2016年7月1日金曜日

自由に生きる。責任と共に。


世の中の流れに乗って大学に行く。



そんな無駄な生き方はない。



せめて大学で流れを自分で変えることができたら救いだ。




本当は大学以前にやりたいことが決まっていて
そのために必要だから大学に行くとならなければ。



やりたいことが無いから
とりあえず大学に行くなんて
なんてムダな4年間だろう。
なんてムダな学費だろう。


さらに奨学金を借りてまで
とりあえず大学に行き、
とりあえず行ったからサボる。



やりたいことも見つからず
ただ社会人になるのを避けた
延命のような大学生活。



その後、やりたくない仕事につき
奨学金の返済にきゅうきゅうし、
ネットで愚痴をこぼす。



そんな無駄なことを子どもたちには
させたくない。


やりたいことが見つかって
大学が必要ないんであれば
行く必要なんてない。



専門学校でも全く構わない。



イラストレーターになりたい。
専門学校行く。


安月給でアシスタントになった。

苦しい日々かもしれないけど、
やりたくない仕事で多少給料が良いより、
人生としては幸せなんじゃないだろうか。



しかも好きな仕事なら開花する可能性も高い。
自分から前のめりで努力もできる。



やらされている仕事は後ろめり。


仕事終わりを待ち望み、
週末を待ち望む生き方は寂しい。



やりたいことを見つけるために
我が子には自由な発想を大切に育てたい。


放置するのではなく
見守りながら自由を与えたい。


いろいろなことを通して
やりたいことを見つけてほしい。


どんな進路になろうとも
自分が好きならいいんじゃないか。


そう思う。