2016年7月24日日曜日

本当に大切な本の存在感を高めるために



本を集めることに価値を見出す若かりし頃


読書が趣味で
家にはかなりの書物があります。

大きな棚2つ分、さらに机の横の棚も本で埋まっています。



若いころは自分が読んだ本を溜めることに
ちょっと価値を見出していました。



たくさんあることに疑問をもつ


でも、年齢を増すにつれて
たくさんある本に価値を見出すことができなくなってきました。


というのも、
読んだ本が全て血肉化しているかというと
けっこう覚えていない本もあったり、
再び読んでみると心に響かない本があったりということが
わかってきたからです。




大切な本が埋もれている




そんな中にも何回も読み返したい本が
結構眠っているものです。


ただ、自分の中であまり大切ではなく
2度3度と読み返さない本があるために
大切な本の存在感が薄れている気がしていました。




再読選読中




そこで地道ではあるんですが
再読して残す本と別れる本を
選別する作業をスタートしました。



かなり時間はかかりそうですが
再読はやはり新しい発見があって良いものです。



自分は本を読むときは
線を引きながら、思いついたことを
書き込みなんてしてしまうんで
古本屋には売れないんで
本当のお別れとなります。



が、本当に大切な本のためにも
頑張りたいと思います!