティーが揺らぐほどの衝撃です。


アイデンティティーを守るために、
間違いを隠そう隠そうと行動してしまうもの。


例えば歴史の問題を解くとなれば、
ギリギリまで教科書を見続けてから解く。


それで〇が多くても、
ギリギリまで見ていたから解けただけ。
それが自分の実力だと思い込んでしまえば、
結局本番のテストでこけてしまいます。


できない自分と向き合う。


このことから目をそむけずに頑張ってほしいです。


息子とレゴ遊び


授業が終わって家に帰ってからは
息子とレゴで遊びました。


レゴ遊び


なんの計画もなく作りはじめ、
徐々にお互い話し合いながら
巨人から守る基地を作ろうということに。


少しずつ巨人を倒すシュミレーションをしながら
適当に拡張しながら大きな基地が完成。


最期は息子が巨人となって完全破壊で終了。


LEGOは説明書にあるような形に作ることも
とっても楽しいんですが
こうして自由にイメージを膨らませてつくるのが
もっと楽しいと思います。


昔、自分が小学校時代にしていた遊び方です。


最近、タイでもブロック遊びの教室やパズル教室なんて
出てきたようです。


そんなことに月数千B以上使うんだったら
毎月レゴを買ってあげて
一緒に自由に遊んであげるだけで
十分に創造力や空間認識力は
高まることでしょうね。


エカマイゲートウェイへ

エカマイゲートウェイ


夕方はエカマイゲートウェイに行きました。
両親に日本料理を食べさせてあげようと
TENJOというビュッフェスタイルの日本料理屋へ。
1人790Bと自分にとっては高めの価格。


が、うなぎ、ほたて、焼き肉など
かなり充実していました。

日本料理店


内容は良かったんですが、
790B以上の満足感は個人的にはなかったかな。


しかも、店員が間違えて料理をもってくるんです。
面倒なのでそのままもらいましたが、
食べることができず。


残すとビュッフェがゆえの
100Bの罰則金を請求されました。
いやいや、そっちが間違えて持ってきたんだよ
と少しやりとりすると0Bに。


こういうところで100Bとろうとする
客を大切にしないサービスを前に、
次回から行こうという気持ちがかなりげんなり。


目先の利益だけを追求すると、
商売はどうなるのか。
その結果を見た気がしました。


命の繋がり


帰りは母親が息子娘にガチャガチャのプレゼント。
孫をかわいがる母


孫に喜んでもらって幸せそう。


私は両親にプレゼント。
両親は孫にプレゼント。


プレゼントの連鎖が
家族の命の連鎖のようでした。




2015年9月26日土曜日

プロの教師であること。死が身近にあること。


今日は朝から車とバイクの接触事故に遭遇。
車とバイクの接触事故

道の曲がり角で停まって話し合っているから
大渋滞発生。


日本なら現場を確認したら
速やかに移動してから話し合いするなり
保険屋、警察を呼ぶんでしょうが、かなりのんびり。


南国特有の穏やかな気質ということでしょうかね。
いずれにせよ、ちょっと動かせるほどの
余裕のない道幅。


バンコクの晴天

晴天の日は気分も晴れやかになります。
自然と人間は一体なんだな
なんて思いながらも
自然に左右されず、いつも穏やかな気分でもいられるためには
まだまだ自分の心には伸びしろがある(本田選手風)と思いましたw

バンコクの晴天

金曜は4年生の授業と中1の授業のダブルヘッダー。
疲れも若干たまっているので
週末のお決まりのリポDです。

タイのリポビタンD


あまりこの様なものに頼りたくはないんですが、
私が疲れていようがいまいが
子どもたちには関係ないこと。


子どもたちの前では
毎回完全100%の姿でいたい。
それがプロの教師である最低限のことだと思っているからです。


子どもたちとの関係もかなり密になりました。

塾に来るとすぐに私のところに来て
学校で何があったかをいろいろと話してくれます。


こうして学校以外のところに
自分たちの居場所があり、
相談できる人間がいることは
きっとプラスになってくれているんだと思います。


それが私の遣り甲斐にもつながるので
嬉しいものです。


子どもたちには他の学年にも話をしましたが、
今の自分が未来を創るということを
4年生には4年生にわかるよう噛み砕き、
中1には本格的に対話をしました。


自分だけのオリジナルの人生を
しっかり歩んでほしいと思っています。


全く話は変わりますが、
川島なお美さんが死去されたとのこと。


お笑いマンガ道場という確か日テレの番組の
ころから拝見していた方だったので
すごく死を身近に感じました。


最近、全盛期を知っている芸能人の方が
次々と亡くなられている感があります。


自分にとって死というのは
思った以上に身近にあるものだと
改めて感じています。


だからこそ、今を本気で生きていこうと
心を新たにしました。



2015年9月25日金曜日

自分で決めたレールの上を輝いて、全力で生きていく

昨日のバンコクは曇り空のスタートでした。
曇り空のバンコク

曇り空は心もどんよりさせます。
人は自然と一体だと勝手に実感。


朝は日本から送られてきた珈琲を
スタバカップに入れ、
リーズナブルにスタバを味わっていました。

自宅でスタバ気分

スタバは店の雰囲気が価格に入っていますよね。
スタバテイクアウトなんて
店内にいないのに店内価格ってのが損した気分なんで
一回もしたことはありません。


午後はTJのバッジが出来上がったので
受け取りに行きました。


地下鉄への通路を通って大通りを渡るのですが
毎回目にするのが荷物チェック。
係員はカバンにライトを当てるのが仕事か?
というくらいほぼ見てませんが、
チェックすること自体に意味があるのでしょう^^;

バンコクの地下鉄


日本では昔サリン事件もありましたし、
オリンピックを誘致した国は
ここ数年確実にテロの被害を受けているらしいので
日本も導入した方がいいでしょうね。


ちなみに地下鉄にはこんなものを
持って入ってはいけません!
地下鉄持ち込み禁止物

ドリアンってところがタイらしいです。

バッジを受け取ったついでに
ミスドで読書。
日本と比べると若干カラフル。
タイのミスド

できたバッジはこれ。

TJブリッジバッジ

前作よりはかっこよくなったと思います。


そして、日本人学校から息子帰宅。
バストラブルはなかった模様。


子どもの問題にすぐに親が介入すべきではない
ということを再確認。


そのまま息子の空手送迎でソイ33/1へ。

スクンビットソイ33/1

塾では3名の5年生の子どもが風邪で欠席。
日本人学校では学級閉鎖も出ているクラスがあるようです。


インフルは空気感染ではなく
唾液の飛沫感染なので
隔離する必要はないんですが、
マスクの着用は必須です。

      ⇒昔書いたインフルの記事へ


子どもたちには今の自分にできることがたくさんあるのは
過去の自分がたくさん努力した結果で、
未来の自分ができることをたくさん増やすためには
今の自分が努力することが大切だということについて
話しました。
           詳しくはこちら⇒子育てブログ


夢を本当につかめる人は少ないですね。
でも、夢をつかんでいる人は
他人と同じことを努力するのではなく、
自分の未来に必要なことを努力しています。


子どもたちの未来はどう生きることが幸せかを
定義するのは難しいのですが、
言えることは他人が決めたレール上ではなく
自分で決めたレールの上を生きることは
幸せにつながるということ。


1人でも多くの子が自分が決めた
自分が輝く人生を送ってほしいと思います。

2015年9月24日木曜日

未来の自分を変えるには、今の自分が努力するしかない!

曇り空の1日かと思えば
朝から小雨。
気分もどんより。


人間は動物の一部だなと感じるのが
天気でちょっと気分が変化するとき。


小雨の中、午前中は
諸事情で病院へ。


さっそく渋滞。
目の前の信号は青です。
でも、進めません。
タイの渋滞の原因
なぜか。


前からの右折車が
混んでても突っ込んできて、
途中で止まったままだからです!


タイの渋滞は道だけのせいじゃなく、
運転する人のマナーのせいでもあります。


タイの病院

病院の先生との面会時間は
薬をもらうだけなので1、2分。


でも、先生へのチャージはしっかり
とられています。。。


毎回同じ薬なんだから
行ったらもらえるようにしてもらいたいところです。



こうして3か月に1回薬をもらいに行くたびに
病院の患者をたくさん目にします。


定期的に病院に通わなければならない大変さ。
また、シーンとして白を基調とした待合所で、
周囲の患者と待ち続けなければならないこと。


今の自分が健康であることに
感謝の気持ちがわいてきます(__)


ちなみにこの病院では
駐車場付近で屋台が並んでいます。
病院内の屋台

さらに、病院の1階でなぜか生演奏。
待合いの人たちが
くだけた姿勢で聴き、
その前を普通に歩き横切る人たち。


この自由さがタイです。


3階では40分100Bでマッサージ。


病院ですら静寂とは程遠い。タイらしいです^_^;



午後はオフィスの家賃を支払いにバンコク銀行へ。


バイクのハンドルが抜けてしまう症状があったので
銀行からバイク屋さんに直行。
70Bで修理してもらいました。


バイク屋さんの近くのソイがタイっぽい風景。
タイっぽい風景


朝からぎっちりのスケジュールだったんで
屋台でアイス珈琲を買って数分頭を空にして息抜き。
すっきりしてパフォーマンスが向上します。


夕方息子を迎えに行くと泣いていました。
バスの中で高学年にいろいろ言われたとのこと。


原因はいろいろあるんでしょうが、
子どもたちはストレスを抱えていて
どこかにはけ口を求めているのでしょうね。


明日も様子を見て、
続くようなら高学年の子と
直接対話してみようと思います。

夕方のトンロー


夕方のトンローは徐々に混みはじめ、
案の定、
6年生の授業も若干遅れてスタート。


最近は朝のバンコク日本人学校のバスも遅いようです。
午前6時半にスタートしたバスが
学校に着くのが8時なんてこともあるようです。
それで片道250Bとはなかなかのもんです。


宿題の取り組み方について再度話をしました。
宿題の取り組み方についてはこちら
              ⇒子育てブログ


宿題はやりっぱなしにしてしまうと
本当にもったいない。
間違えたところこそ、自分が成長します。


宿題をして直さないなんて、
病院に行って、ケガを治さずに帰っているようなもの


また、今の自分ができることは
過去の自分が努力した結果。


だからこそ、
未来の自分ができることを増やすためには
今の自分が努力しなければならない
ということを伝えました。


子どもたちに少しでも響いてくれたらうれしいです。


充実した1日でした☆=

2015年9月23日水曜日

勉強ができるようになるより生きる力を高めてほしいと思った1日


今日は朝から忙しいスタートでした。
息子を送迎したあと、娘の幼稚園の発表会。


幼稚園に向かう道中は相変わらずの渋滞。
バンコクの渋滞による経済的損失は半端ないです。
エカマイ渋滞


誰も手を付けられないんでしょうね。


幼稚園の発表会は癒されました。
ある方からフェイスブックのコメントで
発表会は
「このまま育ててもいいんだ
 との我が子からのご褒美」
という素敵な言葉をいただきました。


本当にそうだなと納得です。
今のままでいい。
このまま真っ直ぐ育ってほしい
心から思えます。


でも、成長していくと期待し過ぎてしまうんですよね。
その期待が親も子も苦しめてしまう
なんてこともあります。
そうならないように
今日の写真を時折見返します。


幼稚園発表会が終わって
家で教育記事の執筆作業。


アウトプットをすると
頭の中がすっきりする感覚があるので
執筆作業は日課にしています。


読書ができなかったのが
痛かったですが午前の時間に
読書はねじ込めませんでした(;へ:)


そしてお昼はRCAでカオマンガイを購入。
カオマンガイ
カオマンガイについているスープを
カオマンガイに混ぜて食べるのが
我流の食べ方です。
ぜひやってみてください!


ついでに寄ったセブンイレブンの前で
かなりリラックスした犬を発見したので
パシャり。
バンコクの犬
俗世を気にしない自由な姿で
セブンに出入りする人たちにひと時の癒しをプレゼント。


午後はTJブリッジのバッジを作りに
フォーチュンタウンへ。
フォーチュンタウン


ここはIT機器やオーディオ機器が安値で充実しています。
3DSや日本語のソフトも売っています。

フォーチュンタウン


バッジの完成は後日。
結構かっこいいデザインになっているので
こうご期待☆=


午後は小5の授業。
相変わらずの渋滞に悩まされます。
ソイ39の道は完全に詰まっています。
ソイ39の渋滞


授業のスタートが遅れてしまいましたが
子どもたちの集中力はかなり高かったです。


私が話をしたイチロー選手の言葉を
自らメモしている子もいました。


イチロー選手の話はこちらから
   ⇒偶然手に入れた正解をそのままにしないことが
     生きる力を育てる


メモしなさいと伝えないで
自然とメモしているところが
嬉しいところです。


子どもたちには勉強ができるようになってもらいたいのですが
それ以上に生きるために必要な力
少しでも伸ばしていってほしいと思っています。


だからこそ、今回のメモしている姿は
本当にうれしかったのです。
少しでも子どもたちの心に響いていたらと思い、
いろいろと考えて話しています。


渋滞は怖いですが
これからも子たちに少しでも
成長の種をプレゼントできるように頑張ります!