2015年12月26日土曜日

坂本龍馬になったぜよ。


大人になると
クリスマスはプレゼントする側になり、
別に見返りを求めていないからこそ
見返りがあるととっても嬉しいです。



見返りを求めて見返りがあるより
見返りを求めていないで見返りがあることが
喜び大です。

マッサージ券


仕事を終えて帰ると
机の上に息子からのマッサージチケット。

クリスマスのプレゼントをもらいました。(;へ:)
当然親になり、クリスマスなんてのは
子どもへのイベントだと思っているんで、
見返りなんて求めていません。
だからこそうれしいです。



さて、わが家に訪れたサンタは
PS3をプレゼントしてくれました。




私が小学生の頃にゲームをやって育ってきたので
別にゲーム機器にアレルギーの様な
拒否反応が無いんです。




別に時間を守れば全く問題ないと感じています。
もし、子どもの成長に害があるなら、
私も害を受けて成長したということでしょうかね^^;


フォーチュンタウン


問題が2つ発生。

ゲームの音が出ないこと。
コントローラーのコードが無いこと。


PS3のコントローラーはもともと1つしかついていないんで
別にもう1個のコントローラーを買ったんです。
が、コードが元からの1本しか入っていない・・・



クリスマスイブの翌日の午前中。
息子がいないうちに慌ててフォーチュンへ。



音は設定が無音の設定になっていただけで
すぐに解決。
そんな音なし設定にはじめからしておくなよと突っ込みそうになりました。



コントローラーは・・・
1本のコードがあれば
ワイヤレスの設定ができるんだと。


そんな進化しりません。
ファミコン世代はコードがあるコントローラが当たり前。


フードコート

ということでついでにフォーチュンで昼ごはん。
フードコートで食べようと思いましたが、
チェスターズグリルで落ち着きました。

チェスターズグリル

軽いタイ飯のファーストフード店ですかね。
あまだれがご飯の上に乗っていておいしいんです。



とにかく朝10時から午後2時まで。
お父さんの苦労を子は知らず。。。




さて、ゲームは息子のプレゼントですが、
私にとってもプレゼントだったようです^^;

坂本龍馬


私は幕末の歴史が好きなんです。
特に司馬遼太郎さんの竜馬がゆくは読破しましたし、
NHKの龍馬伝は生で見て、
さらにDVDでも見たくらい坂本龍馬が好きです。



坂本龍馬になれるゲームがあったんです!




龍が如く 維新!
 やる以外の選択肢が見つかりません。
やらないの文字が辞書から完全に消えました。



ファミコン世代にはあり得ない映像。
完全に主人公として物語の世界に入り込めます。



ほぼドラマを見ている感覚でありながら
移動や剣で戦うところなどは自分で操作するんで
これハマります^^;



大人が時間制限をしっかりしないと
子どもがどんどんやりたくなる気持ちが
十分わかります。



この感覚、
例えるなら・・・・



とっても見たかったドラマのDVDを1話からラストまで
友達からプレゼントしてもらったとします。


手元にドラマのDVDがあります。
それなら1話見終えたら
2話も続けて見たくなりますよね?


わざわざDVDを交換しないで
2話もそのまま再生していたら流れるとしたら
みちゃいません?



その感覚なんです。
ついつい先をやりたくなるんですよね。。。



大人なんで時間を決めて、
びしっと辞めています!
子どもはキツイだろうな。



ゲームをやっている時間なんてあるのか?
と自問自答。


ショッピングでお金を使ってストレス解消する人っていますよね。


時間も意味のないようなことに使うってのはストレス解消になります。
ゴルフであれ、釣りであれ、
自分の経済的な活動とは離れていますよね。


そうやって意識的に非日常として時間を使うことって
すごくストレス解消になるんでしょうね。



自分は酒を飲まない。
ゴルフもしない。
ということで少々ゲームでストレス解消しても
いいんだ!と自分で自分に言い聞かせています。



なんて深みもないクリスマスイブと
クリスマスの独り言でした。


----------------------------------------------------------
バンコク学習塾・タイ語学校・英会話学校

代表 小川 一樹

タイのリアルタイムの情報を届ける
ツイッターはこちら

⇒私が選ぶ厳選名言集
フェイスブックフォローはご自由に☆
お初の方の友達申請も受け付けています。
ただし、本人のものかわからないページの場合は
怖くて承認できません^^;

----------------------------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿

おすすめの記事