2016年12月2日金曜日

もっともっともっと。終わりが無い上向き思考


ニュースを見ていると
経済が失速だの景気後退だの
マイナスの言葉が目に飛び込んでくる。


そして、お決まりの今の政権を批判するような声。


社会人になってこのパターンの情報は
うんざりするほど目にしてきた。
聴き過ぎて、心が反応しなくなるほど。


そもそも、景気はずっと上向きでなければならない
っている考え方そのものに無理があるんじゃないか?


経済成長、日本の人口増加を
ずっとし続けていかなければならない
ってことだって無理がある。


地球には限界がある。


家庭に目を落としてみても
ずっと収入が上がり続けなければならない
ってのは苦しい道だ。

お父さんが頑張って
現状維持していることだって
素晴らしいことで褒めてあげたい。


そして、無駄使いをやめて
家族で楽しく生活しているのに
横から収入が停滞しているから
この家計は失敗だ!なんていわれたくもない。


かりに永遠に給与が上がり続けていくなら
そのために売上を今以上にあげる必要があって、
売上を今以上にあげるためには
どこかで苦虫を食いつぶす人が生まれるんだろう。


どこかの社長が高層ビルでワインパーティーをしているとき、
その会社の製品を生み出すために
発展途上国で学校にも行けず働く子がいる現実。



安い賃金、劣悪な労働環境で働かせている
低年齢の子どもたちのことなど
今の私たちは知る由もない。
情報すら受け身では耳に入ってこない。


日本は人口が減り続けている。
そもそも稼ぎ出す人が減り続けているのに
現状維持できているだけでも奇跡なんじゃないかな。


経済成長、株価上昇とかより、
政治資金不正使用やら領収書問題やら
無駄な公共事業やら、
無駄遣いを減らすこと
もっともっと力を注いでほしいと思う。

経済成長


永遠の成長なんてありえないんだから。


これは人間も同じで
経済経済とばかり追求していたら
目の前の家庭が置き去りに。


今でも幸せなんじゃないかな。
もっともっと家族のお金を増やさないと
幸せにはならないのですか?


私はそうは思いません。
お金はないよりあった方が良いです。

が、あり過ぎる必要はないです。


それより、今目の前の家族と幸せに
過ごせるならいいんです。


そんなことを考えています。

おすすめの記事