2017年2月27日月曜日

体温で充電できるスマートウォッチ!時計工のおじさんの未来は・・・



画期的なスマートウォッチが発売されようとしています。
2017年の秋予定だとのこと。


何が画期的なのか。


体温で充電してくれるんです。

温度差を利用して
電気を生む仕組みだそうですが
もちろん構造はわかりません。

ただ、わかることは
画期的であり、
かつこれからの時計のスタンダードのモデル
なってくるかもしれないということ。


バンコクの街には個人経営の時計屋さんを
けっこう見かけます。

電池交換が簡単にできるので
本当に重宝しているんですが、
このスマートウォッチを見て
店員のおじさんの顔が思い浮かびました。


電池交換という収入減が
どんどん減っていく未来が訪れます。

さらに、修理と言っても
修理の概念が変わってきます。

機械の修理ではなく
デジタルの修理。

これは時計修理というより
パソコンの修理に近いですね。

スマートウォッチの修理は
もうおじさんの扱えるラインナップからは
外れています。
対応できない人は多くいるはずです。


まだスマートウォッチの普及率が低いですが
あと10年したら
もっと当たり前にみんな身に付けている可能性が
高いですよね。

私もカシオのGショックをずっと使ってますが、
次買うならスマートウォッチにするかもしれません。

価格も1万円代と
普通の時計と変わりません。

とにかく機能が充実しています。
表示も気軽に変えられ、
時計のズレもネットにつながっていれば
ないですし、そもそもデジタルは軽量化でしょう。
外観もシンプルでかっこいいです。

心拍数などの健康管理もできるし、
もしかしたら音楽なども
気軽に楽しめるのかもしれません。

こうやって
便利になる世の中ですが
それに対応できない人の仕事は
どんどん消滅していく。

便利になることは嬉しいことですが、
その陰で苦しんでいる人もいる。

未来をしっかり見据えていないと
本当に自分の足場も危くなります。

車だって、機械という概念から
変わって、今はトヨタは大手ですが
未来はアップル、グーグルが
再大手で下請けになっている
なんてこともあり得ない話ではありません。

なにせ、ITの弩級のプロですから
自動運転などの技術は圧倒的でしょうからね。

会計士の仕事はなくなると言われています。
運転関係の仕事も。
下手したら弁護士も。

入力して出力する系や
機械にやらせた方が安全かつ正確なことも
人間の仕事として消えていきます。

しかも、加速度的に技術は進化しているんで
手塚治虫先生の漫画的に遠い未来ではなく、
かなり近い未来にくるはず。
どうなるんでしょう。未来は。

前回の記事
超欲しいミニファミコンをバンコクで発見!

おすすめの記事