2017年2月23日木曜日

1日の激流のような時間の流れに流されない生き方


1日の流れが速過ぎる・・・。

サーキットで右から左に高速で首を動かして
F1を追う人のように。

ヒュン!っとあまりの速さで過ぎていく時間。
ちょっと気を抜いていると
1時間くらい余裕でもっていかれてしまう。

あっ!もう午前が終わった。。
ってな感覚を味わうことが何度もある。


昼飯を食べながら振り返って、
午前中っていったい何していたっけ?
と唖然とすることもある。


別に何かぼーっとしているわけではなく
何かしらの行動をしていたにも関わらず。


自分の人生に目的意識が無いと
他人の目的に流されてしまう。


流されて生きていると
記憶に残りづらい。


例えばネット。
ネットのあらゆる記事というのは
他人が作ったもので
自然と目にしてしまう。


確かに興味が沸いて
クリックしているのは自分だけど、
もともと積極的に探しにいった情報では
ないことが多い。


まぁ、確かに興味があるからな。
そんなレベルで時間をもっていかれる。


いろいろ読んだはずなのに
どうだろう。覚えているだろうか?
昨日読んだネットの記事なんて
頭の隅っこにも残っていないものばかり。


今の自分は過去の自分の時間の使い方によって
決定している。


だから、
今まさに日々の時間の使い方が
未来の自分を形作るわけです。


そう考えたとき、
今の時間の使い方は正しいのか?
ということが常に疑問にわくわけです。


が、やるべきことなどが頭で
整理されていない状態だと
この時間の激流に
あれよあれよと飲み込まれてしまって
一日の終わりにこう思うわけです。
明日やろうかな・・・


それでいいの?
俺はいいんだけどね。

と昨夜TOPS前の犬が語りかけます・・・^_^;

おすすめの記事