2015年10月20日火曜日

海外で生活する自分は、日本での積み重ねの結果

朝のスタバ


朝のバンコクは28℃あり、
ちょっと暑さを感じます。
朝のバンコクのセブンイレブン

「今自分にできること。頑張ればできそうなこと。
そういうことを積み重ねていかないと、遠くの目標は近づいてこない」


イチローの言葉は、だらけそうな自分に気合をくれます。

今の自分はタイのバンコクで教師をしています。
でも、「あっ!なろう!」と思ってなれたわけではなく、
日本で早朝コンビニバイトして、
その後、朝から夜まで図書館で勉強をする
という生活を約9か月続けました。

日々、やるべきことを
徹底的にやるという結果が今につながっています。


週の始め月曜の午前中は
喫茶店で仕事をすると決めています。
さっそくオーナーがこだわりをもつ
おしゃれなカフェに向かうと休業。


月曜は定休日だということにはじめて気づきました^^;


自営業だと働く場所を自分で決められることが
会社員とは違うなと感じます。


喫茶店であれ、
どこであれ、
しっかり仕事をできていれば
問題ないわけです。

タイらしい風景

そこでそのままスターバックスへ。
バンコクのスターバックス

家にいるより、スターバックスにいる方が
断然仕事の進みが速く、読書もぐんぐん進んでいきます。


月曜のスタバでの時間は、
船長の舵とりに似ています。
先週進んで来た方向は正しかったのか?
今週進むべき方向はどっちだろうか?


このスタートが正しければ
週末まで正しく航海できるような気がしています。


ただし、人間なんでこの決めたことに縛られないようにも
気を付けています。


スタバでふと思いついて、
過度な集団行動がいじめにつながる
という記事を書きましたのでこちらから
                ⇒リンク


このブログの読者の一部には懐かしい
モントリーバスをバンコクのトンロー通りで発見。
モントリーバス

日本人学校のバス独裁体制を確立した
巨大会社がモントリーです。


ここまで肥大化すると太刀打ちするのは
難しいもんですね。


塾への道中で屋台のおばちゃんが
焼きトウモロコシを売りながら歩いていました。
焼きトウモロコシ
 値段を聞くと25Bとのこと。

かなり見た目がおいしそうだったのでためしに購入!


イメージはあの夏祭りの焼きトウモロコシ。
食べてみると・・・


素材の味のみ。

せめて塩をもっていたらもっとおいしかったでしょうね。

もし買う方がいたら塩は必須です。


タイはこの様な屋台飯をすぐに購入できるのが
良いところです。
都心のバンコクであっても、
屋台は至るところにあります。


夜は疲れがたまっていたのか
相変わらず、床で大の字で寝てしまいました。


タイのバンコクで生活していて
良いところが、1年中温暖だということ。


毎日Tシャツ1枚で過ごせます。
床で大の字で寝ようが、
風邪をひく寒さのときは、
ほぼ1年中ありません。


タイ・バンコクで生活をするというのは
寒さに弱いお年寄りの方など
かなりおすすめできます。

おすすめの記事