2017年5月30日火曜日

快楽と満足は違うということ/映画ザ・ビーチを観て思う。

懐かしい映画「ザ・ビーチ」を見た。
レオナルド・ディカプリオ主演で、
タイが舞台となったちょっと昔有名だった映画です。



改めて見て、「快楽」と「満足」は違うんだな
という意識がはっきりとした。


映画の登場人物たちは
地上の楽園ビーチを追い求めて、
ついにたどり着き、
そこで快楽におぼれた生活をする。


でも、その快楽も長くは続かず破滅へ向かう。


これは自分たちの生活にも
当てはまるような気がしています。


快楽とは、安易に手に入る楽しいもの。


ゲーム、テレビ、ネット、ショッピング、グルメ・・・


これらの快楽を求めて生きていても
その時は楽しいんだろうけど、
本当の満足感を得ることが難しい。


快楽の追求には終わりはなく、
しかも刺激の欲求は増すものだから。


別に快楽を否定しているわけではなくて、
そればかりになってしまうと違う気がするんです。


満足感を覚えることは
自分の能力を使って、
誰か他人を笑顔にできたときなんじゃないかな、
直接は笑顔が見られなくても
何かしらの影響を与えて、感謝されたときだと
自分は思うんです。


ボクシングのミドル級金メダリスト
村田選手も情熱大陸の中で
「勝てるか勝てないかわからない相手だからこそ楽しめた」
と疑惑の判定の試合を振り返って述べていました。


自分の能力のギリギリを使って
何かに挑戦しているとき、
人は満足感を覚える。


自分も日々快楽におぼれることなく、
自分の能力ギリギリを使って、
何かしら社会や他人に喜んでもらえるような
満足感あふれる仕事をしていきたいなと思う。