2016年2月28日日曜日

急ぎ過ぎず自分のペースで生きる。

週末は本当に忙しかった。




でも、そんな忙しいときだからこそ、
ブレイクタイムが必要だなと感じた。




コンピューターだって
詰め込み過ぎては
処理速度が遅くなるもんですよね。




車だってレッドゾーンで走り続けていたら
エンジンがやられてしまう。



人生は長い。




精神と身体をずっと酷使し続けることは
人生を幸せとはかけ離れたところに進めてしまうんだと思います。



子どもにとって最高の見本は親。




親が人生を楽しんでいる姿を見て育った子は
人生を楽しいものだと感じてくれるはず。




自分が楽しむためには
人生の中に余裕が必要。



そんなことを感じた週末でした。
トンロー通り
夜のトンローです。