2017年5月17日水曜日

誰か自分以外の人のために生きることが幸せにつながる


今日は自分のことではなく、
親の薬をもらうために病院へ。


朝から昼近くまでかかってしまって、
はじめはちょっとイライラする時間もあったけど、
途中でふと考えが変わる瞬間があった。


イライラしているのは
自分が無駄な時間を過ごしていると
感じたから。


でも、よくよく考えてみると、
薬をもらうことは親にとって必要なこと。


確かに待たされたことにはイライラしたけど、
自分が誰かの役に立つというのは
生きる中でとても大切なこと


それこそ生きる意味なんじゃないか。
そう思うと腑に落ちた。


別に自分が楽しいゲームをしたり、
テレビを見たりなんて、
どうでも良いと言えばどうでも良いこと。


そんなことより、
自分が存在していることが
誰かの役に立つことの方が
よっぽど人生の中では有意義だし、
自分も気持ちが温かくなること。


そう考えると待ち時間も無駄じゃないなと
感じることができた。


自分以外の人のために生きる。


人生の後半を迎えて、
そんな生き方がいいなって腑に落ちた瞬間でした。

おすすめの記事