2017年8月2日水曜日

北朝鮮のミサイルは厳重に抗議するレベルを越えて宣戦布告では?

タイに長く住んでいるからだろうか。


日本人との感覚がずれきてしまったのだろうか。
この画像は、2017年7月28日に北朝鮮が発射した
ミサイルがどこに落ちたかを示したものです。


これをうけて日本がした対応が
厳重に抗議するレベルだと。


また抗議・・・


この地域は北海道の漁民が
活動していてもおかしくない場所。


死者が出る可能性がある場所です。


他国が自国の漁船がいる地域に
ミサイルを落下させる。
誤射ではなく。


これは普通なら宣戦布告レベルだと思います。


例えば、
自分が一軒家に住んでいて、
庭にコンクリートの塊を隣の家から
投げつけてくる人がいたとします。


これは明らかに宣戦布告ですよね。


「厳重に抗議する。」
というパフォーマンス的な言葉を
家族の前で語って終わらせませんよね。


日本人である漁民がいる地域に
ミサイルが打たれる。
これを日本は撃ち落とせなかった。


さらに、ただ厳重に抗議する
という言葉で終わらせる。


テレビでは、芸能ゴシップ、
政治政党間の争いばかり。


日本人が働いている場所に
ミサイルが撃ち込まれたにも関わらず。




何が問題かって、
どこまでやられても
結局は本土を確実に爆撃されて
多くの死者を出さない限り、
日本は動かないという事実。


もしくは本土を攻撃されても
アメリカが動いてくれるまで
厳重に抗議してそう・・・^_^;


自分は戦争反対です。当然。


喧嘩だって反対です。


でも、我が子が遊ぶ自宅の庭に
コンクリートを投げつけてくる人がいたら、
さすがに家族の命を守るために戦いますね。
喧嘩が嫌いでも。

0 件のコメント:

コメントを投稿

おすすめの記事