2016年8月6日土曜日

忙しいときこそ、目の前の仕事から離れる。

週末は激務の日になることが多い。




単純にやるべき仕事量が他の日より多いから。




これは事前にわかっていることだから
月曜から分散しておけばいいんだけど、
目先の仕事が終わった自分への息抜きなんて理由で
目先の仕事にめどが立つと
力をセーブする自分がいる。




で、週末が激務になる。




朝からずっとダッシュをしている感じ。



ただ、このダッシュをしていると
ふと思うことがある。



例えば、
下を向いて激流の中、
ボートを漕いでいるような感覚。



全力で漕いでいるけど
果たして方向はあっているのか?
そんな本来なら超大切なことを
考える暇もなくオールをこぎ続けている感覚。



それがとっても嫌で
今日は激務の中、あえて強硬してみたことがある。





あえて、いつも行っている喫茶店に行って
全く関係ない読書。



この鬼気迫る仕事の中の読書。



普通ならありえないんですが、
これが自分にとっては相当に良かったです。



離れて読書をしていながら
頭の中では仕事のことが継続しているようで
ひらめきがかなり生まれたんです。



ひらめいたことが
その日の仕事に生かすことができて
かえって喫茶店での時間のお陰で
仕事の質を高めることができました。



当然、仕事量は落ちるんですが、
それ以上の質を手に入れることができました。




忙しいときこそ、
少しの時間でも良いんで
目の前から離れてみる。




これは今日の最大の収穫でした。


もちろん、週末に仕事を溜めない
ということがより大切ですが^_^;




それにしてもこのTOPSの喫茶店には
結局、月から金まで
毎日通っていることになる・・・



超常連状態です。

おすすめの記事