2017年1月20日金曜日

メイドインジャパンの崩壊

自分はバンコクに住んでいます。



家の冷蔵庫を買い替えたいなと思い、
近くの家電店に行ってみて
ちょっと疑問に思ったことというか
不安に思ったことがあるんです。



日本製が少ないし、かっこ悪い・・・



これはちょっと衝撃的でした。



というのも、
電化製品と言えば日本。
メイドインジャパンは最高。



そんな時代を生きてきたから
今でもそんなイメージをもっていました。



でも、良く考えてみたら
ここバンコクに来てからの
ショッピングセンターなどで
家電製品を見ていてスルーしていたことが
最近、急に不安に思えてきたんです。



かっこいいなと思う冷蔵庫は
ほぼサムスンでした。
次がLGです。

サムスンに負ける日本製


東芝の冷蔵庫はカッコ悪いんです。



きっと性能は日本の方が良いんでしょう。
わかりませんが。


でも、見た目が圧倒的に
サムスンがかっこいいんです。



自分は韓国製の製品は第一候補から
落として考えることが多いんですが、
どうしてもサムスンの冷蔵庫が欲しい
という心から目をそむけることができないんです。



電化製品は日本製が良い。



そう思っていた自分がサムスンのデザインの良さに
改めて気づいて、
バンコクでの過去の記憶をたどると
日本製が少ない!という事実が思い出されるのです。



携帯電話も同じ。



アップル、サムスン、LG、・・・ソニー。



ギリギリソニーが頑張ってくれています。



日本の強みの1つの電化製品。
そんな時代は終わったんでしょうか。。。


自分はバンコクにいるから
そのような海外での状態に気づいたのかもしれません。


日本の中で生きていたら
日本製ばかりに囲まれて生きていることでしょう。



海外では日本製は減り続けているのかも。



そんな不安が頭をよぎります。


他の海外に住んでいる方はどうですか?
日本製は頑張っていますか?



日本の強みは車とカメラとアニメくらいでしょうか・・・