2018年5月18日金曜日

悩みは一生無くならないと開き直って生きると心が軽くなる


「どうして悩みは無くならないんだろう。」
と悩んでいる人や、
悩みに押しつぶれそうな人もいる。


立場上、いろいろ相談を受けることがあるのですが、
その時に言われるのが、
自分が年齢以上の考え方をしているということ。


自分では特別なことを言っているつもりはなく、
根本的なところに次のような考えがあるのです。


「悩みは一生なくならない。」


人によっては達観しているなんて
プラスに受け取ってもらえるようですが
自分の中では単純に「開き直っている」
という表現がしっくりきますね。


開き直っているから、
悩みがなくならないな・・・
と悩むことがなくて、
その次の段階に思考が移動しているだけです。


「悩みを減らすためにはどうしたらいいか。」


無くならないけど、減らすことならできる。


そうとらえて、
手段を考えることに力を注いでいるだけです。
開き直っているだけでも達観しているようにも見えるなら、
ちょっとお得なのかもしれません(^-^;


でも、相談をしてくれる人の話を聞いていると、
悩みがあることをダメなことととらえ過ぎていて、
悩みがあることに悩んでいるのかなって感じることも。


悩みがあることは
生きていれば仕方が無いこと。


晴れの日もあれば雨の日もある。
当たり前のことです。


悩みが無くならないのが人生だ。
そう開き直って生きた方が気が楽です。