2015年10月6日火曜日

国語を伸ばす方法から自営業で大切なことなどのお話


世間体が大切

バンコク日本人学校

朝は息子の学校送迎。

気づく人は通です。

この写真。2014年以前と何かが違います。



答え↓

「ゲートに過剰な門ができている。」


ここまでゲートに過剰な門を作ってはありますが、
ちょっと脇は駐車場で、
侵入するならそこからあっさり可能。
そもそも隣の学校から余裕で入れます。


本気で犯罪をしようとする人なら
わざわざ
「犯罪しに来たものですが、
入ってよろしいでしょうか?」
なんて正門から来るわけないです。


世間に向かってテロ対策しましたという
証が必要なのかもしれませんね。


これだけやったのに
防げませんでした!
「これだけやったのに」と言えるものが無ければ
世間に顔向けできないのも事実。
世間がそれを求めているのも事実。


この視点は世の中のニュースの中に
触れているものですね。


読書三昧

スターバックス


朝はスターバックスに行って、
がっつり読書をしました。

がっつりです。


日常生活でもいろいろと考えてはいるんですが、
やはり読書という触媒があると
思考が広がっていきます。


日頃では考えなかった視点をもらるので
自分にとって読書は趣味であり、
実益でもあります。


ここで得た視点は
必ず子どもたちの教育に質の変化をもたらします。


何か製品を生み出すことが仕事ではなく
自分を高めることが仕事になっているのが
私の仕事の特殊性かもしれません。


周囲からは朝から喫茶店で余裕だな
という視線もあるかもしれませんが、
私は必至で自己研鑽しています。



会社から安定的に給料をもらっているわけではなく
自分の能力、サービスと対価に
お金をはらってもらっている自営業。
だからこそ、
自分の能力、サービスを高めることには貪欲である必要があります。



仕事に追われて思考停止の状態で生活することにならないよう
自分から意識的に読書時間を
強制的に組み入れるようにしています。



トップスの喫茶店

昼近くになって、親の買い物の送迎でトップスへ。

トップスのカフェコーナー。

ここでも読書。


家で読書と違うことは
外に出て何かしらの刺激を受けると
必ず人や物からの刺激で心が動きます。
この心の動きが大切だと思っています。


例えば、お金を支払うときに店員とのやりとり一つでも
心が動いて、その動きから学ぶべきこともあるもの。


その小さな積み重ねが大切。


どんよりした雲


昼過ぎにはどんよりした雲が・・・
またか?!

モントリー
と思いきや、日本人学校の下校時間まで
何とか天気は持ちこたえてくれました。



考える子を育てる


夕方の授業では、
特に国語について子どもたちに考えてもらいました。




国語は復習をし辛い教科。


だからこそ、その授業中に
どれだけ考えたかが重要なんです。


考える素材がまだ弱いのであれば、
私が考える過程を追うことが大切。



先生はこう考えて解いているのか。
自分は何が足りなかったんだろうか。
自分のどこが解答として、読み取りとして
間違っていたのだろうか。


頭を止めることなく考えるからこそ
国語は成長していきます。



丁寧にノートを写し、
間違えた答えをきれいに書写しているだけでは
全く意味がありません。


ノートに書いたことで
頭をつかって考えたか?
そこがポイントになるんです。


私はいつも子どもたちの目を見ています。
だいたい目をみていれば
思考しているか否かがわかります。


とまっている瞬間を見つけたら
簡単な質問をして呼びかけます。


ほぼ予想は的中して
考えていないことが多いものです。


あたりまえだけど
「考える」からこそ
国語はできるようになります。


もちろん読解の技術は多々あります。
しかし、それ以前のところで
結構躓いている子は多くいるもの。



TJでは考える子を1人でも多く育てていきます。


その結果として、
きっと子どもたちの未来は大きく変わるはずです!



PS:
前回、我が子の反抗的な重い一言について書きました。
                             ⇒こちら


フェイスブック上で温かいメッセージをいただき、
いろいろと考えることができました。


やはり、自分は我が子を愛しているんだな
とあたりまえのことを再確認。


さらに、一方通行の自己満足になっても構わない
とも感じています。


「愛」が土台であれば、
必要ならば子どもから嫌われることを恐れない
ということにもつながってきます。


父親業の真髄をこらからも追究していきたいと思います!



バンコク学習塾・タイ語学校・英会話学校
TJブリッジ

代表 小川 一樹

0 件のコメント:

コメントを投稿

おすすめの記事