2016年7月13日水曜日

水清ければ魚棲まず。ある程度濁った生き方も素敵です。

人間は濁った心をもった生き物。



生まれたときは純粋かもしれないけど
社会にもまれるたびに濁ってくる。



そのことを良しとしない自分もいて
だから清い水にしようと懸命に努力もしている。




が、水清ければ魚棲まずも真
すぎる水には人は近づきにくいんだと思う。



水清ければ魚棲まず


ましてや、人にものを教える立場の人は
適度に濁った心も併せ持っておく方が
子どもたちも住みやすく大切なのかなと思う。



人づきあいもそうで
聖人君子の様な人とは腹を割って
話をし辛いもの。



清き水を目指すのは大切だけど
あまり潔癖になることなく
ゆっくりゆっくり
長い人生を味わいながら
徐々に浄化していけたらいいんだと思います。


迷い、戸惑う泥臭い生き方は素敵だと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

おすすめの記事