2015年11月20日金曜日

生きていると他人の目が気になる方に偏りがちな日本人。自分もです。

バンコク日本人学校
毎朝、子どもを学校に送り続けて3年間。


昔、土曜の出勤が終わって、
家族が迎えに来てくれたことがあります。


小さな息子にいつか日本人学校で勉強するんだよと
伝えると、嬉しそうにはしゃいでいた日。


昨日の様に思い出しますね。
時は流れています。しみじみ。


バンコクのリス

息子を送った帰路。
ふと木を見上げるとリス発見。


バンコクでは頻繁に見ることができます。
電線を渡って木から木へと移動しています。


かなり見慣れていても
ずっと東京に住んでいた自分にとって
リスはいつでもちょと足を止めてみたくなる動物です。



午前中は日本語指導。
毎回2時間があっという間。

ゴマをするってなんでゴマなのか?

部長と課長は具体的に何が違う?

雇うと採用。
費用と代金。


などなど、日本語は奥深いものですね。


マックスバリューのお弁当


日本語指導が終わって昼ごはんは
途中にあるマックスバリューの弁当。


45Bですが、
右上の鶏肉が甘酸っぱいタレで
しかも皮がカリカリっとしていて
ひそかにお気に入り。



夕方は5年生の子どもたちに
他人に褒められるために勉強をしているんじゃないんだと
伝えました。


自己満足。
今より1mmでも成長するために勉強しているんだから
他の人のをカンニングしても意味ないし、
間違えたからといって恥ずかしくもない。


自分が成長する。
そこに集中していれば
些末なことは気にならなくなるもんです。



普通に生きていると
他人の目が気になる方に偏りがちな日本人だからこそ、
私みたいに伝える存在も必要なんじゃないかな
って考えています。



家に帰って、息子に読み聞かせをして
夜ご飯を食べて、
ちょっと一息ついていたら
またデスクの横の床で寝てしまいました。。。


夜中の3時に起きて、
ベッドで本格的に就寝。



そんな1日の独り事でした。ではでは。


----------------------------------------------------------
バンコク学習塾・タイ語学校・英会話学校

代表 小川 一樹

タイのリアルタイムの情報を届ける
ツイッターはこちら

⇒私が選ぶ厳選名言集
---------------------------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿

おすすめの記事