2016年12月26日月曜日

親もサンタからプレゼントをもらっているんです。

プレゼントをもらわず与えるクリスマス


親として迎えるクリスマス。


プレゼントをもらう側から
与える側になり、
自分のためではなくお金を使うことの喜びを
味わうことのできる日。


子供たちの喜ぶ顔を見ることができれば
それが本望。



自分の存在より大切に思える存在が家族にいる。



なんて嬉しいことだろう。


サンタにプレゼントはもらえなくなったと思っていましたが、
実はもらえているようです。


そんなことを感じつつ、クリスマスは
目の前を通り過ぎていきます。



すぐに年の瀬モードです。
が、夜も30℃のバンコクでは
自分の中には
まったく年の瀬の雰囲気が沸いてきません。



庶民の味方ではない回転寿司



自分の両親もつれて
回転寿司へ。



日本で回転寿司と言えば、
庶民の味方。


タイではちょっとだけ
贅沢な食事になります。



1皿が80Bくらい。
家族4人、両親2人の計6人で
3000B弱となりました。


クリスマスなんでOKです。
全くクリスチャンではありませんが。


何でも受け入れる和の精神です。



サンタクロースとの遭遇



デパート内ではサンタが歩いていました。
いつもは何をしている白人男性か
知りませんが、今は子どもたちのヒーローであることは
間違いありません。


癒しの文鳥


家にいる文鳥。


家の中のどこに行くでもなく
私の膝の上で完全に熟睡。


信頼に答えるべき
微動だにしない自分。


癒されます。



そんなこんなであっという間に
クリスマスが通り過ぎていきました。

おすすめの記事