2015年10月23日金曜日

自分を信頼してもらっているからには「自分だからできること」にこだわっていくことが大切だという件

バンコクの廃品回収バイク

バンコクの朝。


廃品回収をしているバイク。
かなり手作り感のある前に荷台をつけている改造バイクです。


いろいろなところで頑張っている人を見ると
私も頑張ろう!という気持ちになるものです。



曇り空のバンコク
午前中は曇り空。
気持ちも晴れないものです。



しかも昼になったバンコクは急にスコール。
バンコクのスコール

外は真っ白。
横殴りの大粒の雨。
雨音がうるさすぎます。

バンコクのスコール

そんな時はイヤホンをして
BGMを流しながら仕事をします。


こんなロマンティックな音楽を聴いていると
雨音などはシャットアウト。
かなり仕事に集中できます。



でも、人の下で働いているときは
通用しないんですよね。



自分は音楽があるとかなり集中できるタイプなんで
もし部下がいたら全く気にしないでしょうね。
より良い結果を出せるならむしろ歓迎なわけです。



かなり激しい雨のため、
外に食事を買いに行けなかったので
カップラーメン。

タイのカップラーメンママ―
昼ごはんの時は思いっきり
リラックスするようにしています。
メリハリが大切。



学生の頃からずっと見ている
めちゃイケが食事のお供です。



午後には雨がやんだんで、
母親の買い物の送迎でTOPSへ。
そしてお決まりの喫茶スペースで
カフェモカ40B。


ここに座ると読書モードのスイッチが入ります。
がっつり読みふけることができました。


教育系の本を読むことが苦になるどころか
むしろリラックスできるんで
教育という仕事にかかわることができて
本当に自分は幸せだと思います。



保護者の方から聞いたうれしい話


さらに、夕方にTJの保護者の方から嬉しい話を聞きました。



昔、私が担任に決まったという方に対して
他の保護者の方々が
「よっかったわね。小川先生は当たりよ。」
という話をしていたとのこと。



他学年にも小川先生の名前は広がっていましたよと
教えてくれました。



本当にありがたい言葉で、元気をもらいました。



本気でやっていれば見てくれている人はいる。
紆余曲折を経て教師になりました。
だからこそ、うれしくてたまりません。



教師になるという夢をあきらめず、
早朝コンビニバイトをしながら、
1人で図書館で勉強をした日々を思い出すんです。

 

早朝コンビニでは
土木の運ちゃんにジャンプと引き換えに
小銭を投げ捨てるように渡され、
それを数えつつ
笑顔でありがとうございましたと言う日々。



気合い入れ過ぎて、
ピローって音を聞くと
パブロフの犬のごとく
いらっしゃいませ。
でも、大型冷蔵庫の中で
1人照れてながらドリンク補充なんてことも。
 


それをエネルギーにして
1日10時間は勉強をして
夢を追い続けてなりました。


そんなやらなくても良かったんでしょうが、
通信大学の単位取得と
採用試験が100点満点なら
200点採るつもりで勉強しました。
 

それなら万が一、風邪をひいて
自分の60%の力しか発揮できなくても
まだまだ120点。
100点以上なんで余裕で満点合格。
  
 
そんな突き抜けた気合でしたw


  
だからこそうれしいんです。



もう日本人学校とかかわることはありません。
昔は偶然の縁で担任になりました。
求められているわけではなく偶然の出会い。



でも、今は私という個人を信頼してくれて、
私の指導を求めて、
多くある塾の中からTJを選んでくれた人たちに指導をする立場です。



だからこそ、私だから教えることができること
全て伝えつくしたいという思いが
ふつふつと沸き起こってきました。



さらに日々、自分を高め続けて
子どもたちが大人になるって楽しそうだな。
早く大人になってみたいなって思えるような
「大人のモデル像」にもなれたらと思っています。



そんな1日の独り事でした。
ではでは。