2016年3月6日日曜日

MBK「マーブンクローン」日本の恥を発見した1日

昨日は久しぶりにMBKに行きました。



ここに来ると観光客としてタイに来ていた日を思い出します。


入口付近には小さい祠。
ショッピングセンターという近代的な建物との
コントラストが良い雰囲気を醸し出しています。

昼ごはんはピザを食べました。


隣にいた欧米の女性4人グループは
1人1ホールのピザを注文していて圧倒されました。


MBK内は相変わらず、タイの混沌を圧縮したようなつくり。



ただ一つ気になったのが
日本人の大学生の旅行者グループのこと。


「のりがいい」ってのは大学生にとって
大切なことは良くわかります。


4人グループが
ムエタイパンツで店内を闊歩。
 

ムエタイ商品売り場に行くと、
あろうことか上半身裸になり、
サンドバックを蹴る真似。
 

ウケるウケると手をたたきながら
他のメンバーが大はしゃぎで写真撮影。
グループ内では相当にウケているから
さぞ楽しいものかと思いきや、 
そのグループを眺める周囲の観光客と温度差は
熱帯と冷帯のごとく。
 

他国の観光客、タイ人の店員は
怪訝そうな無表情で眺めるシュールな空間。
同じ日本人として
かなり恥ずかしい思いを味わいました。



このように建物の中に大きく国王の肖像画があるのが
タイらしさを強調しています。



本当に国王を愛する国民性が出ていますね。


日本人として身を正して生きていこうと思い直した1日でした。