2015年12月16日水曜日

タイに住んでいるんじゃない。住まわせてもらっているんだ。

最近強く感じることがある。



日本人がたくさん住んでいるところに
住んでいると
ドヤ顔で歩く日本人を見かけることがある。



道ですれ違うタイの人を
不審者のごとく敬遠するような
表情で歩く人。



お店の店員に対して
妙にぶっきらぼうに話す人。



日本語混じりのタイ語
ワンニ―な・・・
マイサバーイだから、・・・
カオチャイマイ?


日本語混じりで話すことは悪いことじゃない。
タイ語を勉強していることは
素晴らしいと思う。
でも、そんな話し方をしておいて
理解できないタイの相手に
怒っちゃいけないと思う。


たぶん、欠けている認識があるんだと思う。



その認識は
【タイに住まわせてもらっている】
ということ。




私たちが住んでやっているわけでもない。
タイの人たちが生きるためにある国。



その国におじゃまさせてもらっている
という感覚を忘れてはいけないんだと思う。



タイの街並みは変わりつつある。


日本の看板がすっごく増えている。



とても住みやすくなってきたんだけど
自分も含めて忘れてはいけないのが
住まわせてもらっているということ。

タイの風景


謙虚に生きていきたいと思った1日でした。


----------------------------------------------------------
バンコク学習塾・タイ語学校・英会話学校

代表 小川 一樹

タイのリアルタイムの情報を届ける
ツイッターはこちら

⇒私が選ぶ厳選名言集
フェイスブックフォローはご自由に☆
お初の方の友達申請も受け付けています。
ただし、本人のものかわからないページの場合は
怖くて承認できません^^;
----------------------------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿

おすすめの記事