2016年7月31日日曜日

海外で生活するということ


最近、日本の景気が悪いからか
海外で生活することを勧める情報を目にする機会が増えた。


海外で生きる



もう目線が先、先に行ってしまって
海外で生活したいという情熱に火がついてしまった人には
どんなことを言っても海外生活に向けて行動していることでしょう。




これから海外生活のマイナス部分をちょっと書きます。



海外生活のマイナスな部分を聞いて
火が消えるレベルなら
日本で暮らしていた方が良いと思います。




そもそも日本での生活が苦しいから
海外に出たいという発想自体が危険です。




海外での生活が苦しくないとでも思っているのでしょうか。




海外での生活だって十分苦しいですよ。
日本と同じです。




日本での仕事から逃げるようにして
海外に来てしまった場合、
その人が海外で働く武器はなんでしょうか。



英語?



海外で英語が話せるからと言って
いったいなんになるのでしょうか。



英語が話せる人なんて山ほどいます。



これからもどんどん増えていくでしょう。



英語が話せるだけでは
海外で生活する武器にはなりません。
理由にもなりません。



英語なんてただの道具です。


海外に来て何をやりたいのか?

海外に来て何ができるのか?


そこが大切なんじゃないかなと思います。



日本が苦しいから海外に逃げるという発想ではなくて
海外で生活する目的をもっとはっきりさせる必要があります。



海外で日本人が働くとき
日本人経営の会社で働く機会が多くあります。


日本人経営の会社で働くのであれば
日本で働くのと同じです。


当然残業はあります。
日本人として細かく徹底した仕事を求められます。


せっかく海外に来たのに
海外らしい生活ができない人だって山ほどいます。



しかも、会社に所属していないと
労働ビザが手に入らないので
その会社に命綱を持たれています。



個人経営の会社に入れば
ビザもままなりません。



ノービザで影で働いている人だっています。


保険が無い人もいます。


海外で保険が無い。



若くて海外思考の強い
情熱あふれる時期だったら良いのですが
徐々に歳を重ねて病気になったらどうしますか?




保険なければ盲腸手術だけで
数十万円がなくなることもあります。



そこまで考えて海外に来ている人は少ないものです。



しかも年金。



海外で生活していて
年金を日本で払うことができなくなれば
老後の心配が出てきます。



若いうちに海外思考で楽しく暮らせると思って
海外に出ても
将来ずっとその生活が続けられると思いますか?



その会社がずっとあるという保証がありますか?



海外で自分が所属している会社がつぶれるなんてことは
日本以上にあります。



しかも、歳を重ねれば転職も苦しい。


結局、日本に戻ることを選択する人もいます。


しかし、日本でも年を重ねての就職は難しいもの。




海外で生活することを煽る人がいますが、
若者を煽る前に
なぜ海外で働かなければならないのか?
というところを明確にすべきだと思います。



なぜ日本ではいけないのか?




自分が海外で生きたいなら自分だけが生きればよい。


他人は海外に行きたければ
自分で調べて自分で行動するんだから。



人に頼っているレベルの人の背中を押すことは
返って危険な気がします。



海外で生きたい人は
誰に何を言われなくても勝手に行動する。



それくらいのバイタリティがある人が
海外で生活できるんだと思います。



迷うレベルの人の背中を押すことは
とっても危険だと思います。


海外で生活したいと迷っている人がいたら
もう一度自分の心の中を見つめてください。



他人に背中を押してもらっているレベルでは
海外生活は危険だと思います。