2016年8月17日水曜日

好きなことを仕事にしたから、日々が自然と仕事になる。



8月16日をもって1学期の
TJブリッジの授業が終了です。



自分の中ではプチ仕事納めという感じ。



自分の仕事には仕事納めが3回あるのが
他の方とはちょっと違うところ。



ただ、毎日が緊張の連続という自営業だからこそ
学期が終われば一気に緩和することを許可しています。
自分で自分に^_^;

こんな感じ。緩和です。



何事も
緊張と緩和のバランスが大切。




ただ、やりたいことを仕事にした自分にとって
緩和しているときも
実は仕事につながっているものなんです。




回り道し、紆余曲折の過程を経て、
今の仕事にたどり着くことができたからこそ、
仕事に対して好き度合が強いんです。



好き度合が強いからこそ
好きなことというのは
別に休みとか関係なくやっています。



自分は緩和しているつもりでも
冷静に自分の日常を振り返ってみると
毎日教育については
頭のどこかで考えている。



趣味の読書していても
どこかで自分の仕事につながるヒントはないかな?
という視点で読んでいる自分に気づきます。



そもそも教育に関する本だったりもします。
漫画を読む感覚で好きで読めるんです。
不思議でしょうけど、好きなことだからしたいんです。



だからこそ、
回り道しても自分の好きなことを
仕事にできたことは幸せなことだな
と緩和の時間の中で
強く強く実感するわけです。



誰もが好きなことは仕事にできる。
が、そのためには大きな勇気がいる。



失敗する可能性があっても
突き進めるくらい好きでなければ
好きを仕事にすることはできないんじゃないかな
と感じています。




好きなことを仕事にすると
生きていることそのものが仕事になる。



ということです。

おすすめの記事