2016年8月10日水曜日

獣は神仏を恐れない。人間の中にも獣がいる・・・

バンコクは日本人が思っている以上に都会です。

が、まだまだ荒削りなんですよね。


自然もポツリポツリとワイルドに残っていて
日本みたいに整備された自然じゃないんです。
若干放置気味の自然。



そんなワイルドな自然の中、
たくましく生きているのがリス。


人間が神仏に供えた食べ物を狙ってきます。
写真を撮るためにかなり近づいたんですが、
上の写真のように3匹のリスがこちらを警戒しつつ
お供え物へ。



リスにはバチは当たりませんからね。



バチという概念が無いからでしょう。



本当に神や仏がいるのかわからないけど、
無宗教の人でも心のどこかには若干信じている心があって
悪いことをしてしまうと心残りとなって
自分を自分で苦しめてしまうんでしょうね。


が、本当の悪に心を売った人間は
バチなんて当たらない。


リスなどの獣と一緒だから。


そんな人間が街中に潜んでいるし、
ネット上ならつながっているかもしれませんね。
知らず知らずのうちに。



ネットは便利だけど、獣とも紙一重。



大人はある程度大丈夫だけど、
子どもたちは無防備な状態にさらされている。


だから大人がそんな怖い一面も
教えてあげる必要がありますね!

おすすめの記事