2016年2月21日日曜日

【サバイチャイガイヤーン】自分にとって幸せとは何かを考えた


土曜は中学1年生の授業からスタート。

トンロー通り


もうそろそろ卒業のお母さんが
挨拶に来てくださいました。



自分の仕事は人の人生を左右する
責任のある仕事。



こうやってお母さんに会うと
本当に責任と遣り甲斐を感じる。


人にはそれぞれ天職がある
思っています。


気づくか気づかないか。


世の中の正しいと言われている価値観に
考えることもなく従ってしまい、
その道を見失ってほしくはないと本当に思う。


子どもの頃の夢、個性を失うことなく
周りで関わる大人がサポートして
素敵な人生を歩んでほしいと心から思う。


世間一般で言われている学力という物差しだけが
人間をはかる物差しではない。


当たり前のことだけど
子どもにとっては当たり前だと思えない。


気付いている大人が
子どもに教えてあげる必要がある。



気付かず成長していくと
やはり不安から学力にしがみつきたくなるものだ。


その学力のお陰で良い仕事につけるかもしれないけど
その陰でたくさんのサザエさん症候群を生んでもいるのは事実。


本当に好きなことを見失わない。
さらにそれを仕事にできる力。
そんなものを伸ばすことができたら
その人の人生は幸せだと言えるんじゃないかな。



昼ごはんはソムタムとチキンともち米

ソムタムとチキンともち米

合計65B。
日本食にはこだわりが無いので
個人的には大満足の昼飯。



夕方はスターバックスに行って
メール作業。



夜ご飯は家族とサバイチャイガイヤーンに行きました。

サバイチャイガイヤーン


家族でゆっくり過ごせるこの雰囲気が大好きです。


また、日本人学校時代の思い出も詰まった場所です。
先生方と良く行きました!



家族と一緒にご飯が食べられる幸せ。
今に感謝ですね。


別に贅沢をしたいわけじゃありません。

好きな仕事をして、
家族とこうしてリラックスしてご飯が食べられる。

サバイチャイガイヤーン


子どもたちの学校や習い事の費用を払うことができれば
それで充分に幸せです。


欲を言えば、一年に一回、家族が日本に旅行できたら
もっともっと最高です。

最近、自分のことにあまりお金は使うことはないかな。
リーバイスのジーンズを買ったのがご褒美。


ただ、流れるように生きていてはいけないとも思う。


清原と桑田が今、これだけ人生の道が違っているのは
日々の小さな努力の積み重ねだと思う。



だからこそ、感謝しつつも、より向上心をもって
コツコツと1cmでも成長していきたいなと感じた1日でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

おすすめの記事