2015年10月14日水曜日

企業理念のようなことを考えてみた話


企業理念のようなことを考えてみた

バンコクの朝

朝のバンコクは少々冷え込んできました!
といっても25℃くらいで日本に比べたら寒くはないんですが
タイでの体感は寒いです。
相対寒度です。


午前中は家でTJの学習塾部門の企業理念を
再度、ひとつずつ確認していました。


堅苦しいことではなくて、
「何のために塾をしているのか」
なんてことです。


そこを今後、詰めに詰めていかないと
自分の行動がぶれてくるんじゃないかな?
と考えたわけです。


他の塾のようにただ勉強を教えるのであれば
自分が他の塾の講師になればいいわけで、
自分で塾を開いたからには開いたなりの理由があるんです。


ただ、理由は考えていても
まだまだ言葉にならない意識のようなものがあるんで
それを言葉にしていきます。



RCAのカオマンガイ屋で孤独を癒す

昼はカオマンガイを買いにRCAへ。


ここの活気のある昼が好きなんです。

自分で経営をしていると
何事もちゃっちゃっといってスムーズですが、
孤独感を覚えることがあります。


そんなとき、この活気に触れるだけで
ちょっと孤独感数値が放電される感があります。



ここのカオマンガイ屋はお笑い芸能人が経営する店。

その芸能人の似顔絵がありますが、
いたって普通の店です。

芸能人というネームバリューをしっかりいかしています。
顔が売れているということは
商売に置いては本当に有利なことですね。


ただ、少しアドバイスを書くなら、
芸能人色をもっと前面に出した方が良いと思いますね。
控え目過ぎる。
いろんな出演者との写真だったり、
台本の一部だったり、
ちょっと工夫すればもっとお客が来ると思います。

 

タイには新しいタクシーが増えてきました。
ちょっと遠目で見えないでしょうが、
プリウスの上に電光掲示板があって、
車のスピード情報などが表示されているんです。


すごいですね!
って何のためだろ?


5年生の授業


授業では、5年の子どもたちに
ノミと象の話をしました。
自分の可能性を自分で狭めてはいけない!
という話です。
くわしくは⇒自分の可能性をせばめてはいけない話



また、イメージの話もしました。
未来は決まっていないからこそ、
自分がイメージした方向に近づいていくものです。



そのイメージに必ず一致するというわけではなくても
方向性は定まって近づいていくのは事実。



自分の求める姿をイメージすることの大切さも
伝えていきました。



そんな1日でした。
では。



バンコク学習塾・タイ語学校・英会話学校
TJブリッジ

代表 小川一樹

0 件のコメント:

コメントを投稿

おすすめの記事