2015年12月14日月曜日

オオトカゲあふれるルンピニー公園の野外コンサートの風景


我が子を叱るということ



昨日の午前中は
我が子を強めに叱る場面があった。


叱るということを1つとっても
いろいろと考えることはある。



良くお店で見かけるのだけど、
叱らない、いや叱れない親も増えているらしい。


そりゃ叱るのは誰だって嫌でしょうね。
私も嫌なんで
気持ちはわからないわけでもないですね。



でも、優しいのは良いけど、
舐められてはいけないんだと思います。


子どもたちは
大人たちより優れた動物的な感覚で
距離感を常にはかっているもんです。



ひとたび舐められてしまったら
そこから取り返すのは
本当に大変なものです。


ルンピニー公園の野外コンサート


午後はルンピニー公園に
野外コンサートを見に行った。


猫も涼む暑さ。
涼む猫



コンサートの前に時間が少しあったんで
毎度のことながらスワンボートで
30分間のぷかぷかと人工池を漂っていました。

スワンボート

この緩いスピード感が癒し効果をうみます。


スワンボート

毎日は駆け足ですからね。
ボートに乗っているときくらいは
ゆっくりゆっくりといきたいもんです。

ルンピニー公園のスワンボート



タイの人工池はワイルドで
オオトカゲが至るところにいる。

オオトカゲ

タイに来た当初は驚いていましたが、
今では慣れました。

ルンピニー公園のオオトカゲ

あっちにもこっちにも。
ぐったり休んでいます。

ルンピニー公園のオオトカゲ

日本で見かけたら話題になりそうなサイズ。
かなり接近してみました。


おじゃましました。


スワンボートが終わり、
会場に行く前に
足が湾曲しているおじさんが
全力でランニングを頑張っている姿に遭遇。



自分の与えられた環境で全力で頑張る姿に
勇気をもらえました。



コンサートは無料といえども本格的。
ルンピニー公園の野外コンサート


去年も来ましたが、
ひと時のリラックスタイムを過ごすことができました。

ルンピニー公園の野外コンサート


だんだん日が暮れていき、
ライトで照らされるオーケストラの人々を見るのも
なんかよいもんです。

ルンピニー公園の野外コンサート


我が子たちも聞いていましたが、
ちょっと飽きていたようです。


犬は音楽を好んで聞く?
音楽を好んで聞くということは
人間として心が豊かな証拠。



だから
徐々に知らない曲でも楽しめるようになると
心が成長しているということだと伝えました。



来年あたりはもっと楽しんで聞いてくれるかな?



そんな1日でした。

----------------------------------------------------------
バンコク学習塾・タイ語学校・英会話学校

代表 小川 一樹

タイのリアルタイムの情報を届ける
ツイッターはこちら

⇒私が選ぶ厳選名言集
フェイスブックフォローはご自由に☆
お初の方の友達申請も受け付けています。
ただし、本人のものかわからないページの場合は
こわくて承認できません^^;

----------------------------------------------------------