2016年3月16日水曜日

偶然?二コラボ(NICOLABO)教育コラムの脅威のシンクロ率・・・


 NICOLABO(二コラボ)という広告の中に
「アラジンの魔法のことば」なんてコラムがあった。


家に溜まった広告を捨てる前に読んでいて、
いいこと書いてあるなぁと感心した。


筆者はNOAH(ノア)という学習塾の教室長さんとのこと。
存じ上げないが、自分も同じ塾経営者として
勉強をしていこうと刺激を受けた。


一年の計は元旦にあり。

自分も生徒に良く話すことだが、
諸説があるなんてことまで知らなかった。

▲二コラボ2016年1月号より

ただ、あっているかを調べるのは
教育者として当然の行為。
本当に他意はなかった。



ネットで調べてみると、
全く同じ文がありました。。。


筆者が違うけど全く同じ文です。



自分の見間違いではないと思うんで
こちらを見てみてください。


ネットでは2013年の執筆です。


二コラボ広告では2016年1月号です。




捨てずに残してあった
二コラボの2月号を見てみる。



アクティブラーニング。
最近話題になっている手法だ。


自分も前々から調べて知識を得てはいたが、
かなり造詣が深いようだ。


ただ、さすがに初回は他意はなく調べたが、
今回はちょっとした疑いの目をもって
ネットで調べてみました。

▲二コラボ2016年2月号より

ベネッセの記事です。
http://benesse.jp/kyouiku/201512/20151211-3.html



もし自分で考えて書いているならば
驚異のシンクロ率ですが
さすがに可能性としては低いと思います。



さすがにここまで堂々と盗用するなんて信じられないので、
自分が間違っているのかもしれません。
寄贈した文なのかな?
などと自分のことを疑いたくなってきます。



引用したのであれば、
普通は引用と書かなければならないし、
引用は一部であって全文であってはならないはずだと思う。




このもとになる文を書いた人というのは
絶対に何回も推敲しながら、
一生懸命に書いたはずです。



その人の文を何の断りもなく
自分が書いたかのように載せているのだとしたら
さすがによくないことなんだと思います。

例え無料広告紙だとしても。

信用して頼んだ二コラボの代表の方の顔に
泥を塗る行為だし。


タイは日本国外だから
構わなかったりするのかな。
面倒なんで別に調べる気もありませんが。



たいしたことないのかもしれませんが、
1人だけ気付いている状態が何かむなしいので^^;