2017年8月6日日曜日

野沢直子さんの長女、真珠・野沢・オークライヤーさんの自然体の強さ

私は格闘技が大好き。

高校時代にグレイシーが日本に上陸したときは、
自分の伝統空手だけでは厳しいと危機感を覚え、
掌底あり、寝技ありで友達と日々研鑽していました。


また、サンドバックを買って、
夜に公園のうんていに吊るして、
蹴り続けていたので、
地面に軸足の回転による穴ができたほど。


もちろん、見ることも大好きで、
先日、RIZINという番組がやっていました。


そこに野沢直子さんの長女の
真珠・野沢・オークライヤーさんが
プロデビュー戦が放送されていました。


正直、線が細かったんで、期待をしていませんでしたが、
入場シーンからひきつけられるものがありました。


完全にリラックスした状態に
いっきにひきつけられました。


通常、ベテラン選手でも
入場シーンを見ていると、
緊張感を払しょくするために
ちょっと興奮させてみたり、
祈ってみたりと
気合いを入れてみたりと
戦闘準備に入るための行動が見られます。


でも、真珠・野沢・オークライヤーさんは、
つねに笑顔で、自然と身体から出る軽いダンスを
していました。


これからの試合を楽しみにしている
ということが表情、行動から伝わってきたんです。

真珠・野沢・オークライヤー
フジテレビ「RIZIN」より


右が真珠・野沢・オークライヤー選手。

試合直前も自然な笑顔で、
完全にリラックス。

左の人は顔が固いですよね。


心が何かにとらわれているか
いないかは表情に出るものです。


左の人は闘争心が出ていて、
冷静な攻撃ができない可能性が高いです。


とらわれない表情は
400戦無敗のヒクソングレーシーを見たときの
感覚に似ていました。
    過去記事→ヒクソングレイシー無敗の法則

ヒクソンも自然体でしたが、
もともとの性格は無骨なんで、
無表情でした。


それと同じように、
試合以外の余計なことを考えず、
試合そのものに
完全に溶け込んでいる。


勝とう、負けたくない、
そんな気持ちは無く、
純粋に試合に入りこんでいる人は
相当に強いはずです。


心がとらわれていないので、
あらゆる動きが自然にできるからです。


実際戦っているところも見ましたが
寝技に入ったときがすごかったです。

肘。

あれほど、躊躇なくすぐに肘を落とせるとは
完全に心がとらわれていない証拠だと感じました。


上になった。

顔のガードが甘いことに気づく。

だから、本能的に自分の肘を叩き込む。


ここの流れが、
あまりにもよどみなく自然なので、
肘が無理ならこんどはグーパン。
と、攻める手が止まらない。


まだ23歳だそうです。
これから相当に強くなる選手だと思いました。




真珠・野沢・オークライヤー選手は
野沢直子さんの長女ということもあり、
益々目が離せない選手になりそうです。


次の試合が楽しみです!

0 件のコメント:

コメントを投稿

おすすめの記事