2015年10月24日土曜日

サザエさん症候群の向こう側にある心の平安

金曜は3連休のスタート日。



祝日なので娘と息子は幼稚園の友達の
誕生日パーティーに行きました。



自宅で1人で授業準備をしていましたが、
なんだか夏休みの1日のような
穏やかな気持ちで過ごすことができました。


その昔、サラリーマンとして
日本で働いていたときは、
休みの日に仕事と言えば辛かったものです。



サザエさん症候群なんてことも。


サザエさんが終わって、しばらく経つと
さんまのからくりテレビがやっていて、
その時間になると諦めの心理から
逆に気持ちが穏やかになってくるんです。


これを個人的に
サザエさん症候群の向こう側
と呼んでいました。


サザエさんの向こう側には
心の平安の境地が^^;


そんな経験も良い思い出です。


今は、全く苦ではないです。
サザエさん症候群なんて全くないです。
日曜の夜も平日の夜と全く変わらず
寝ることができます。


金曜の夜はやりきった充実感、
緊張の糸が緩む解放感はあります。


今の好きなことを仕事にするという境遇にたどり着くまでには
様々な過程がありました。


朝の社訓唱和、体操の飛び込み営業時代。
日本語教師時代。
タイでの営業職時代。
日本での1日10時間の勉強時代。
そして日本とタイでの教員時代。
それらを通して、徐々に今の境遇に近づいていくことができました。



それぞれが独立した経験のようで
全てが今の場所にたどり着くための土台になっていました。


だからこそ全ての経験は無駄にはならなず、
そこから何を学ぶことができるのか
ということが大切になってくると思います。



また、自分の「好き」という気持ちに
素直に従うことも大切だと思います。




授業前には近くの屋台で
揚げた鶏肉を買うことがあります。

タイの揚げ鶏肉屋台


25B。ガーリックがきいて、
カリッとしていて旨いです。
タイの屋台の揚げ鶏肉


4年生の子どもたちには、自分の100%の力を使うからこそ
自分は成長するということを教えました。
                    脳トレと筋トレの関係


中1には大学の勉強の面白さ。
そして今やっている勉強が大学の授業を
面白く受けるためのキーになっているということを教えました。
                    今の勉強は大学に向けた基礎トレ


全ての授業が終わった後、
1人で教室で片づけをします。


1週間を振り返っていると
清々しい気持ちになります。


夜に私が好きな
相田みつをの名言から学んだことをアップしました。
ぜひ、読んでみてください。
                  ⇒物事の本質を見るということ


今週も良い1週間でした☆=
ではでは。

0 件のコメント:

コメントを投稿

おすすめの記事