2016年3月20日日曜日

夢を追い続ける!人生を消化試合にしないために。


自分の塾で6年生まで教えていた子が
日本への帰国と合格の報告に来てくれた。
もう4月から高校生。



CM関係の仕事につきたいという
立派な夢をもっていた。



TJで大切にしているのは
夢をもって生きるという姿勢です。



夢があれば
生き方が前のめりになれる。



嬉しいことは続くもので、
土曜の夜にも帰国するという教え子が
高校の合格報告もかねて電話をしてきてくれた。




海外の子どもたちを支援する活動をしたいという
素敵な夢を語ってくれた。
国連の職員も視野に入れているとのこと。




高校3年間は野球も本気で頑張りたいとのこと。
人生は一回きりだから後悔なく、
野球も勉強も頑張ってほしい。
心から応援したいという気持ちが沸いてきた。



子どもたちの未来は輝いている。
本当に羨ましい輝きで
自分も刺激を受ける。



夢に向かって生きているとき、
さっきも言ったけど、
人生が前のめりになる。



人生を消化試合の様に過ごすのではなく、
自分で試合をコントロールしていく姿勢は
本当に素敵だ。




自分も子どもたちに負けてはいられない!
身を以て夢を追いかける姿を見せていきたい!



一教師ではあるけども、
一人間として、これからも夢を追い続けていきたいと
心から思えた週末でした。