2017年5月21日日曜日

心が軽くなる生き方「悩みが無くならないのが人生だと開き直ること」


「どうして悩みは無くならないんだろう。」
と悩んでいる人が
自分が考えている以上に多いんだなって感じます。


立場上、いろいろ相談を受けることがあって、
その時に言われるのが、
年齢以上の考え方をしているということ。


自分ではそんな特別なことを言っているわけではないのですが、
根本的な考え方の問題なのかな?とも考えているわけです。


その根本にある考え方は、
「悩みは一生なくならない。」と開き直っているだけなんです。


人によっては達観しているなんて
プラスに受け取ってもらえるようですが
自分の中では単純に「開き直っている」
という表現がしっくりくるんです。


開き直っているから、
悩みがなくならないな・・・と悩むことがなくて、
その次の段階に思考が移動しているだけです。


「悩みを減らすためにはどうしたらいいか。」


無くならないけど、減らすことならできる。


そうとらえて、
手段を考えることに力を注いでいるだけです。


でも、相談をしてくれる人の話を聞いていると、
悩みがあることをダメなことととらえ過ぎていて、
その悩みがあることに悩んでいるのかなって感じることも
多々あるんです。


悩みがあることは
生きていれば仕方が無いこと。


悩みが無くならないのが人生だ。
そう開き直って生きた方が気が楽です。


諦めつつも
悩みを減らすためにはどうしたらよいかを
考えてみると良いかもしれません。


そんなことを考える日でした。