2018年5月8日火曜日

募金活動するくらいなら自分で働いて寄付しよう。


募金活動


よく行くスーパーで時々行われている募金。
子供たちの生活支援という名目です。


毎回寄付するわけにもいかないので、
時々寄付することもあるが、
前々からこの子どもの支援に関して
疑問に思うことがあった。


ずっと立ち尽くして声をかける若者。


もしずっと立っていた時間に
彼ら若者が違う仕事をしていたら
募金で手に入る以上のお金が手に入ったはずだ。


自分で稼いだお金で子どもたちを助けた方が
他人から寄付してもらったお金で助けるよりは
よっぽど気持ちが良いのではないだろうか?


支援しようという心意気は素晴らしいけど、
自らの労働でお金を生み出さないのは
少しぬるい感じがするし、違和感をおぼえる。


特におしゃべりしながら
募金箱をもち、ずっとこっちに営業トークのように
話しかけてくる人には腰を据えて話し合いたいくらいだ。


君たち。
自分で稼いで募金しようと。