2017年5月23日火曜日

バンコク日本人学校5年部「チャアム臨海学校」/旧フアヒン臨海学校

イッサラ

バンコク日本人学校の5年の担任を3回やり、
学年通信「イッサラ」を学年で輪番制でつくり、
保護者に配布していた。


そんな思い出深い「イッサラ」を
保護者の立場として読む日が来たことに
時間の流れを強く感じざるを得ない。


懐かしい思いで、
「イッサラ」を飛ばし読みする^_^;


学年にいた頃は、
鬼の首をとったかの如く、
読点、コンマ,だのにこだわっていた人もいたけど、
親になって再確認したことは、
そんなことは1mmも気にしておらず、
どうだって良いということ。
(当時もどうでも良いと思っていた。。。)


大切なのは内容。
しかも、さっと大意を読み取れること。


時候の挨拶的なものがあると
まどろっこしくなり、
けっこう飛ばして読みたくなる欲求に
拍車がかかります。


そんなことはどうでも良くて、
「イッサラ」という言葉を聞くと、
五年部の戦友たちを思い出します。


とにかく一致団結した学年だった五年部。
それは行事が多く、共に乗り越える山がたくさんあったから。
しかも主任たちが仕事を任せてくれ、
しかも責任はしっかり負うし、
学年もカバーし合うという意思であふれていた
やりがいある学年・・・


「イッサラ」からは
そんな思い出がにじみ出てくるんです(;へ:)なつかしい。。。


フアヒン臨海学校にももちろん3回行った。

実地踏査も含めれば合計6回。


でも、今はチャアム臨海学校と名称と場所が変わっている。


前日の夜、息子としおりを見ながら、
1日を一緒にシュミレーションしながら
荷物を準備した。


思い出されるのが、フアヒン臨海学校初日の
5月12日のバスの中。


その日が私の誕生日だったので、
児童たちが行きのバスの中で
サプライズの寄せ書きをプレゼントしてくれ、
さらに替え歌で誕生日を祝ってくれたこと。


子どもたちの輪の中に入り、
肩を組んで歌ったキャンプファイヤ。

夜にみんなにしてあげた怖い話。

次々と芋づる式に記憶がよみがえる。

4月下旬に新しく5年生と出会い、
何とか5月の臨海までに
クラスを作らなければと焦って頑張っていただけに、
このサプライズは相当に嬉しかったことを
今でも鮮明に思い出す。。。


明日、息子は5年生の臨海学校へ出発する。
バンコク日本人学校

楽しんできてほしい。

関連記事

おすすめの記事