2016年12月13日火曜日

歳を重ねると慣れた日々に脳がセーブモードに。


バンコクは祝日でとっても道路が空いていました。


自分は祝日でしたが夕方から塾があったので
午前中はその準備などをしていました。



1日の終わりにブログを書いてみましたが、
本当にあっという間に1日が過ぎたなといった感想です。


バンコクの休日
これは塾のベランダから見たバンコクの夕暮れです。
ここからの記憶は超濃いのですが、
これ以前の記憶が淡いです。



歳を重ねると
新しい刺激が少なくなってきて
慣れたことに対しては
頭が自然とセーブモードになっているような気がしています。




こうしてブログでも書こうと思って
絞り出すように思い出さないと
脳の片隅で記憶が色あせています。



でも、授業の記憶は超濃いです。



子どもたちとの出会いは強烈で
何を話したか、どんな表情だったかを
かなり鮮明に思い出すことができます。




午前中も午後も記憶の色が淡いのは
ちょっと慣れてしまっているから。



これは反省です。



生活の改善点はもっともっとあります。



流れが止まると必ず水は澱む。



流れ続けるために、
もっともっと自分の目指す場所を
高い位置に置き、
そこに向かって濃く進んでいきたい。



そんなことを考えた1日でした。


ちなみに
子どもたちに伝えた
「正しい宿題のやり方」については

おすすめの記事