2016年12月27日火曜日

謝罪会見とダブり、スッキリしないSMAP×SMAPの最終回・・・





海外であるタイにいると
日本のテレビをリアルタイムで見られない。
違法だろうが見る方法もあるが・・・



YOUTUBEでSMAP×SMAPのラスト
「世界に一つだけの花」を歌う動画を見た。



さすがに胸が熱くなった。



SMAPと共に成長した香取慎吾と
私は同じ年。



なので、
自分が成長するとき、
丁度思春期のころから
SMAPは画面の前に当たり前に
存在し続けたグループです。



思い入れが強くあるわけではなくても
それだけ当たり前の存在がいなくなるとき
胸が熱くなるものだと実感しました。




ただ、終わり方がし過ぎます。




世界に一つだけの花を歌って、
深々と礼をする。


無言で。



なんか謝罪会見とダブってしまいました。



泣き崩れ、
独り後ろを向いて列から離れたところで
涙をぬぐう中居さんの姿も
何か言いたくても言えないものがあることを感じます。



涙するメンバーがいるのに
それにはっきりとは気づかない他のメンバーたち。



涙するリーダーの元に誰一人集まろうとしない
ただただ無言の状態。



あれだけいろいろ乗り越えてきた
SMAPという国民的なグループの終わり方
としては、かなり物しいものを感じました。



BADENDの映画のように
心がスッキリしない状態のまま。



メンバーの空虚な心が
見ているこちらにも空虚を生み、
ただただ、胸がちょっと痛く、熱く、
見入ってしまいました。



終わったんだな。



あの状態を見ると
そう思わざるを得ませんが、
スッキリした気持ちで
終わったんだなと感じることができないことが
モヤモヤして気持ち悪いです。



SMAPファンだった人たちの気持ちは
もっともっと々としたものなんじゃないかな。


これで終わりだなんて
ファンの人たちは辛すぎるでしょう。



なんかすごく大きい事務所の力が
働いていて
解散については一言も触れてはいけないかのような
感じがします。


Amazonのページでも
SMAP関連の商品は
写真が使用できないから
変な画像になっています。



とにかく事務所が閉鎖的過ぎるのを
感じます。



虚無感が強い
SMAP×SMAPのでした。