2017年1月28日土曜日

高っ!パピコが超高級品・・・

バンコクの朝は肌寒いです。

早朝のバンコク




23℃のときはかなり寒い。

24℃のときはちょっと寒い。

25℃のときは涼しめ。


といった肌感覚があります。




息子が怖い話の本を朝から読んでいて
ぱっと思い出したアニメが
ハイスクールミステリー学園七不思議



小学生の頃だったかな。
塾に行く前に見ていた記憶があります。



人間の脳って不思議ですよね。
何でこんな記憶がパッと思い出されたのか。。。



誰か見ていた人いますか?
エンディングが怖いんですよね。


なんかピアノチックで
街の風景が赤白的な感じで
紙芝居風な・・・



お昼前は
どんなに忙しくてもTOPSの喫茶スペースへ。



アイスが売っている冷凍庫発見。


・・・。

タイでパピコ

2度見をしてしまいました。
高っ。


パピコは大好きで
日本の夏はよく食べていました。



懐かしい・・・
久しぶりに食べようかな。


と考えつつ通り過ぎました。
さすがに高過ぎです。



授業では本質を教えるよう心がけています。


ただ受け身で覚えるだけではダメなんです。


1気圧が1000hpa。
1㎠に1kgの物体をのせたときの圧力と等しい。


なんてテキストに書いてあって
それをそうなんですね。
って丸暗記してどうする?ということです。


本当に1㎠に1kgの重さがかかるようになっているのか
計算してみようという前のめりな勉強をするから
その過程で復習ができて記憶が定着する。


中1にはそんなことを指導しました。



興味ある人だけに解説

100pa=1hpa


1気圧=1000hpa=100000pa

1pa=1N/㎡

1気圧=100000N/㎡

1N=100g


10000000g/㎡

1㎡=10000㎠


10000000g÷10000㎠=1000g/㎠=1㎏/㎠


1㎠あたり1㎏
というわけです。




テキストはたった1行ですが、
小学生の学習内容を使えば
簡単に求めることができ、
より記憶に残るわけです。



勉強時間が大切なのではなく、
いかに本質を学んだかです。
忘れてもプロセスを習得していれば
自分で求めることができるんです。


しかもそのプロセスは
たいがい他でもいきます。



明日も指導があるので
そろそろ準備をします。


ではでは。