2016年8月30日火曜日

バイクを倒される・・・

TOPSというスーパーにバイクを停めて
喫茶店で珈琲を飲んでいると
TOPS店員と若いお兄さん3人が
自分のところにやってきた。



何事か?
と思って話を聞くと、
「HONDA PCXのバイクはあなたのか?」
と言ってくる。



「そうだけど何か(´д`ぇ?)?」
と答えると仰天のセリフが。



「バイクを倒してしまってミラーを割ってしまった。」と・・・



おいおい!ということで
慌てて駐車場へ。



すると見事にミラーが壊れていて、
お兄さん3人組と交渉。



新しいミラーを買ってつけても良いかと聞いてくるから
同じミラーを買えるのか?と聞くと、
それは無理だと。



自分のPCXのミラーは
正規品ではなくて、小さいミラーに改造していたので
大きいミラーを買われると変になる。



だから、自分でミラーを買うから
お金をもらうことにした。



するとお兄さんは財布に200bしかないんだと言う。



さすがに200Bじゃ無理だろうから
自分で買ってから
後日電話するということになった。



が、良く見てみると
フロントのカウルも小さな割れがあり、ずれている。



その場で3人に確認してもらい、
IDカードを提示してもらって写真を撮る。



携帯番号だけだと連絡がつかなくなる
なんて危険もありそうだから。



後日、その割れたカウルの部分の修理費も
込みで請求するということで交渉成立。



お兄さんはなぜか自分は不幸だという表情を
しまくってこちらにアピールしてくる。
昼ごはんもまだ食べていないんだなんて言っている。



冷たいようだけど、
そんなことはこっちには関係ない。
自分で倒したんだから当然なことだと伝えた。



でも、よくよく考えると倒したバイクを
しっかりと店員に行って
持ち主を探して話にくるだけマシだと思う。



大方、倒されても
そのまま壊れたまま放置される可能性だって
十分あり得る。


それがタイ。



さっとくバイク屋へミラーを買いに行く。

するとグーグルマップカー発見。


何だかちょっとしたレアアイテム発見した気分で
テンションが上がる自分も発見w



今月2回目のバイクの改造部品屋さん。

とりあえずミラーを280Bで購入。



その後、修理屋へ。



すると修理に時間がかかるから
明日の朝に預けて夕方に取りに行くというプランになった。



生活しているといろいろなことが起るもんです。



1つ1つ対処するしかないですね。

おすすめの記事