2017年5月16日火曜日

フェイスブックの友達を断斜離する予定


フェイスブックの友達を断斜離

ちょっと最近考えていることが
再度フェイスブックの友達を
断斜離しようかなということ。


以前、かなり多くなったんで、
一度400人ぴったりになるまで
という目標でやったんですが、
気が付いたら、また400人越え。


フェイスブックってとっても便利で
疎遠になりそうな友達と
ギリギリでつながって交流ができたり、
お互いの近況を知り合えたりと
とても便利な面がある。


でも、その反面として、
知らなくて良い情報も目に飛び込んでくる。


なぜ、知らなくて良い情報が
目に飛び込んでくるかというと、
本来ならつながりがきれていただろう知人とも
繋がりが保ててしまうからです。


フェイスブックがないころだったら
とっくに切れていた縁が
フェイスブックのお陰でかろうじてくっついている。


フェイスブックの中では友達という
カテゴリーに分類されているけど、
かろうじてくっついている程度を
友達と呼べるのだろうか?


友達という言葉が
ちょっと軽くなりすぎている感があるって
最近おかしいなと感じているんです。


自分は友達と呼べる人が400人もいるわけがない。
知り合い程度なら400人はいるけど、
それは友達とは違います。



友達って誕生日にメッセージをし合える仲だと思うんです。


誕生日にメッセージをし合えないのは
縁が切れているんじゃないかな


別にこれはメッセージをくれない人に
怒りを覚えているのではないので
勘違いしないでほしんだけど、
現実的な常識で考えているんです。


フェイスブックにはフォローボタンがついているんで、
友達でなくても、
その人に多少でも興味があれば、
勝手にフォローすればいいわけです。


友達になって、わざわざ自動的に
アップされる近況を確認し合う必要はないんじゃないかな。


どうも自分と
フェイスブックの「友達」の概念のとらえ方が
一致していなくて気持ちがスッキリしないんです。


ということで、
5月末をめどに特に自分とつながりが
薄くて「とりあえず」でつながっている友達を
300人まで断斜離しようと思います。


別に誕生日にメッセージをし合えなくても、
ある程度記事にリアクションをしてくれたり、
コメントをしてくれたりしてくれる人は
フェイスブック上では友達と呼べる気がしています。


判断が難しいですね。


でも、確実に言えることは、
フェイスブックの記事にも反応がなく、
誕生日も反応が無い人は、
さすがに断斜離して良いかなってこと。


これは自分の価値観であり、
相手を悪く思っているわけではありません。


フェイスブック断斜離の対象になった方を
私の中で人間として価値が低いと判断したわけではないのを
知っておいてほしいなって思います。

興味がある方は友達申請ではなく、
フェイスブックにはフォローボタンがあるので、
ぜひフォローしていただけたらと思います!


このブログの関連記事
1日1つ物を捨てれば、ストレスが軽減するはず


おすすめの記事