2017年8月13日日曜日

2017年オールタイランド剛柔流チャンピオンシップ

今日は息子が参加する空手の大会
「2017年オールタイランド剛柔流チャンピオンシップ」
がありました。
2017年オールタイランド剛柔流チャンピオンシップ


結果は個人組手が初戦敗退。
判定の3対2


個人形も初戦敗退。
判定は3対2


チーム形 優勝


結果として、チーム形で金メダルを
獲得することができましたが、
個人組手、個人形と対戦相手が強かった。
総合的には課題が多い結果です。


結局は、相手より実力が劣っていたから
負けただけ。

負けたら次頑張ればいい。


空手はシンプル。


強ければ勝つ。
弱ければ負ける。


確かに相手は強かったんだけど、
言い訳にしてはいけない。


冷静に客観的に自分を見つめることが
成長には大切なことです。


形を見ていても
組手を見ていても
まだまだ型無しの段階。

型破りの道は遠い。

守破離で言えば、
守ができていない。


基本の甘さが
軸のブレにつながっていて、
軸がぶれているから
相手の変化に対応できない。


筋力そのものの足りなさがあるけど、
軸がぶれているから
行動が後手後手に。


この軸がぶれる感覚は
基本を通して自分で体感しなければ
意味がないことです。


自分が戦うわけではないので
見ていて歯がゆいものがあります。


負けるも人生。
勝つも人生。


空手を楽しんでほしいと思います。


ちなみに夜はFujiレストランで
日本食でしめました。
Fujiレストラン

Fujiレストラン


関連記事
空手Armanda Openに参加した話

0 件のコメント:

コメントを投稿

おすすめの記事