2016年3月18日金曜日

無宗教の自分が目指す方向性


今日も昼ごはんを買うためにTOPSへ。
入口には犬が寝ころび、行き交う人を眺めています。




昼ごはんを買うときに
珈琲を飲みながら読書をしているのですが、
最近よく考えているのが
自分が無宗教だからこそ
生き方を追い求める必要があるということです。



宗教をもっている人は
自分以外の価値観を信じて、
それに従って生きていきますよね。



宗教の無い自分は
従うべきものがないわけです。


だから、
その価値観の様なものは
しっかりと自分で創り上げて固めていく必要があるということです。



なんとなく生きるのではなく、
常に自分の知識をアップデートしながら、
色々なことを深く考え続けていく。



その結果、何か1つの方向に
価値観が収束していければいいな
という漠然としたことを考えています。



本を読んでいて、
読むたびにコロコロと考えを変えたくない。


でも、良い意見があれば取り入れていきたい。
その取り入れることって自分を無くすことなのかな?
と考えた時期もありました。



でも、最近は本に書いてある新しい考え方に
受け身ではなく、
自分で攻めの姿勢で考えながら接していけば、
自分を無くすことではなくて、
自分の考えが収束してくる感覚があるんです。



まだまだ
収束の流れが見え始めたという入口のようなものですかね。
感覚だから伝えるのは難しい。




ただ、確実に歳を重ねるごとに
自分の求めているものが見えてくるようになった気がします。
なかなか歳を重ねるとはいいもんだな
と感じた1日でした。