2018年5月8日火曜日

人生は日々の時間の使い方で決まるという気づき

バンコクの早朝

朝日を見ながら
どう生きるかについて考えていました。


人生を分割していくと1日があります。
1日を分割していけば24時間の中の1時間があります。


1時間を分割すれば60分の中の1分があり、
今、今、今の瞬間があります。


つまり、今目の前にある自分の時間をどう使うのか、
何に使うのかということが人生になります。



ついつい目の前の時間の価値は
当たり前すぎて見逃してしまいがちです。


人生は今の連続。
だからこそ1日の使い方、1時間の使い方に対して
もっともっと考えて突き詰めていかなければならない
と思うわけです。


そこまでストイックにはなかなかなれないものですが、
でも、出来るかできないかは関係なく、
目を逸らしてはいけない事実です。


この事実について考えているからこそ、
この事実が1日の評価基準になる。


評価基準があるから反省がうまれる。

反省があるから改善がうまれる。


人生は一度だけ。


一度だけの人生は今の連続。
今を大切に生きたいなって思います。