2017年8月11日金曜日

韓国の虚構映画「軍艦島」「battle ship land」への怒り

今日は嫌なものを見つけてしまいました。
ちょっと見づらいですが、
RCAの映画館の上映の看板。

左側が「Battle ship land」「軍艦島」です。

韓国が作った映画ですが、
内容が識者の中で物議を醸し出しているものです。


というのも、軍艦島の住人の証言によると、
韓国人の労働者も仲良く過ごしていて、
決して虐殺や強制労働はないということ。


虐殺や強制労働の証拠もなし。

それにも関わらず、
この映画は、日本人による韓国人への
強制労働や虐殺などの史実と異なることを
堂々と放映しているのが問題です。。。


タイの人の日本人に対するイメージが
少しでも悪くなってしまうのなら
悲しいことです・・・


フェイスブックでもこの話題を
シェアしてアップしたんですが、
反応があったのは10人くらいだったかな。


カップラーメンの画像をアップしたら
50人近く反応があったのに・・・


もし、フェイスブックをやっている人がいたら
タイの人に誤解されないためにも
シェアするか、何かしらのアクションがほしいと
思ってアップしたんです。


無関心だから
既成事実になってしまうんですよね。


いじめでも同じ。


直接かかわっていなくても、
周りで黙ってみている人も
いじめているのと同じなんですよね。


どうしてしれーっとしていられるのか。
あまり日本にいると日本のことが気にならないのかな。
私が海外にいるから
日本に対する愛がちょっと強くなっているのだろうか。


まぁ、いろいろな考え方があるんでしょうね。



昼ごはんは
かつ丼65B(195円)。


しばらくは、TOPSに行くたびに、
韓国映画の軍艦島の看板を見て、
ちょっと不快な気分になることでしょう。


日本と韓国は仲良くなれないのですかね。

関連の過去記事
怒りの感情をコントロールする



0 件のコメント:

コメントを投稿

おすすめの記事