2017年6月29日木曜日

緩い時間が流れるタイの時計屋さん

タイの時計屋さん

バンコクの街角にある時計屋さん。

親の時計のバンドが壊れたから
取り換えを頼む。

11時半に店でお願いをすると、
「すぐできるよ。」
というから12時に受けとりに来ると伝える。


で、12時に行くと、
「ちょっと待って!すぐできるから!」
と照れ笑いをしながら
今まさにやり始める。


こんなやりとりがタイっぽいんですよね。

時間の概念が緩い。

そんなことでイライラしていたら
タイでは心穏やかに暮らしてはいけないんですよね。

マイペンライ。

そんな言葉を血肉化するほど
理解していないと
いつもイライラしてしまいそうです。


店の前でゆったり待っていると
会心の笑みで250Bだと。


その笑みに待たされた自分も
そんな悪い気もせず、
250Bを笑顔で払う。


笑顔にやられることが多いタイ生活です。


------------------------------------------------
昨日の記事⇒超お勧め映画「ハドソン川の奇跡」

名言ブログ⇒良い後悔と悪い後悔の仕方を西郷隆盛さんから学ぶ

子育てブログ⇒夫婦関係が悪化しないために

おすすめの記事